虹色の意味と配色の順番と覚え方!実はない色や世界の虹の色の数は?

虹が出ると綺麗だなぁと誰も見入ってしまいますね。

そんな虹は日本では7色と言われていますが、

実際に見るとどう見ても7色に見えません。

7色といってもスラスラ7つの色をいえないのではないでしょうか?

間違えて覚えている方も多いのではと思います。

また、実は世界の国での虹の色の認識は違うのです。

虹に実は含まれていない色や世界各国では何色といわれているのか、

忘れない、間違えにくい虹の色の配色・順番の覚え方や意味など

そんな虹についてのあれこれについて調べてみました。



スポンサードリンク
 

虹の色の順番と実はない色と間違えない覚え方!

まず、日本で認識されている虹の色と順番から見てみましょう。

虹色 意味 配色 順番 覚え方 虹にない色 世界の虹 色の数

■虹の色の順番

虹の色は外側から

・赤(あか)/ red

・橙(だいだい)/orange

黄(き)/yellow

・緑(みどり)/green

・青(あか)/blue

・藍(あい)/indigo

・紫(むらさき)/violet

です。

いつ、どこで見ても

必ず外側は赤で、

下側が紫色に見えます。

 

なぜこのような順番で見えるのかと簡単にいうと

光の波長が関係しているからです。

 

赤は波長が長く

紫は波長が一番短い色なのです。

そして並べてみるとわかるように水色は、

実は虹にはない色なのですね。

 

■虹の色の順番の覚え方

そのため、虹の色の覚え方としては

赤色から紫色まで

7色のグラデーション

覚えてもいいのですが、途中の色の順番や微妙に

わからなくなる場合もあります。

多くあるのが、

青色水色藍色青色に絵に描くことですね。

実際あんまり藍色はどちらかというと使わない色なので

水色になってしまうのですね。

でもやはり本当の順番もしっかり覚えていきたいところです。

では、どうやって覚えるのがいいかというとおすすめはリズムと

一緒に色を覚えることです。

せきとうおうりょくせいらん

■ 赤(せき)
■   橙(とう)
■   黄(おう)
■   緑(りょく)
■   青(せい)
■   藍(らん)
■   紫(し)

虹色 意味 配色 順番 覚え方 虹にない色 世界の虹 色の数
 

と一定のリズムをつけて覚えるのですが、こちらでも

ポイントになるのは藍色です。

藍を「らん」という読みだというのはあまりなじみがないですね。

ここを意識すると藍色をわすれることはないですね。

 

実際に虹にない色は?何故7色になったのか?

では、実際に虹は7色なのでしょうか。

赤と紫は分かるけど

途中の色はグラデーションになっていて、

実際に見ると判別しにくい場合が多くあります。

 

では、なぜ現在は虹の色は7色と言われているのかというと、

物理の法則で知られる

アイザック・ニュートンが関係していると言われています。

ニュートンは虹が5色と考えていました。

その色は



です。

さらにこの色と色の間にもさまざまな色があると考えていたようです。

では、なぜ5色から7色にしたのかというと、

 

「7」という数字が神聖なものだったからです。

 

そのため7色になるように実際に見えにくい色を

加えたのです。

そして加えた色が、

柑橘系を表す橙色

植物染料を表す藍色

だったのです。

この7色が日本に伝わり、

学校教育で広まったようです。

このように虹は、

7色と言われていますが、

はっきり7色に見えることはほとんどなく、

大抵は橙色と藍色を除いた

5色に見えるようです。

虹色 意味 配色 順番 覚え方 虹にない色 世界の虹 色の数
 

 

 

世界の虹の色!虹は国によって色の数が違う?



スポンサードリンク

■日本も昔は7色ではなかった?

今までのことからみてもわかるように

虹の色は万国共通かというとそうではありません

日本でも学校教育で7色と

広まるまでは5色と言われていました。

古くには、8色、6色といったこともいわれていたようです。

沖縄では赤色青色(or黒色)

2色とまで言われていたようです。

2色というのは

明暗といったことによるとらえられかたですね。

 

■世界の虹の色の数はさまざま

そして色の数は国によって違います。

韓国

オランダ

日本と同じ7色で、

 

アメリカ

イギリスは

6色、

フランスは5色、

ロシアは4色、

モンゴルは3色のようです。

ドイツは物理の教科書でスペクトル分類と合わせて

オレンジ(橙)紫 の 6色

といったり、ニュートンの説のように

藍色を入れての7色したり今でも

国によってさまざまなのです。

いつどこで見ても光の波長の見え方は同じなのに、

国によって違うというのも面白いですね。

 

 

虹色の意味は?

そんな虹色の意味は、

夢、希望、幸運」です。

虹が嫌いな人というのはそうそういませんね。

それは虹が、

さまざまな感情を表す色を有しており

全ての感情を刺激することで

「無限の可能性」をイメージさせるからのようです。

物理的な意味としては、

光のスペクトルなのですが、

確かに虹を見ると

明るい気持ちになります。

それはやはり色々な色が含まれているからなのかもしれません。

 

ま と め

このように虹は7色と言われていますが、

実際には7色に見えず、外国でも5色・6色と言われています。

色も何色があったか忘れることもよくありますが、

リズム感のある覚え方や7色の意味合いを知っておくと、

忘れずにいられるかもしれませんね。

スーパームーン2018年・2019年はいつ?時間や周期と願い事の叶え方!

日が暮れて夜空を見上げて「あ、今日は満月か」と気づく方もいますが、

最近は満月は満月でも大きく見える満月「スー パームーン」に注目が集まることがよくあります。

しかし、そもそも「スーパームーン」とは何なのでしょうか。

日本でスーパームーンがみられるのは、2018年~2019年ではいつか?

日付や時間や周期をお伝えします。

また、 願い事も叶えるといわれていますが、どうすればいいのでしょうか。

さらに、「エクストラ スーパームーン」「スーパーブラッドムーン」とは何なのでしょうか。

「スーパームーン」や月の見え方等についていろいろ調べてみました。



スポンサードリンク
 

 

スーパームーンとは?周期は?

■スーパームーンとは?

スーパームーンとは、月が地球に1番近く接近する満月の時のことを言います。

月は地球の周りを楕円軌道で回っています。

 

これが潮の満干きにも関係しているわけですが、

そのため月は地球から1番離れる時と近づくときがあります。

その距離は

36万3000キロから40万5000キロの間で変動します。

そのため、月は

日によって大きさや明るさが違って見えるのです。

ちなみに1番小さく見える月のことを

「ミニマムムーン」と言います。

つまり、スーパームーンとは

地球と月の距離が短い満月の時を言うのです。

 

スーパームーン 2018年 2019年 いつ 時間 周期 願い事 叶え方

■スーパームーンの周期

そのスーパームーンの

周期は一年に一度ほどと言われています。

月が地球に近くても

満月にならなければ見ることができないからです。

ただ、この周期は本当にあいまいで

一年に一 回も見られない年もあれば、

一年に三回も見れた年もあります

月も自然のものですから、計算どおりにはなかなか見れないのかもしれませんね。

ちなみに

スーパームーンとは天文学的な言葉ではありません

なぜなら見る人の位置によって月との距離が異なるからです。

その大きさは遠い時に比べると

14%も大きく

30%も明るく見えるそうです。

満月なだけでも神秘的に見えるのに、

さらに輝いているとなると神秘性も高まることから注目を集めるのでしょう。

では、今後、見れるのはいつ頃なのでしょうか。

 

2018年から2019年にかけてはいつ何時頃みられる?




スポンサードリンク
 

 

2018年にスーパームーンがみられたのは1月2日でした。

しかし、これは残念ながら日本ではあまり見ることができなかったスーパームーンです。

そのちょうどいい時間が11時24分だったからです。

明るい時間帯にあたっていたため簡単にはみられなかったのです。

しかし、次の機会がすぐにやってきます。

それが

2018年1月31日です。

この時は

皆既日食もさらにはスーパーブラッドムーンが見れるようです。

さらにそれを過ぎると次に見られるのは

2019年2月19日

になります。

しかし、

これらは天候が良くなければ綺麗に見ることができません

晴れることを願って待つしかありませんね。

 

スーパーブラッドムーンとは?

そして、2018年1月31日の月はさらに

「スーパーブラッドムーン」といった

奇跡的な月になります。

どれだけ奇跡的なのかというと

前回、同じような月がみれたのは、

1866年のことで今から150年ほど前、江戸時代の頃だそうです。

そういった奇跡の月

スーパーブラッドムーンとは、

スーパームーンと

ブルームーン(満月)

ブラッドムーン(皆既月食の時に赤胴色になる)

の3つの現象が重なった月のことをいいます。

2018年1月31日は、

日本では12時30分から14時頃が月の出となります。

ですので

観測に適したよさそうな時間帯は、

1月31日

夜10時30分頃になるのではといわれています。

 

エクストラスーパームーンとは?見れるのはいつ?

エキストラスーパームーンといった言葉もありますが、

こちらも希少な満月です。

「スーパーブラッドムーン」ほどではありませんが、

これは20年に一度の割合で見られると言われており、

次に見れるのは

2034年です。

ただ、残念なことに、

肉眼ではスーパームーンとの差はわからないそうです。

 

 

スーパームーンの日の願い事の叶え方は?

スーパームーン 2018年 2019年 いつ 時間 周期 願い事 叶え方
さまざまなスーパームーンがありましたが、

神秘的なスーパームーンには

願いを叶える効果があると言われています。

その方法が少し変わっているのでこちらもご紹介します。

■スーパームーンへ恋愛運の願い事の仕方

まず、

恋愛運を高めるなら、

ロゼワインを用意します。

そしてグラスに注いで、月に傾けながら飲み干します

この時に 自分の恋愛がうまくいくことをイメージしながら飲んでください

ワインが飲めない方はブドウジュースでも大丈夫です。

これが恋愛運アップの方法です。

■スーパームーンへ金運の願い事の仕方

そして金運をアップさせたい場合は

空の財布を月に向けて振ります

その時にお財布にお金がいっぱい入っているのを想像しながら振ってください。

 

■スーパームーンそれ以外の願い事の仕方

そしてそれ以外のお願いをしたい場合は、

グラスにミネラルウオーターを注ぎます。

それにスーパームーンを映して、

願い事が叶うのを想像しながら飲み干してください

これでスーパームーンの力を体内に取り入れることができ

願いを叶えることが できます。

 

 

ま と め

月は昔から神秘的なパワーを秘めているといいますが、

大きさや明るさが増すスーパームーンはその力が増すようですね。

ただ、天候が良くなければせっかくの綺麗な月も幸運の力ももらえないので、

晴れるのを願って待ちましょう。

そして綺麗な満月が見れた際には、

お願い事もするというのもいいかもしれません。