七夕飾り折り紙で簡単【星の吹き流し】【着物】【笹の葉】の作り方

今回は、七夕飾りの簡単に1枚でできてしまう【星の吹き流し】と【着物】そして【笹の葉】の作り方の作り方をお伝えします。

笹の葉は笹につけなくても壁ななどに貼ってお家に飾るとぐっと七夕らしくなりますのでとても便利ですよ。


スポンサードリンク
IMG_3676
IMG_3843

【星の吹き流し】の作り方

①折り紙を山形に半分に折ります。

IMG_3688
②もう一度半分に折ります。

IMG_3689
③三角の輪になったところを開きます。

 

IMG_3690
 

IMG_3691
 

反対も同じように開きます。

IMG_3692
④線の部分に半分に折ります。

IMG_3693
⑤星の半分の形を切り出します。

 

IMG_3694
 

IMG_3695
開くと星になるようにです。

IMG_3696
 

IMG_3697
 

⑥切り出した星4つを裏表交互に貼り付けると完成です。

簡単に1枚で星の吹き流しができますよ。

IMG_3676


スポンサードリンク
 

【着物】の作り方

①着物のメインになる折り紙を用意します。

IMG_3780
②四角に半分に折ります。

IMG_3781
③おり紙の端を折り返します。

IMG_3782
③裏返してこちらもおり紙の端を折り返します。

IMG_3783
④先ほどのものを一つ開いて真ん中に端を持っていきます。

IMG_3784
IMG_3785 (1)
横から見るとこのようになってます。

IMG_3786
 

IMG_3785
⑤それを半分に折ります。

IMG_3787
⑥この部分に切り込みを入れます。

IMG_3788
⑦半分だけそれを折り返します。

IMG_3789
⑧上の部分を半分に折ります

IMG_3790
⑨このよう上の部分を広げて折ります。

IMG_3791
⑩三角に開きます。

IMG_3792
⑪角をとるように左右折り曲げます。

IMG_3793
裏返すと着物の後ろ姿になっています。

IMG_3794
⑫別の折り紙を細長く切ったものを帯のように巻き付けます。

IMG_3795 (1)
これで完成です。

男の着物の場合は帯を少し細目にするといいですね。

柄物の折り紙で作ると更に着物のようで素敵ですよ。

IMG_3796

【笹の葉】の作り方

①折り紙を山型に折ります。

 

IMG_3814
※それを半分に折ります。(大きい笹の葉を作るときはこれは省いてください。)

IMG_3815
 

IMG_3816
③3分の1のところで折り返します。

IMG_3817
IMG_3818
④このように開きます。

IMG_3819
反対側も同じようにします。

IMG_3820
⑤真ん中のところから折ります。

IMG_3821
 

 

反対部分もおります。

IMG_3823
裏返すと笹の葉の出来上がりです。

IMG_3824
①で2回折ってつくると小さい笹の葉ができますよ。

IMG_3825
 

 

ま と め

七夕飾り【星の吹き流し】と【着物】と【笹の葉】をお伝えしました。

【星の吹き流し】は、折り紙一枚で簡単にできるのにかわいいと好評です。

【着物】もこどもたちがとても喜ぶ飾りです。

【笹の葉】は七夕祭りにはなくてはならないものですが、お家の中で飾るときや笹が手に入りにくかった時などにとても便利ですので是非作ってくださいね。

 

七夕飾り折り紙でおしゃれ【貝飾り】【輪飾り】【菱飾り】の作り方

七夕飾りを折り紙つくる【貝飾り】【輪飾り】【菱飾り】の作り方をお伝えします。

今回は、この定番の七夕飾りをちょっと工夫して一味違ったしかも簡単なおしゃれな七夕飾りになってます。

アレンジは無限にありますので、たのしんでおつくりいただけますよ。

たのしくお子様と作ってくださいね。



スポンサードリンク 
 IMG_3840

【貝飾り】の作り方Ⅰ

①用意した折り紙を四角に半分に折ります。

IMG_3739 IMG_3740
②このように端を残し1.3cmぐらいの幅で切り込みを入れます。

IMG_3741
③それを広げて対角線上の角を合わせてのりづけする。

IMG_3742
④簡単に貝殻が出来上がりました。

IMG_3743
かわいい巻貝の完成です!

IMG_3744
 

 

【貝飾り】の作り方Ⅱ

①用意した折り紙を山型に半分に折ります。

IMG_3746
IMG_3747
②もう一度半分に折ります。

IMG_3748 (1)
③このように7mm幅ぐらいに切り込みを入れます。

IMG_3749
広げるとこのようになります。

IMG_3750
④一番外側の角を反対の外側の角と張り合わせる。

IMG_3751
⑤反対に向けて再度一番外側の角を反対の外側の角と張り合わせる。

IMG_3753

⑥また、反対に向けて外側の部分を貼り合わせる。

それを繰り返します。

IMG_3756

⑦一番内側まで張り合わせることができれば完成です。

IMG_3757

 

IMG_3669
切り込みの幅を変えると雰囲気も変わります。

いくつもつくってつなぎ合わせてもいいですね。

IMG_3668


スポンサードリンク 
 

【輪飾りハート】の作り方

①2枚の折り紙を用意します。

IMG_3758
②それぞれの折り紙を16等分に細長く切り取ります。
IMG_3759
③それを半分にしっかり折り目をつけます。

IMG_3760
④端の色がついている面同志を貼り付けます。

そうするとこんなかわいいハートが出来上がりま。

 

IMG_3761
⑤それにもう一色の色紙をとおして先ほどのように色の部分を貼り付けます。

IMG_3762
こんな感じにハートの輪飾りが出来上がります。

コツは、丸みをつける部分をちょっと指で丸めながら貼るといい感じにアールが付きます。

色は何色でもいいので自身で工夫してください。

あまり長くなると重みでハートが伸びでしまうので長くなりすぎないようにしてくださいね。

IMG_3763


 

 

【菱飾り】の作り方

①折り紙を今回は4枚用意しました。

IMG_3765
②そのうちの一枚を山型に半分に折ります。

IMG_3766
③それをもう一度半分に折ります。

IMG_3767
④更にもう半分に折ります。

IMG_3768
⑤その三角になった折り紙のつながっている部分をこのようにいろんな感じに切り込みをいれます。

IMG_3769
 

IMG_3770
ちょっと違った折り方をしてそこに切り込みを好きなだけ入れます。

 

IMG_3772
 

⑥広げるとこんな感じに透かしの入った折り紙になります。

IMG_3773
⑦ほかの色紙も同じように作っていきます。

IMG_3774
 

IMG_3775
 

IMG_3776
 

それをつなげて菱飾りの完成です!

 

IMG_3779
レースの模様のようできれいですよね。

IMG_3778
 

ま と め

折り紙つくる七夕飾りのシリーズをお伝えしていますが、今回は【貝飾り】【輪飾り】【菱飾り】の作り方でした。

【貝飾り】は曲線がとても優雅でうっとりします。切り目を入れる幅によってもかなり雰囲気が変わりますのでお好みのものを作ってください。

【輪飾り】も基本の輪飾りと変形したかわいいハートの輪飾りをお伝えしました。いつもの輪飾りの中にちょっとハートの輪飾りを入れてみるのもいいですね。

【菱飾り】はちょっと遊び心を入れてみました。これは結構いろんなものができるのではまります。

いつもの七夕の飾りもこんな風にアレンジしながらつくるとたのしいですよ。

それでは、みなさんも自身のアレンジをしながらたのしんでつくっていってくださいね。

七夕飾り【屑籠】【財布】の簡単な作り方財力アップの必須アイテム

七夕飾りを折り紙で簡単につくるシリーズの今回は【屑籠】【財布】になります。七夕祭りに願いをこめる飾りつけの財力アップの必須アイテムですので是非作って飾ってくださいね。



スポンサードリンク 
 IMG_3842 (1)

【屑籠】の作り方

①用意した折り紙を山型に半分に折ります。

IMG_3826
IMG_3827
②もう半分におります。

IMG_3828
③更にもう半分におります。

IMG_3829
④このような感じに折り紙に切込みを入れます。

キャプチャ5
IMG_3830
それを広げます。

IMG_3832
⑤別の折り紙をぐちゃっと丸めてクズをつくります。

IMG_3833
そして先ほどの籠にいれます。

IMG_3834
⑤向かい合った角同士をのりで張り合わせます。

 

IMG_3835
 

IMG_3836
 

⑥広げながら形を整えたら屑籠の出来上がりです。

IMG_3837



スポンサードリンク 
 

【財布】の作り方

①折り紙を四角に半分に折ります。

IMG_3797
IMG_3798
②もう半分に折ります。

IMG_3799
③このように真ん中に向かって左右を折ります。

 

IMG_3800
 

 

④左右三角に開きます。

IMG_3802
 

IMG_3803
 

⑤裏を向けてこのように折ります。

IMG_3804
 

⑥先を三角に折ります。

IMG_3805
⑦裏返して反対も折ります。

IMG_3806
⑧このように2回折り返します。

IMG_3807
 

IMG_3808
⑨反対も同じように2回折り返します。

IMG_3809
財布の出来上がりです。

IMG_3810
 

IMG_3811
 

ま と め

今回は、七夕飾り【屑籠】と【財布】の作り方でした。ちょっと飾りつけ的には華やかではないのですが、意味的には作っておいて飾りたい必須のアイテムです。

金色の折り紙があればそれで作るのもいいですね。

【財布】は、七夕祭りだけでなくなにかとこどもたちも遊びにつかいやすいので作り方は一度覚えておいたらいろいろ使えますよ。

七夕飾り折り紙で子供も簡単【投網】【提灯】【吹き流し】の作り方

七夕祭りの飾りの定番【投網】【提灯】【吹き流し】のおこさまでも自分で簡単につくれる作り方を紹介します。

たのしくお子様と作ってくださいね。



スポンサードリンク
IMG_3717
 

【吹き流し】の作り方

①お好きな色で3枚の折り紙を用意してください。

IMG_3698
②上を2.5cmくらいのところをおいて8mm感覚でカッターかはさみで切っておく。

IMG_3699
 

キャプチャ
③一番下の部分になる折り紙を上の部分をのりづけして輪にする。

IMG_3700
②真ん中の部分の折り紙を先程のものの上にかぶせてをのりづけする。

この時上の部分を7mmくらずらしておく下の折り紙の色も見えてきれいです。

IMG_3701
 

③最後に一番上の部分に見える折り紙を先程できたものの上にかぶせるようにのりづけする。

と完成です。

もちろんもっと重ねてもいいのですが、これ以上重ねてもごちゃごちゃしすぎるので

3枚くらいがボリュームもでてちょうどいいかと思います。

 

IMG_3702
上にする折り紙によってイメージが変わるのでお好きな配色を考えてくださいね。

 

【投網】の作り方

①折り紙を山型に半分に折る。

IMG_3661
②更に折り紙を半分に折る。

IMG_3662
③もう一回折り紙を半分に折る。

IMG_3665
④一番重なっている部分を上にしてこのように4mm間隔くらいで交互に切込みを入れる

それぞれ端は5mmくらい残して切る。

すぐに切り落としてしまうので慎重に切り目をいれましょう。

キャプチャ2
IMG_3664
⑤ゆっくりと開いていけば投網の完成です。

IMG_3667
IMG_3679 たのしくお子様と作ってくださいね。



スポンサードリンク
 

【提灯】の作り方

①赤の折り紙を用意します。

IMG_3703
②両端1.5cmくらいのところで折り紙を折って印をつける。

IMG_3704
③半分におって1.5cmをのこして1.3cm位の幅で切込みをいれる。

キャプチャ3
IMG_3705
⑤別の折り紙(黒)を用意する。

IMG_3708
⑥端を2cm位落とす。切った折り紙もおいておく。

キャプチャ4
 

IMG_3709
⑦切り落とした折り紙の端を7mmづつくらい折る

IMG_3710
⑧筒状にのりづける

IMG_3711
⑨先程できた筒の周りに赤の折り紙を巻いてのりづける。

IMG_3712
⑩できたものに先程⑥で切り落としたものを張り付ける。

端の重ならない5mm部分を内側に折ってはると更にしっかりする。

IMG_3714
提灯の完成です!

今回は赤と黒でつくってみましたが、また違った色で作ってみてもおもしろいですね。

 

ま と め

今回は、七夕飾りの【投網】【提灯】【吹き流し】の作り方をお伝えしました。

【吹き流し】は色を3色つかうことで豪華にもなりますし、しっかりします。

【提灯】は、芯の部分にしっかりと貼り付けることで完成度がぐっとあがります。

どれも簡単でこどもさんでもこれを見ながらでもつくることができるようにしてますので一度挑戦してください。

七夕飾りの種類と意味と作り方まとめ!折り紙で簡単おしゃれに!

七夕祭りの笹飾り作るのもたのしみのひとつです。

さまざまな種類がありますね。

ひとつひとつの七夕飾りの意味をお伝えしながら簡単におしゃれな七夕飾りの作り方を紹介します。

たのしくお子様と作ってくださいね。



スポンサードリンク
 

七夕飾りの種類と意味と作り方紹介

■織姫さま彦星さまを飾る意味

七夕の主役といえば織姫さまと彦星さま。

織姫さまと彦星さまを飾るのはお二人のようにいつまでも仲良くいられるようにと永遠の愛を願う意味が込められています。

 

IMG_3632
織姫さま】と【彦星さま】と【天の川】の作り方

 

■吹き流しを飾る意味

吹き流しは、織姫さまが織る糸を表しています。
織姫さまのように、機織りが上手になりますようにという願いが込められてます。

そのほか悪いものがつかないようにと魔除けの意味があります。

IMG_3702
※吹き流しの作り方は下にリンクがあります

IMG_3676
※星の吹き流しの作り方は一番下にリンクがあります

 

■網飾り(投網) を飾る意味

投網(とあみ)とは、魚を捕るための網です。
豊漁になりますようにとのことで大漁や豊作の願いが込められています。
また、食べ物に困らない様にという意味や、網で幸せを絡み取るという意味も込められています。

IMG_3679
※投網の作り方は下にリンクがあります

■提灯(ちょうちん) を飾る意味

提灯は、その灯りで心を明るく照らして下さいという意味が込められています。

IMG_3714
※提灯の作り方は



吹き流し】・【投網】・【提灯】の作り方

 

 

■くす玉を飾る意味

くす玉は、魔除けの意味が込められています。
中国では、くす玉の中に薬草を入れて飾ったみたいですよ。

 IMG_3635

簡単で豪華な【くす玉】の作り方

 

 

■屑篭(くずかご) を飾る意味

七夕飾りを作った時に出たときの不要な紙くずを、網の形をした屑篭に入れて飾ります。
ものを粗末にしないように、そして整理整頓が上手にできるようにという願いが込められています。

IMG_3837
※屑籠の作り方は下にリンクがあります


■巾着・財布を飾る意味

巾着は、お財布として使われていました。
そのことからお金が貯まります様にと金運上昇や、商売繁盛の願いが込められています。

IMG_3811
※財布の作り方は



屑籠】・【財布】の作り方




スポンサードリンク

■折り鶴を飾る意味

折り紙で作る、おなじみの折り鶴です。これも七夕飾りのひとつです。
家族がみんな長生きしますようにと、長寿の願いが込められています。
家で一番年上の人の歳の数分折って飾ったりするそうですよ。

 

■貝飾りを飾る意味

海の恵みが十分に得られます様にという願いが込められています。

 

IMG_3744
※貝飾りⅠの作り方は下にリンクがあります

 

IMG_3670
 

 

IMG_3757
※貝飾りⅠの作り方は下にリンクがあります

 

■輪飾りを飾る意味

 輪が連なっていることから、みんなの夢が繋がります様にという願いが込められています。

IMG_3763
※輪飾りⅠの作り方は下にリンクがあります

■菱飾り(ひしかざり) を飾る意味

菱飾りは、星が連なっている天の川を表しています。
投網を天の川と表現している場合もあるようですが、正しくは菱飾りのようですね。

 

IMG_3779
※菱飾りの作り方は


【貝飾り】・【輪飾り】・【菱飾り】の作り方

 

■星飾りを飾る意味

星飾りは、願い事が星に届き、お星様が願いを叶えてくれます様にという意味が込められています。

IMG_3594
いろいろな【お星さま】の作り方

 

 

 

 

 

■着物(紙衣かみこ)を飾る意味

着物は、昔は自身が着る着物を家で塗っていました。

女の子の裁縫の腕が上がりますようにといった意味が込められています。

 

IMG_3796
※着物の作り方は下にリンクがあります

 

■笹の葉を飾る意味

笹の葉には、邪気を追い払う力があるとされています。
邪気や災いを寄せ付けないようにという意味が込められています。

IMG_3825
 

※笹の作り方は


【星の吹き流し】【着物】【笹の葉】の作り方

 

ま と め

七夕の飾りにもひとつひとつ意味があったことがわかりました。

それぞれの願いをお話ししながらお子さまと七夕飾りをつくっていくといいですね。

七夕飾りをなぜ笹に飾るのかというの定説はないのですが、笹には冬場でも青々としている事から生命力が高くむかしから大切ににされてきたからではないでしょうか。
また虫などをよける効果もあり、当時の稲作のときには笹をつかて虫除けをしていたことがあったこと。

そして、天に向かってまっすぐ伸びる笹が、願い事を空の織姫さま、彦星さまに届けてくれると考えられていたようですね。

七夕飾り【織姫・彦星】の作り方!【天の川】を折り紙で伝説完成!

七夕祭りといえば織姫さまと彦星さまが主役ですね。

織姫さまと彦星さまを笹飾りにもそしてお部屋にも飾って七夕祭りのロマンチックな物語に思いをはせてみたいですね。

そんな天の川の伝説の織姫さまと彦星さまそして天の川のを折り紙で作って七夕伝説の世界を完成させてみましょう。



スポンサードリンク

IMG_3632

【織姫さまと彦星さま】の作り方Ⅰ

 

■織姫さまⅠ

①山型に三角に折ります

IMG_3602
 

②このように4分の1くらいの位置で折り返します

IMG_3603
 

IMG_3604
③反対に向けて3分の1に折りかえします

IMG_3606④残った部分も重ねております

IMG_3607
⑤少しめくって折ります

IMG_3608
⑥裏返して、上の三角を折ります

IMG_3609
 

IMG_3610

■彦星さまⅠ

①山型に三角に折ります

IMG_3595
②少しだけ三角に折り返します

IMG_3596
 

IMG_3597
③裏に返してから半分づつ折ります

 

IMG_3599
IMG_3600
逆を向ければ完成です

IMG_3601
織姫さま、彦星さまにかわいいお顔を書いてくださいね!

IMG_3612
 

【織姫さまと彦星さま】の作り方Ⅱ

①山型に三角に折ります

IMG_3602
②半分の線のところに頂点がくるように折ります

IMG_3659
③そのまま半分の線のところで折ります

IMG_3615
④反対に向けて上の部分をこのよう折ります

IMG_3618 (1)
⑤このように折って広げます

IMG_3620
⑥反対側も同じように開く

IMG_3621
⑦角を左右折ります

IMG_3622
IMG_3623
⑧反対に向けて手になる部分を折ります

IMG_3624
 

IMG_3625
お顔を書いて出来上がりです!

IMG_3626
 




スポンサードリンク
 

【天の川】の作り方

①四角に半分に折ります

IMG_3627
 

②さらに半分に折ります

IMG_3628
 

③3mm~4mmくらいの間隔ではさみを入れる

端は3mmくらい残しておく

キャプチャ
④その間にはさみを入れる

この時も端は3mmくらい残して切ってしまわないように気を付ける

※もし不安な場合は先に鉛筆で線をいれておいてもいい

キャプチャ
IMG_3657
 

開くと天の川の出来上がりです。

細く切っているので開くときに切れやすいので慎重に開いてくださいね。

IMG_3658
 

IMG_3629
 

IMG_3632

七夕飾り折り紙で簡単豪華な【くす玉】の作り方!注目度も抜群!

七夕飾り折り紙で簡単おしゃれな【星】の作り方!いろいろ飾ろう!

七夕飾り折り紙で子供も簡単【投網】【提灯】【吹き流し】の作り方


 

 

ま と め

七夕伝説の主人公織姫さまと彦星さまと天の川を折り紙でつくって天の川伝説にしてみました。

どちらの織姫さまと彦星さまがお好みでしょうか?

どちらもとっても簡単ですので、作ってみてください。

これをつくりながらおこさまに七夕伝説のお話をしてあげてくださいね。

七夕にこどもとたのしむ織姫彦星伝説、笹竹に短冊をかざる意味は?

七夕飾りはいつからいつまで飾るべき?笹や短冊の捨て方・処分方法

 

七夕飾り折り紙で簡単おしゃれな【星】の作り方!いろいろ飾ろう!

七夕の笹飾りといえば、短冊とお星さまですね。

折り紙でつくる星といってもいろいろな作り方あるの知っていましたか?

それに同じ作り方の星でも配色やつなげ方によっていろんなバリエーションもつくれます。

そんなお星さまの簡単おしゃれな作り方をお伝えします。




スポンサードリンク
 IMG_3594
IMG_3674 (1)

七夕飾り【星】の作り方

■基本の【星】の作り方

①折り紙を半分の山型に折る

IMG_3517
②それを半分に折り真ん中を確認する

IMG_35182
③そこから5分の1の部分が残るように折る

IMG_35192
④折った部分をさらに半分に折る

IMG_3520
⑤そのまま巻き込むように折る

※この時、最後に折り紙が余ったりして合わなかった場合は③からやり直して微調整してください。

IMG_3521
⑤これを線のように斜めにはさみで切りおとす

IMG_35223
開けるとお星さまの完成です!

IMG_3523
この星は何でも使えるので覚えておいてください。

色の違う星を何個も作ってつなげると素敵な七夕飾りになりますね。

■切らずににつくる【星】の作り方Ⅰ

①折り紙を横に半分に折り、さらに半分に折る

IMG_3570
IMG_3571
②片方をひろげる

IMG_3572
 

IMG_3573
③半分に折りかえす

IMG_36362
 

IMG_3575
④逆の方を広げる

IMG_3576
IMG_3577
IMG_3581
裏返すとこんな感じになっています

IMG_3580
⑤上にめくる

IMG_36412
 

IMG_3582
⑥このように折る

IMG_36452
IMG_36462
 

IMG_3584
反対側も同じように折りかえす

IMG_36482
IMG_35862
IMG_3588
裏返して完成です!

IMG_3589
 




スポンサードリンク
 

■切らずににつくる【星】の作り方Ⅱ

①折り紙を線のように半分におって折り目をつける

IMG_36501
②その線に向かって三角におりさらにそれを半分に折る

IMG_3527
IMG_3528
③両端を三角に折る

IMG_3529
④線の部分を折る

IMG_35292
IMG_3530
⑤三角の頂点を下の辺に合わせて半分にそれを更に折り返す

IMG_36512
IMG_3534
左右も同じように折っていく

IMG_36522
IMG_3536
 

IMG_36532
 

IMG_3539
⑥重なる部分を交互に入れ込んでいく

IMG_3541
 

IMG_3655
 

 

裏返すと完成です!

IMG_3654

■【星】の尾の作り方

①山形に半分に折ります

IMG_3590
②少しずらして折る

IMG_3591
③さらにずらして折ります

IMG_3592
 

IMG_35922
 

④最後は逆の方に折り返します

IMG_3593
 

先ほどのⅠ・Ⅱの【星】につけてるとこんな感じに流れ星の出来上がりです

IMG_3594
 

七夕飾り折り紙で簡単豪華な【くす玉】の作り方!注目度も抜群!

IMG_3635

七夕飾り【織姫・彦星】の作り方!【天の川】を折り紙で伝説完成!

IMG_3632
七夕飾り折り紙で子供も簡単【投網】【提灯】【吹き流し】の作り方

IMG_3717

七夕飾り折り紙で簡単【星の吹き流し】【着物】【笹の葉】の作り方

 

IMG_3796
 

IMG_3676
 

七夕飾り折り紙でおしゃれ【貝飾り】【輪飾り】【菱飾り】の作り

 

IMG_3841
 

七夕飾り【屑籠】【財布】の簡単な作り方財力アップの必須アイテム

 

IMG_3842 (1)
 

ま と め

折り紙でお星さまをつくられたことはみなさん多いと思います。

【星】の作り方はいろいろあるので今までつくったことのない作り方のお星さまに是非挑戦して一味ちがった七夕のお飾りを作ってみてくださいね。

 

七夕にこどもとたのしむ織姫彦星伝説、笹竹に短冊をかざる意味は?

七夕飾りはいつからいつまで飾るべき?笹や短冊の捨て方・処分方法

 

IMG_3675
IMG_3674 (1)

七夕飾り折り紙で簡単豪華な【くす玉】の作り方!注目度も抜群!

初夏の日本伝統のイベント七夕祭りは、毎年7月7日に行われます。
笹につける飾りを作るのも楽しみの人ひとつですね。
折り紙でつくることが多いかと思いますが、日本の折り紙の文化はとてもすばらしいものです。
真四角な紙からいろいろなものが作れてしまいます。
海外からも注目されています。

今回は、そんな折り紙を使って簡単なのに豪華な【くす玉】の作り方をお伝えします。



スポンサードリンク
 IMG_3635 (1)
 

七夕飾り【くす玉】の作り方

この【くす玉】は、折り紙の枚数は使いますが、思っていた以上に早くて簡単そして出来上がり豪華ですので注目度が抜群!

是非つくってみてくださいね。

①折り紙をこのように対角線でおります。

IMG_34992
 

IMG_3501
②さらにもう半分に折ります。

IMG_3503
③赤の線の部分をはさみで切り目を入れます。

IMG_35032
※中心から3分の1くらいのところでくるとバランスがいいです。

※広げるとこんな感じになっています。

④ひとつ開けた部分の赤い線のところをはさみで切ります。

IMG_35132
※そのとき先程切り目を入れたところとぶつかるまで切ってください。

IMG_35132
広げるとこんな感じになっています。

IMG_3507
⑤このように筒になるように糊付けします。

IMG_3508
※4つとも糊付けが終わるとこのようになります。

IMG_3509
これで一つのパーツのできあがりです。

とっても簡単でしょ♪


スポンサードリンク
 

⑥これを18個作ります。

※このときどんな色の折り紙を使うかで印象が変わってきますので出来上がりをイメージしながら折り紙を選んでくださいね。

⑦真ん中部分を糸でまとめます。

※こんなふうに間に挟むように交互に重ねてください。

IMG_3514
完成はこのようになります。

IMG_3635
すごく華やかなくす玉ができあがりました。

いろの組み合わせは無限大ですのでお好みで楽しんでくださいね。


ま と め

いかがでしたか、いつもとはちょっと違った七夕の豪華な飾りができたのではないでしょうか。
日本では全国的に七夕に短冊に願い事を書いたり、葉竹にさまざまなものを飾ること行われていますね。そんな短冊などを笹に飾る風習は、江戸時代から始まったもののようです。
このくす玉はとっても華やかですので笹に飾ってもらった時もすごく目立つのでこどもたちも大喜びしますよ。
色の組み合わせでまったくちがった雰囲気にもなるのでいくつも作ってみてもいいですよ。
日本の伝統の風習の七夕をめいっぱいたのしみたいですね。

七夕飾り折り紙で簡単おしゃれな【星】の作り方!いろいろ飾ろう!

七夕飾り【織姫・彦星】の作り方!【天の川】を折り紙で伝説完成!

七夕飾り折り紙で子供も簡単【投網】【提灯】【吹き流し】の作り方

 

七夕にこどもとたのしむ織姫彦星伝説、笹竹に短冊をかざる意味は?

七夕飾りはいつからいつまで飾るべき?笹や短冊の捨て方・処分方法