歌舞伎役者女性が禁止理由?女の子は舞台に出れるのかと歴史を簡単に

歌舞伎と言えば男性の世界だと思っている方は多いですよね。

当たり前に思っていたのですが、外国人の方などにすれば、なんで女性が歌舞伎にでていないのか不思議に思うこともおおいようですね。

では、何故女性が歌舞伎役者になれないのか?

女性禁止といった理由があるのか?

そして、女性であっても子供のであれば歌舞伎の舞台にたつこともあるようですがいつまで舞台にたてるのかなどなど歌舞伎の歴史を簡単にお伝えするとともに疑問について考えていきます。

 


スポンサードリンク
 

歌舞伎の歴史を簡単に!

■歌舞伎の始まりは女性の踊り

歌舞伎の歴史は、出雲の阿国の「かぶき踊り」からはじまったといわれています。

この出雲の阿国」は女性です。

阿国が活躍するのは戦国時代、

1603年「当代記(とうだいき)」という史料に

「この頃、かぶき踊りというものが踊られた。出雲の巫女(みこ)を名乗るという女性が、京に上り変わった風体男の扮装をして踊った

という意味の記述が残っています。

史料にある「変わった風体の男」とは、

当時流行していた、奇抜な服装をし、世間の秩序に反して行動する「かぶき者」とよばれた人々です。

「かぶき」は「傾く(かぶく)」という動詞から派生した言葉です。

阿国の踊りは、

かぶき者の扮装をまねた男姿で、茶屋で遊ぶ様子などを演じたため

「かぶき踊り」とよばれました。

この「かぶき踊りは」大人気を得ていきます。

歌舞伎の歴史は、女性の踊りからはじまったのですね。

 

■出雲の阿国

この「国」という女性が「出雲の阿国」だといわれています。

阿国は、現在の島根県である出雲の国の出身です。

1572年に誕生したといわれています。

出雲の国の出雲大社の巫女として幼いころから全国各地を興行しながらお金を稼ぎ、出雲大社の修繕費用や出雲の国の為の出稼ぎといったようなことをしていました。

そういった女性は阿国の他にももちろんいるのですが、阿国の踊りの才能や興業の才覚は別格でした。

1582年阿国が10歳のときには奈良の春日大社で披露した「ややこ踊り」が話題となります。

その後、京都の北野天満宮境内での興行で人気をはくし当時の皇室の女性に庇護されたり、公家や秀吉などにも披露したりするようにまでなります。

その「ややこ踊り」をしていた阿国が成長するにしたがって興行の成功を模索するうちに「かぶき踊り」といった形態にかわっていったと思われます。

 

■女歌舞伎は若衆歌舞伎~野郎歌舞伎

このように阿国創始者といわれる「かぶいた男」を表現する男装の踊り「女歌舞伎」はかなり人気になったため他の遊女や女の芸人の一座も次々にマネた興行を行います。

そして、京都だけでなく他の地方や江戸などにも広がっていきました。

遊女など興行を行うといったことからもわかるように「女歌舞伎」はたんなる興行といったものではなく、遊女の商売にもつながるようなシステムをとることもしていたようです。

そういったこともあり風俗を乱すといった理由で1629年頃から「女歌舞伎」禁止令がでました。

その後、「女歌舞伎」に代わって人気になったのが

前髪のある成人前の少年が演じる「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」です。

しかし、こちらも風俗的要素があり、風俗を乱すといった同じ理由で

1652年頃から禁令が出されるようになりました。

その後、前髪をそり落とした野郎頭(やろうあたま)の成人男性が演じる

「野郎歌舞伎(やろうかぶき)」に変わっていきます。

 

■野郎歌舞伎が発展

そういった幕府による禁止令などの流れがあり、成人男性が演じる「野郎歌舞伎」が中心になっていくわけですが、そのなかでそれまで容色が重要視されていた舞台がより技術的、ストーリー性をもつものに変化していきます。

それまで「若衆歌舞伎(わかしゅかぶき)」の時代にも、女性役を演じる「女方(おんながた)」は存在しました。

そうした「女方」も野郎歌舞伎では、専門に演じる俳優が登場してきます。

また、はじめは歌や踊りによる短い場面で完結した「離れ狂言(はなれきょうげん)」をいくつか続けて上演するスタイルであったものも次第にストーリー性をもつ複数の場面からなる「続き狂言(つづききょうげん)」が上演されるようになります。

そうした複雑化したストーリーを的確に表現するために、登場人物を類型化して演じるようになってきます。

このようなことからできた型は

若い女性を演じる「若女方(わかおんながた)」

男性役の「立役(たちやく)」

男性の悪人の「敵役(かたきやく)」

中年から老人の女性を演じる「花車方(かしゃがた)」

滑稽な役を演じる「道化方(どうけがた)」

などがあります。

こうしてそれぞれの役柄にあった演技術が編み出され、

役の年齢や性格に基づいた「役柄(やくがら)」が確立されてきました。

 

■江戸の荒事

1688年頃以降は、野郎歌舞伎(やろうかぶき)ではない歌舞伎が江戸と上方でそれぞれで大きく発展していきます。

江戸では、「荒事(あらごと)」を得意とした初代市川團十郎(いちかわだんじゅうろう)が活躍していくことになります。
「荒事」とは、

「見得(みえ)」や「六方(ろっぽう)」などの演技や、

「隈取(くまどり)」をはじめとする扮装によって

表現される豪快で力強い芸のことです。

 


スポンサードリンク
 

歌舞伎に女性が出られない理由は?

何故、歌舞伎は女性は舞台に立つことができないのでしょうか?

歌舞伎の歴史をみてきても当初は「女歌舞伎」の禁止令があったとはいえ「禁止」されているといったことではありません。

大相撲等も土俵には女性は上がれないといったものがありますが、歌舞伎はそういった神聖な舞台であるといった理由から舞台に上がれないといったことではありません。

歌舞伎役者に女性がいない理由は

「歌舞伎の芝居には女優が合わない」

からだといえます。

歌舞伎の歴史をみてもわかるように

女性の歌舞伎からはじまった歌舞伎は江戸時代にリアルな容色から

成人男性が演じる登場人物を類型化して演じるような型によって成り立つ

ように転じてきた

「倒錯の世界」です。

発声や、衣装や、舞台演出も型があり、

女形と立役(男役)といった世界観が確立されています。

そこにリアルの女性が入ると現実に引き戻された感がでてき違和感がでてしまいますね。

また、女形がある歌舞伎では、女形の男性に比べるとどうしても骨格も小さい

女性が立つと、全体のバランスもとれないですね。

そういった理由で女性が歌舞伎の舞台にたつといったことはないのでしょう。

 

また、女性が舞台に立つということが絶対的な禁止事項でないということですから、

東京都武蔵野市吉祥寺に拠点を持つ「前進座」の歌舞伎には女優も出ることがあります。

前進座は、昭和6年に松竹の歌舞伎から分離した歌舞伎劇団になります。

そして、

子役なら女子がたくさん出ています。

音曲でも一中節が使われるときは舞台上座に並ばれます。

黒御簾と呼ばれる下手の鳴物は女性が担当されることも多いです。

そのように歌舞伎に絶対的に女性を排除しているといったことではなさそうです。

 

しかし、国立劇場の歌舞伎は文化財ですので、女優の出演は禁止になっています。

 

女の子はいつまで歌舞伎の舞台に出られるの?

このように子役や音楽なら女も舞台に立てると言われる歌舞伎の舞台です。

かつては、女優の松たか子さんも父の松本幸四郎さん共演したこともあるそうですね。

子役として歌舞伎の舞台にはいくつまで立つことができるのでしょうか。

何歳といった明確なものはないと思いますが、子役ということで10歳ぐらい

女の子といった風情であるといったことは必要なのではないでしょうか。

そして、歌舞伎の舞台の子役としては、

歌舞伎の家系の子女ではなくても一般のお子様でも舞台に出演することはできるようですよ。

 

ま と め

歌舞伎役者に女性いない理由や舞台に上がるのは禁止なのかといったことや女の子は舞台にいくつまで上がれるのかなどについて調べてみました。

歌舞伎に女性が出ない理由は、歌舞伎の歴史から成人の男性の演じ分ける型によって完成している虚構の世界観に女優があわないといった理由からでした。

逆に宝塚の舞台にいくら美男子であるからといって男性俳優がでると世界観は変わってしまうことから考えてもそういうものだなと思います。

また、女の子供も10歳くらいまでは歌舞伎の舞台にたつこともあるそうです。

歌舞伎は歴史がある、日本固有の伝統芸能の一つです。

重要無形文化財であり、ユネスコ無形文化遺産の代表一覧にも記載されています。

歴史をみることによって独特の世界が出来上がった背景もわかりさらに歌舞伎をたのしめそうですね。

 

歌舞伎を継承する勸玄くんの挑戦する宙乗りについてはコチラ


歌舞伎の宙乗りと宙返りとは?勸玄くん7月大歌舞伎で最年少披露!

歌舞伎の初お目見えと初舞台の違いはコチラ

初お目見えと初舞台の歌舞伎で意味の違いや年齢!子息のデビュー一覧

歌舞伎の宙乗りと宙返りとは?勸玄くん7月大歌舞伎で最年少披露!

宙乗りはワイヤーでつるす演出です。

歌舞伎で「トンボと切る」「トンボをかえす」とかいいますよね。

歌舞伎で宙返りのことを「とんぼ」というようなのですね。

宙返りも宙乗りもそれぞれ歌舞伎の演出のひとつです。

歌舞伎の宙返りと宙乗りとは?と

そのと堀越勸玄くんがその「宙乗り」を7月大歌舞伎で披露することになっているようですので、そのことについてお伝えします。


スポンサードリンク
 

歌舞伎の「とんぼ」宙返りとは?

■歌舞伎の宙返り

歌舞伎で宙返りする技全般のことを「トンボ」といいます。

「蜻蛉」からきていることばですが、歌舞伎では「筋斗」と書きます。

歌舞伎の舞台の立ち回りで、

宙返り

バク転

側転

等の総称ですね。

■歌舞伎の宙返りはどんなときにするのかと種類

「トンボ」は歌舞伎の立ち廻りの中で、斬られたり投げ飛ばされたりするときに用いられる型です。

そして、さまざまな種類があります。

・「返り落ち(背落ち)」

高いところから平舞台へ後転して落ちる

 

・「返りこし」

人や物を跳びこして前転する

 

・「かへりだち」

くるりと返ってポンと立つ

 

・「平馬返り」

座ったままで回転する

 

・「三徳」

くるりと返って両手と片足で体を支える

 

「トンボを返す」とは
切られ役に対して、主役が彼らを切ったり、投げ飛ばしたように動作をすることをいいます。

トンボをきるのは主役を引き立てる脇役の仕事になります。
代々名跡を継ぐ役者達は基本的に必要のない技ともいえるそうです。

ですので、歌舞伎役者全員トンボがきれるわけではないようです。

 

宙乗り(ちゅうのり)とは?

俳優が舞台や客席の上を吊られて移動する演出です。

幽霊

妖怪



など非現実的な役で行なわれます。

江戸時代には縄を使って俳優の体を吊っていましたが、現在ではワイヤーを使用するなど改良され、安全性も考慮して行なわれています。

オーソドックスな演出は、「花道(はなみち)」の付け根辺りから上昇し、3階の客席まで移動するのものになります。

 

 

堀越勸玄くんの初お目見え

勸玄くんは、2013年3月22日の生まれです。

初お目見えは2015年11月2歳8カ月の時でした。

 

こちらもかなり歌舞伎界の中でもはやい方です。

「ほりこしかんげんでございます!」

としっかりとした口調で挨拶した姿はとても愛らしく人々を魅了しました。

 

父の海老蔵さんは5歳の時に初お目見えをしています。

海老蔵さんの初お目見えのときは海老蔵さんのお父様である

十一世市川團十郎五十年祭に合わせた初お目見えだったようです。

勸玄くんの場合は、そのときは公表はされていませんでしたが、

母親である麻央さんのご病状のことも考えて麻央さんが付き添ってあげられるようできるだけはやくといったことも考慮されていたのだろうと思います。

スポンサードリンク
 

勸玄くん史上最年少の宙乗り!

勸玄くんは7月「大歌舞伎」の舞台にでることが決定しています。

 

初お目見えして以来の2度目の歌舞伎座出演です。

物語の役を演じるのは今回が初めての舞台になります。

 

勸玄くんは現在4歳です。
ちなみに歴代の方々の初舞台は

勸玄くんの祖父である、第12代市川團十郎さんは7歳

また、

曾おじいちゃんである第11代市川團十郎さんは6歳

でした。

そして、

父の海老蔵さんは7歳

で歌舞伎・外郎売という初舞台をふんでいます。

 

それにくらべて4歳での舞台にたつというのもはやいのですが、

それに加え、舞台で宙乗りも披露されます。

4歳での宙乗りは史上最年少での挑戦です。

 

7月大歌舞伎出演のオファーがあったときは母の麻央さんも存命であり、

そんなブランコにのることもままならないほど幼い勸玄くんの宙返りには

心配から最初は反対だったそうです。

しかし、勸玄くんは自らの意思でこの歌舞伎に出るといったそうです。

それは、やはり母に自分の頑張る姿をみせたかったのでしょう。

 

麻央さんに自分が歌舞伎にでる

そして難しいことに挑戦することで

その姿をみることをたのしみに元気になって欲しかったのではないでしょうか。

そうとしか思えないですね。

その喜ばせようと笑顔をみたかった母親がいない中これからそんな困難な役に

チャレンジするのは並大抵なことではないですね。

海老蔵さんの布団に入って泣いたといった文章をみても今まで太陽のような存在のママをなくしたあとどのような気持ちでこの役に挑戦していくのかと思うとたえられません。

それでもいつでも見守っていてくれる母の存在を感じて頑張り続けていくしかないのでしょうか。

 

 

七月大歌舞伎の日程等

堀越勸玄くんは東京の歌舞伎座の「七月大歌舞伎」の夜の部「駄右衛門花御所異聞(だえもんはなのごしょいぶん)」に白狐(びゃっこ)役で出演します。

海老蔵さんと親子で、歌舞伎史上最年少での宙乗りも披露するそうです。

七月大歌舞伎の日程などです。

日程 平成29年7月3日(月)~7月27日(木)

昼の部 午前11時から

夜の部 午後4時45分から

※12日(水)夜の部、19(水)昼の部は休演、8日(土)昼の部は貸切

料金(税込み)

1等席     18,000円
2等席     14,000円
3階A席      6,000円
3階B席      4,000円
1階桟敷席    20,000円

チケット購入ナビダイヤル

0570-000-489

東京03-6745-0888

大阪06-6530-0333

出典:http://www.kabuki-bito.jp/


ま と め

堀越勸玄くん7月大歌舞伎で最年少で披露するという歌舞伎の「宙乗り」と宙返り「とんぼ」とはについてお伝えしました。

4歳で舞台というだけですごいことなのに「宙乗り」という最年少での技に挑戦するのも母である麻央さんが元気な笑顔になるためにといった思いだったのだと思います。

母が亡くなってしまったあともそれをやりつづけなければいけないといった幼い勸玄くんにとってどれだけの試練になるのでしょうか想像もつきません。

しかしこの7月大歌舞伎を見に行ける方も見れない方も日本中の方が勸玄くんのことをこれからも応援することでしょうね。

初お目見えと初舞台の歌舞伎で意味の違いや年齢!子息のデビュー一覧

 

歌舞伎役者女性が禁止理由?女の子は舞台に出れるのかと歴史を簡単に

初お目見えと初舞台の歌舞伎で意味の違いや年齢!子息のデビュー一覧

歌舞伎界での初お目見えの話題で盛り上がっていますね。

歌舞伎俳優尾上菊五郎さんの孫、寺嶋真秀ちゃんが5月3日の東京・歌舞伎座の公演「団菊祭五月大歌舞伎」で初お目見えすることになったそうです。

寺嶋真秀ちゃんは女優寺島しのぶさんのお子様ですね。

旦那さんが、フランス人ですので、ハーフの歌舞伎役者ということになりますね。

そんな最近よく聞かれる歌舞伎界での「初お目見え」と「初舞台」の意味や年齢と御曹司のデビューブームを一覧にして整理してみたいと思います。


スポンサードリンク
 

歌舞伎での「初お目見え」と「初舞台」の意味と年齢は?

「お目見え」の意味は、一般的には目上の人に面会することですね。

または、特に初めて会う場合にいうことが多いことから、「デビュー」と同じような意味で使われます。

いわゆる歌舞伎の「初お目見え」も、

文字通りに初めてお客さまに顔を見せることです。

とくに台詞や踊りのない赤ちゃんの役で出るような場合や、襲名前にちょうど子役が必要な演目があったので、というような場合などです。

歌舞伎の「初お目見え」の年齢は、

2歳~4歳くらいが多いです。

そのような幼い歳の子供ですので、とりあえず舞台に上がっていれば多少の機嫌の波があってもそれは、ご愛敬で許されます

「初お目見え」本名で出演します。

 

それに対して、

「初舞台」では、子役であっても一人前の役者さんとして見られます。

ですので、
毎日きちんと舞台に立つということ

台詞や動きもしっかり、踊ることなどが求められます。

歌舞伎の「初舞台」の年齢は、

年齢は、4~7歳ぐらいが多いです。

「初舞台」では、正式に芸名を名乗ります。

 

「初お目見え」「初舞台」は、その役者さんにとって一度しかない貴重な舞台です。
その初々しいかわいらしさから「初お目見え」「初舞台」公演とも人気が、高く「お客さまを呼ぶ」たくさん呼べる興行になります。

歌舞伎界の名門の子息で、将来も歌舞伎の道で独り立ちさせようとなるとご両親は「初お目見得」「初舞台」などといって、年少の頃から、お客の前へ出すように心がけられておられます。

歌舞伎の中で、子役の活躍する舞台は本来歌舞伎俳優の子弟がつとめられます。

年少の頃から、芝居の呼吸を覚えさせるのが理想的というような伝統になっています。

といったことから、こんな幼いころから「初お目見え」「初舞台」といったことになるのですね。


スポンサードリンク
 

歌舞伎での「初お目見え」と「初舞台」をした子息達一覧

歌舞伎界では最近、「初お目見え」「初舞台」を踏んだ、未来の歌舞伎の核となる名門の子息たちが、続々と“舞台デビュー”を果たしています。

ざっとまとめてみましたよ。

■2007年6月「初お目見え」

市川染五郎さんの長男 

松本金太郎くん(2歳)

本名の藤間齋(ふじまいつき)として、祖父の松本幸四郎さんに手を引かれて、紋付袴姿で舞台に登場しましたね。
2009年6月「初舞台」

市川染五郎さんの長男

四代目 松本金太郎(4歳) 襲名

 

2012年6月 「初舞台」

市川中車(香川照之)さん長男  

政明くん(7歳) 

五代目 市川団子(いちかわ だんこ)襲名

 

■2013年4月「初お目見え」

中村勘九郎さん長男  

七緒八(なおや)くん(2歳)

 

 

■2015年11月「初お目見え」

市川海老蔵さん長男  

堀越勸玄(かんげん)くん(3歳)

 

■2016年5月

「初お目見え」尾上菊之助さん長男

寺嶋和史くん(2歳)

 

かわいい画像はコチラ


尾上菊之助長男和史初お目見えでこけちゃった!かわいい動画も!

 

2017年2月

「初舞台」中村勘九郎さん 

長男 三代目 中村勘太郎(6歳)

次男 三代目 中村長三郎(3歳)

 

2017年5月

「初お目見え」尾上菊五郎さん孫(寺島しのぶさん長男) 

寺嶋眞秀(まほろ)くん(4歳)

本名は 「寺嶋・グナシア・眞秀」みたいです。

主だったところでこのような感じですが、このように同年代にこれだけの名門の子息がおられるのですね。

なんかこれからの歌舞伎界たのしみそうですね。

ま と め

「初お目見え」と「初舞台」の歌舞伎界での意味と年齢は何歳ぐらいが多いのか?と歌舞伎の名門の子息のデビューが続いているので整理してみました。

「初お目見え」「初舞台」との違いは、何もできなくてもかまわなくてもいいといった、たとえ抱いてでも、お客さんに見てもらおう、という形のものを「初お目見得」とちゃんと本役をつとめる場合は、「初舞台」ということで、ちゃんと区別がありました。

「初お目見え」「初舞台」のチケットは完売も多く、このように歌舞伎界の名門の御曹司がどんどん舞台に出ていくことはとてもいいニュースですね。

でもこんな小さいころからあのような舞台に立つなんてほんとうにすごいなと思います。

でもこういったことが、伝統というものを体に染みつかせるといったことになるのでしょうね。

 

堀越勸玄くんが宙乗りを7月大歌舞伎で最年少披露!


歌舞伎の宙乗りと宙返りとは?勸玄くん7月大歌舞伎で最年少披露!

歌舞伎の舞台に女性が上がれない理由!


歌舞伎役者女性が禁止理由?女の子は舞台に出れるのかと歴史を簡単に