貴乃花が部長では巡業できない発言の力士は誰?白鵬をどう処分する?

白鵬対貴乃花親方の構図になっていくのか?

貴乃花親方が巡業部長では巡業できない発言した力士がいたといったことも言われ、そんなことをいう力士は前代未聞であり誰?といったことになっていましたが、どうやら横綱白鵬だったようですね。

この白鵬の処分はどうなるのでしょうか?

この横綱の引退によってこの相撲界の暴行事件の問題は終焉にもって行きたかった相撲協会の対応はどうなるのでしょうか?

 

関連記事: 貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!モンゴル力士の八百長

関連記事: 日馬富士引退だけで白鵬の責任はない?貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?

関連記事: 貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?彼女は誰かと電話はほんとう?



スポンサードリンク
 

貴乃花が部長では巡業できない発言した力士は白鵬だった!

 

11月28日に行われた「元横綱日馬富士の貴ノ岩にたいする暴行問題」をうけての八角理事長(元横綱北勝海)が開催した

『暴行についての再発防止』の講話があった際、

「貴乃花巡業部長のもとでは冬巡業に参加できない」

と発言したモンゴル人力士がいたとの報道にそんな力士が直接協会の人事に関することに意見をいうといったことに

かなりの動揺が走っていた。

その発言したモンゴル人力士は誰なのかといったことが言われていましたが、

その力士は、横綱白鵬関だったようです。

いくら大横綱であるといってもかなり行き過ぎた行動だといえます。

その場では八角理事長からは力士会などを通して要望するようにいわれていたそうです。

白鵬をどうにかかばい無傷にしようと躍起になっている相撲協会や八角理事長に

「あなたの人事は間違っているからかえないと私は相撲してあげないよ。」

といっているようなものです。

日本相撲協会は11月30日午後に両国国技館で開かれる理事会で、横綱白鵬関を注意するとのことですが、そこまでなめられたらどのように注意をするというのでしょうか。

白鵬の処分はどうなるのでしょうか?

白鵬の処分は具体的にはどういったことになるのでしょうか。

相撲協会は、白鵬関が九州場所千秋楽の優勝インタビューで

「日馬富士関と貴ノ岩関を、再びこの土俵に上げてあげたいと思います」

と発言した上に

観客に万歳を要求したことなどについては、けんせき処分を科す方針でが決まったようです。

11月30日の午後から白鵬を東京・国技館に呼び出し、事情を聴いた上で処分が正式決定するようです。

 

 

 

 

けん責(譴責)処分とは?




スポンサードリンク
 

 

けん責(譴責)処分とは、不正や過失などを厳しくとがめることですが、懲戒処分のうち最も軽いものです。

職務上の義務違反について警告し、将来を戒めるこですが、その処分を受けたことによって白鵬はどう変わるのでしょうか?

これは、「千秋楽の優勝インタビューでの越権発言」のことに対してなのか

「相撲協会人事に関してのこと」なのか

白鵬本人はどのように過失を認めるのか?

成り行きをみていかないとわかりませんね。

 

ま と め

 

貴乃花親方が部長では巡業できないと発言した力士は誰だったのか?

白鵬をどう処分するのかについて考えてみました。

日馬富士の暴行事件、そして引退を発表し、またこういった更に波紋を呼ぶ横綱の発言行動でどうも収集がつかなくなっていく様相をみせている相撲界です。

貴乃花親方も相撲を愛する人、引退した日馬富士も相撲を愛していますと引退会見でいっていました白鵬ももちろん、そうでしょう。

さまざまの立場や言い分があるとは思いますが、相撲ファンとしてはこういったいざこさはほんとうにみているのがつらいです。

できれば、白鵬関もこの処分によって自ら行動発言の影響がどのような結末を呼ぶことになってしまうのかも考えていってほしいと思います。

貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?彼女は誰かと電話はほんとう?

日馬富士が引退発表した会見についても賛否の意見が出続けています。

まだまだ終焉とならない、「貴ノ岩に対しての日馬富士の暴行事件」ですが、論点があちこちですぎていますね。

事件当日のこともまだまだ謎があります。

そもそも貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行ったのでしょうか?

貴乃花親方もそんな会としっていたら貴ノ岩が飲み会にいくことを許していなかったともいわれています。

貴ノ岩が大横綱の説教中にスマホをいじったことが引き金だといわれていますが、貴ノ岩の彼女とは誰のことなのでしょうかスマホ電話がかかってきて「彼女だ。」とふてぶてしい態度をとったというのはほんとうこことだったのかなどについても考えてみたいと思います。

関連記事: 貴乃花が部長では巡業できない発言の力士は誰?白鵬をどう処分する?

関連記事: 日馬富士引退だけで白鵬の責任はない?貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?

関連記事: 貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!モンゴル力士の八百長



スポンサードリンク
 

貴ノ岩はなぜ暴行の現場となったモンゴル飲み会に行った?

■貴ノ岩は何故モンゴル会の飲み会に?

貴ノ岩は何故モンゴル会の飲み会に参加したのでしょうか?

そもそも貴ノ岩の親方である貴乃花は、力士の勝負については真剣勝負のガチンコであるべきで

「現役のときに、違う部屋の力士が酒席などをともにするのはどうなのか。必要ない!

といった現役の力士の親睦については否定的な意見を持っているのを知っていて貴ノ岩がそれを破ってまで

何故、モンゴル人同士の飲み会に参加したのでしょうか?

しかも、

日馬富士、白鵬、鶴竜の三人の横綱が揃い踏みしているような

窮屈な場所に親方に黙ってまで自ら足を運んだのかが不思議です。

それに関しては、

あるテレビ番組の中で貴ノ岩の支援者A氏というのが取材に応じてこんなことをいっていました。

A氏いわく、貴ノ岩から聞いたとして

11月25日の鳥取市内で飲み会の参加に関しては、

『貴ノ岩の母校である鳥取城北高校の石浦校長先生が主催した会だからいった。』

と貴ノ岩は話していたのだということでした。

あくまで、母校の校長先生が主催した会なんで行かなくちゃいけない。

といった認識での飲み会の参加だったようです。

そのつもりで貴ノ岩がいったらその日の会には、

日馬富士、白鵬、鶴竜の三横綱もいたというのです。

ですので、たまたまだったのか、しくまれていたのか?

この話が真実だとすると貴ノ岩をだまして飲み会に参加させたといったもあることになってしまいます。

 

■貴ノ岩の暴行の原因は結局なんなのか?

その自分が思ってみなかった飲み会での日馬富士、白鵬、鶴竜の三横綱がいたことについて

貴ノ岩のがどう思っていたのかですが、

A氏が「その時に何か小言を言われる予感はしていたのか」と聞いた質問には、

貴乃花は「しました」と話していたと言います。

何故、何について小言を言われる予感があったのかというと

これが、「暴行の原因」では?といわれいる貴ノ岩の態度の話につながります。

断片に伝わっている話をまとめると

この9月末頃で、錦糸町のバーで貴ノ岩が若い力士らと飲んでいた時に

貴ノ岩が、

「オレは白鵬に勝った。これからはオレたちの時代だ。」

などと豪語していたといったことなどから

「貴ノ岩が生意気だ、先輩に対する礼儀がなっていない」

といったことにつながってきているようです。

ただ、これに関しても貴ノ岩は、
「そういう話し(俺たちの時代だ!)は一切していない。僕たち若手が頑張りますという話しをしただけだ。」

と言っていたとして双方の言い分が違っています。

言っていることも含まれているニュアンスが違っています。

そのことを貴ノ岩は知っていて

「あの人たち(日馬富士、白鵬、鶴竜の三横綱)が、自分(貴ノ岩のいったこと)を悪く取ったみたいだ。」

という言い方をしてたとA氏は話しています。

また、その日の二次会での貴ノ岩の隣の席は

「日馬富士関」だったそうです。

そのような中、日馬富士の暴行事件が起きたのです。

貴ノ岩曰くは、

「自分は一方的に殴られてしまった

いきなりやられてしまいました」

と訴えていたといいます

これが真実に近いといったことになると、

そもそも原因は、「スマホをさわったことがどうだとか」、「彼女からの電話に説教中にでた 」といったことではなく、

そもそも「貴ノ岩が生意気だった」、「気に入らなかった」、「先輩とたてるのが相撲道だ」

ともいわんばかりの悪しき「かわいがり」につながってくるように思えます。

 

貴ノ岩の彼女は誰?電話がきっかけはほんとうか?

引退会見でも被害者である貴ノ岩に礼儀が足りなかったことが、暴行事件の原因だと日馬富士はいっています。

どんな風に礼儀がたりず、態度が悪かったというのは、

さまざまなことが言われていますが、

その一つが白鵬の説教中に貴ノ岩のスマホに電話が入り、それに出ようとした貴ノ岩に

「誰だ。」と聞いたところ、「彼女だ。」と答えたというのですね。

これも言葉のとりかたによりますし、説教中にもしマナーモードにし忘れていた時に

音が鳴り、スマホにふれて消そうとしても不思議ではないと思うのですが、どうでしょうか?

言い分はそれぞれの立場や所属によってどうしても味方したいといったこともあって違ってくるのは当たり前だとしても

そもそも

貴ノ岩がどんなに生意気で礼儀が足りない怖いもの知らずの若造だからといったって

相撲界の大先輩である横綱が三人もいた中で、

自分に対してかなり怒っているといった状況で

スマホをいじりつづけ、しかもその態度を注意されても

「彼女からです・・・。」といって平気でしゃべれる人がいるでしょうか。

どう考えても怖いですよね。

もし、そういった貴ノ岩がどうしょうもなく礼儀知らずな態度だとしても

それが原因で、素手ではなく、何らかのものを使って

殴るといったことが「先輩の愛のムチだ。」ということでしょうか。

最初は黙っていた白鵬が、「日馬富士はビール瓶で殴ってはいない。」と発言してから、

あっという間にみんな「ビール瓶で殴ってないと・・・。」となったと

いうのも気になります。

ビール瓶かビール瓶でないにせよ。

凶器になるようなものまで使って、何十発も殴り続けです。

想像してもちょっと「?????」となるものです。

それにそもそもの事実を確かめるのに

貴ノ岩の彼女が誰かといったことも気になってきますが、

そもそも「貴ノ岩には彼女はいなかった」といったことも言われています。

これでは、そのスマホへの電話での貴ノ岩の態度が原因といったこともちょっと違うのではとなってきますね。

 

検察の事情徴収によって出てくるもの




スポンサードリンク
 

横綱日馬富士による貴ノ岩への暴行事件が明るみに出てから、2週間でついに横綱の引退にまで発展してしまったのですが、まだまだ、幕引きとはいかないですね。

現在、その場にいた関係者に行われている検察の事情徴収によって何がでてくるのでしょうか?

相撲協会に報告しないまま警察に被害届を提出し、メディア取材にバッシングされてまで無言を貫いている貴乃花親方は、どういったことがあらるみにでてくることをのぞんでいるのでしょうか。


貴乃花親方が、相撲協会に連絡せずに巡業部長として被害届を出したことについては、

自らの弟子がケガをさせられたことだけでなく、

「貴ノ岩らモンゴル力士の事件についての説明が食い違っている」ことがあるようです。

モンゴル人同士の結束はとても強いです。

会話もままならないまま、異国の地の日本でしかも相撲というような厳しい世界で稽古に明け暮れるモンゴル人力士たちにとって、同郷出身という仲間意識は相当に強いというのはわかります。

その中で、ガチ相撲を信条としている貴乃花親方のものにいる貴ノ岩は、師匠の影響もあり少し異質な存在だったのではないかと思います。

しかし、だからといって先輩である横綱の暴行を見て見ぬ振りがとおるといったことでは困ります。

検察の事情徴収はとても厳しいです。

もしモンゴル人で口裏を合わせていることがあるのであれば相撲協会の中での裁きであればとても出てこなかった事実もあぶりだされてくるかもしれません。


ま と め

今回は、日馬富士の引退でもまた、再度疑問に思えてきた、「貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?」と「貴ノ岩の彼女は誰なのか?と電話はほんとう?」といったことについて考えてみました。

日馬富士の引退で幕引きをしたい相撲協会だとは思いますが、このままでは貴ノ岩が暴力をあれほどまでにふるわれたのに、礼儀だからしかたがないといった風潮が残ってしまうのではないでしょうか。

それではまた時がたつと同じようなことになってくるのではと思います。

もちろん日馬富士がいうようにそこまで殴るというのはそれなりの理由があったからなのでしょう。

しかし、スマホをいじったとか彼女からだといったといったことが原因であるならば横綱として人としてそこまで殴るというのは、礼儀を教えるとはいえないですね。

貴ノ岩がその時、具体的にどんな態度をとったからといったことも適当な話ではなく、貴ノ岩が今後もし回復した時に相撲をもう一度とれるようにしっかりとした事実が検察の取り調べによってでてくることを願います。

日馬富士引退だけで白鵬の責任はない?貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?

貴ノ岩に対しての日馬富士の暴行事件によっての日馬富士が引退を発表するようです。

この横綱の引退によってこの相撲界の暴行事件の問題は終焉してしますのでしょうか?

日馬富士が暴行をするまでになった原因ともいわれている白鵬の責任は何もないのでしょうか?

貴ノ岩、貴乃花親方の今後も考えてみたいと思います。

関連記事: 貴乃花が部長では巡業できない発言の力士は誰?白鵬をどう処分する?

関連記事: 貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!モンゴル力士の八百長

関連記事: 貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?彼女は誰かと電話はほんとう?



スポンサードリンク
 

日馬富士引退で終焉?

大相撲の横綱の日馬富士による貴ノ岩への暴行事件で、日馬富士が引退を発表するようです。

この日馬富士の引退は自体が急展開などといっていますが、これでこの問題は終焉してしまうのでしょうか?

日馬富士については、貴ノ岩側との主張が違っていると当初からいわれていました。

でもその違いというのは、

殴ったのは、

「10回ぐらい」とする日馬富士と、

「40~50回ぐらい」とする貴ノ岩

「ビール瓶では殴っていない、リモコンである」という日馬富士と

「何か固いもので殴られた」とした貴ノ岩

といったことで、

暴行したとした事実は最初から隠しようなかったところです。

それが10回であろうが、20回であろうが、

ビ―ル瓶は手から滑ったので違ったもので殴ろうが同じことです。

殴られている側は10回以上なぐられている方は正確に回数など数えられているわけありません。

もちろん、回数も凶器も刑事事件の観点では罪の重さが変わってくるにせよ、

横綱がそういった暴行をしたといった時点で、引退は避けられないところだったのだと思います。

それよりもこの問題は、相撲界の「かわいがり」と言われるのを黙認しているのではないかといったことや

モンゴル会といったモンゴル出身の相撲取りの間で部屋とは関係のない上下関係がある組織の中で

どのような暗黙の世界があるのかといったことです。

ですので、

「横綱の日馬富士一人が責任をとって引退したからこの問題は終わりです。」

といった問題ではないのでしょうか?

ただ、マスコミや相撲協会はこれで、

「これ以上は突っ込まないようにしましょう。」

「今後暴力はやめましょうね。」

といったことになっていくのかもしれません。

 

日馬富士引退で貴乃花親方と貴ノ岩の今後は?

日馬富士が引退によって貴ノ岩や貴乃花親方は今後どうなっていくのでしょうか?

貴ノ岩は被害者です。

ですので、暴行を受けた傷により場所を休場しなくてはいけなかったのであれば、通常の休場による降格といった処分でなく、

ある程度考慮した配慮を相撲協会はすべきです。

もちろん、殴られた後遺症もあるでしょうし、恐怖心もぬぐえないのではないでしょうか?

 

しかし、親方の貴乃花が相撲協会を敵にまわした状態であるため、そういった交渉もできないでしょう。

稽古もなかなかできない状態でしょうし、

精神的にも土俵にたつといったこともこのままではできないかもしれません。

貴乃花親方自身は、今回のことでもしかしたら、相撲界でいられなくなったとしても相撲協会の隠ぺい体質をかえなければいけないと

いった決心をしているのかもしれません。

となるの部屋の他の力士もとてもかわいそうですが・・・・。

 

白鵬の責任はないのか?




スポンサードリンク
あとこの事件でどうしても気持ち悪い感じがのこるのは、横綱白鵬関です。

鶴竜はあまり表にはでてきていませんが、白鵬との両横綱が日馬富士の暴力を傍観していた図はかなり奇異です。

白鵬は貴ノ岩が失礼な態度をとったとしている当事者です。

どうしてもっと追及しないのでしょうか?

日馬富士が貴ノ岩を殴り続けてる間、白鵬は自ら手を下さず鶴竜と傍観して、ちょっとこれ以上はヤバいと思った時に少し止めていた程度であれば極めて悪質です。

しかももちろんそのことを貴乃花が警察に届けていなければ、なかったことにしようとしていた。

これでは、横綱の資格ないといえないでしょうか。

この日馬富士による暴行事件問題が、世間を連日騒がせている中、

白鵬は、大相撲九州場所で40回目の優勝を果たしています。

このことで白鵬自身が大横綱であることをさらに証明した形です。

「白鵬なしの今の相撲界は存在しないでしょ!」と存在をしめしたかったのでしょうか?

相撲協会は、

「日馬富士はいたしかたないにしても白鵬まで傷がつくようなことには絶対にしたくない」

「白鵬には非があるといったことにはできない。」

といったことなのか、

貴乃花親方の行動の批判はしても一緒に現場にいた白鵬の責任については、相撲協会は一言も触れません。

 

ま と め

「日馬富士引退で貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?」といったことや白鵬の責任について考えてみました。

相撲界の暴行事件の連日の報道は、当事者の日馬富士、貴ノ岩、貴乃花親方の声はなく、

まわりの関係者がこう思ったやこうだと聞いたといった話のみ伝わってきて真相はわからない状態です。

そのことによってさまざまな憶測が流れ続けているのです。

貴ノ岩の頭の傷の写真が出てきたといったタイミングで日馬富士が引退を発表というのは、このまま白鵬にはいかないように収束するようにしたような感じに思えてなりません。

横綱の名に恥ないといった言葉をよくいいますが、であるなら白鵬のとった対応をもう少し考えていくべきではないでしょうか。

 

貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!モンゴル力士の八百長

大相撲の横綱の日馬富士による暴行事件、被害者である貴ノ岩の師匠である貴乃花親方の目的はなになのかといったことが言われています。

今まで見てきた中での貴乃花親方の真の目的は相撲協会の理事長ではない!といったことやモンゴル力士の八百長問題についてもお伝えしていきたいと思います。

関連記事: 日馬富士引退だけで白鵬の責任はない?貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?

関連記事: 貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?彼女は誰かと電話はほんとう?

関連記事: 貴乃花が部長では巡業できない発言の力士は誰?白鵬をどう処分する?



スポンサードリンク
 

 

貴乃花親方の目的は理事長ではない!

大相撲の横綱の日馬富士による暴行事件ですが、一向に収束しないまま、連日マスコミ各所があらゆることをいっています。

相撲関係者や講演会の話などさまざまな人の話が漏れ伝わってきています。

ただ、なにが真実かどうかはまだまだ私たちのもとへストレートに届くことはないでしょう。

相撲界全体、相撲協会、モンゴルなどさまざまな関係者がどうしても

自分の立場や関わっている団体等方への利益や体裁を優先して発言することになるからです。

人間であればそればしかたがないことかもしれません。

貴乃花親方についても対応に関してかなりバッシングもあります。

ただ、今の貴乃花親方には、やり方がどうとか、立場がなんだといったことではなく、

信念が感じられます。

モンゴルでは、時間発覚当初、大相撲の横綱日馬富士関が平幕貴ノ岩関に暴行した問題について、被害者である貴ノ岩関の師匠の貴乃花親方が日本相撲協会の次期理事長選挙への思惑とがあるとかなり貴乃花親方に関しての批判記事がでていたようです。

ただ、今の状況をみてみると貴乃花親方の目的はだれがみても相撲協会の理事長になることではないですね。

もちろん、貴乃花親方が2016年に日本相撲協会理事長選に立候補したときには組織の長として現在の相撲界での悪習を変えていきたい、それもスピードをつけて解決していくには理事長になることが最善と考えていたのでしょう。

しかし、この事件によって貴ノ岩が日馬富士からうけた暴力の裏にあるものを知っている貴乃花親方の思いは、

この先、自身はどうなってもいいから相撲界にできるだけ一般の人に目を向けさせることによって直ちに伝統といった名の影に隠れた相撲界の閉鎖された世界を変えたいといったことではなかったでしょうか。

貴乃花親方のひとつひとつの行動が相撲協会が今までのようにうやむやにしないようにするといったこと一点に注力しているように思えます。

ですので、マスコミに対してもなくも語らない、服装がマフィアだといわれようとそのままにする。

世間の注目は浴びるづけるが、沈黙することによってこの問題をクローズアップさせ続けさせることをしているのではないでしょうか。

 

白鵬が40回目の優勝で誰が盛り上がるのか?




スポンサードリンク

この日馬富士による暴行事件問題が、世間を連日騒がせている中、白鵬が大相撲九州場所で40回目の優勝を果たしました。

40回といった前人未踏の大台に乗ったこと、みずからが持つ最多優勝の記録も更新といった記念的な優勝にかかわらず、のなんだかちょっとシラケた感じになっているのは否めません。

白鵬が笑顔を見せているのさえもかなり違和感を感じます。

もちろん白鵬は圧倒的な強さを持ちつづけている、偉大な大横綱だと思います。

ただ、この日馬富士による暴行問題の根本的にあるのは、その暴行の原因となったともいえる白鵬がその場にいて、

最終的には止めに入ったとはいえ、初めは見ていたといった事実でもあるのではないでしょうか。

モンゴル人の後輩力士の貴ノ岩は殴られて当然だいった認識だったのでしょうか。

「日馬富士は、ビール瓶で殴ってはいない。

ビール瓶は手から滑り落ちた。」

と言い訳にもならないことを白鵬がいっていたことが印象に残っていますが、

それでは、ビール瓶を日馬富士がしっかり握っていたら本当はビール瓶で殴りたかったんだといっているようなものです。

それを冷静に見ていた白鵬は

日馬富士関にはやく相撲を取らせてあげたいといったようなコメントを出していますが、

どうしても「ちょっと違わない???」

「自分の責任はないのか?」

となってしまいます。

 

モンゴル人力士の同士の飲み会でなにが行われていたのか?

貴乃花親方も嫌がっているのは、

モンゴル人力士同士の飲み会が行われているといったことです。

貴乃花親方は「相撲は真剣勝負の場である」

といったことを厳しく自らも貫いています。

弟子にもそれを強く望みますので、

モンゴル人力士に限らず、真剣に戦いあう力士同士が飲みにいって慣れあうといったことも必要ないというポリシーです。

ですので、通常、貴乃花部屋の力士たちもそうした飲み会などには参加しないそうです。

今回も貴ノ岩は親方にはモンゴル会であるといったことをいってなかったといいます。

こういった会があることで、日常的な星の売り買いであるいわゆる「八尾長」といったことがあるのではと勘ぐられてもしかたありません。

今回の事件のうらには、2017年の1月場所で貴ノ岩が白鵬に勝ったことが、あるのでは一部では言われています。

モンゴル会から八百長を頼まれても貴乃岩が拒否して白鵬に勝ってしまったというのです。

しかもその場所の白鵬と貴ノ岩との取組は、

初場所の14日目、13日目までに

11勝2敗だった白鵬が負けると、13勝1敗だった大関・稀勢の里の初優勝が決まる大一番でした。

結果は左肩を突き出してぶつかった貴ノ岩が右四つを取ると一気に寄り切って勝利しました。

わずか10秒の勝利でした。

そのことによって稀勢の里が優勝することになり、19年ぶりに若乃花関以来の日本人横綱の誕生となります。

白鵬は、同じモンゴル人力士に優勝を阻まれたのです。

真剣勝負の場あるので、こうしたことがあるのはモンゴル人同士であろうと当たり前のことですが、「モンゴル人力士同士の対戦では、相手の置かれた状況を多少は考えるもの」といったことが暗黙の了解でもあるようです。

当然、白鵬もそれを期待していたのかもしれません。

そうしたことからみても貴ノ岩の態度がモンゴル力士からは、よく思われていなかったのです。

なので今回のモンゴル飲み会で、貴ノ岩がスマホをいじっていたからとか態度がどういったこともいわれていますが、態度をその場でとろうと「かわいがり」の下地はあったのではないでしょうか。

そういったことを勘ぐってしまうのは、こういったこともあります。

一時テレビ報道でも出ていましたが、日馬富士から照ノ富士への高級外車BMWのプレゼントしたとか、

白鵬から若手力士への100~200万円のプレゼントや、高級時計のプレゼントなどが贈られていたことがあるそうです。

照ノ富士は本場所と優勝決定戦で日馬富士に負けています。

八百長というのかどうかは言い切れませんが、その照ノ富士に日馬富士をがそういったことをすると優勝させるため協力した、ご褒美なのと思われても仕方ありません。

忖度する従順な若手力士にはご褒美、そうでなければ「かわいがり」なのでしょうか?

相撲協会もまったくそういったやりとりが日常あったことは知らないわけではありません。

なので今回のこういった暴行も通常であれば表沙汰になってなかったかもしれません。

しかし、貴乃花親方の警察への被害届提出によって表に出てしまうことになった。

相撲で儲けているマスコミも、相撲協会も何とか横綱日馬富士を引退させたくない、傷害事件の本質的原因を隠滅したいといったことがあります。

表沙汰になった今でも大横綱白鵬といったのをせめて擁護とし、その他の都合の悪いことは隠滅したいがために被害者貴ノ岩と貴乃花親方をマスコミを使って叩いたのではとも思えてしまいす。

 

ま と め

貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!といったことと

モンゴル力士の八百長問題についてお伝えしました。

なんかテレビをみていても相撲関係者の歯切れの悪さが目につきます。

真相は、そのまま伝わることはないですね。

しかし最終的には警察の捜査からの事実関係の発表と、マスコミの報道から汲み取っていくしかないですね。

ただ、それぞれの発言とそれがゆがめられて伝えられていないかや、しっかりと背景を想像することで今の本質的な問題が見えてくるのではないでしょうか。

四股名とは?髙安関が大関昇進後も本名と違う四股名をつけない理由

高安関が大関に昇進されましたね。

高安というのは本名でよくお相撲さんがつけるような四股名がついていません。

今後も「高安」といった本名の苗字のままの四股名でいくという理由と「四股名とは?」についてお伝えします。

スポンサードリンク
 
 

相撲取りの四股名とは?

■四股名はつけなくてはいけないの?

四股名(しこな)とは、相撲における力士の名前のことですね。

もともとは「醜名」という漢字をつかっていたそうです。

この字の意味は「醜男(しこお)」の「逞しい(たくましい)」というお相撲さんの体格をあらわす意味がありました。

しかしいつしか、お相撲さんが踏む「四股(しこ)」といったこととあいまった、「四股名」という漢字が一般的になりました。

力士は番付に載る前に「前相撲」という相撲があります。
この「前相撲」の時はすべて本名です。

外国人力士の場合でもこの時点では本名で呼ばれます。

番付に名前が載る時には、それが本名であっても「四股名」になります。

本名のままの名前で番付に載せた場合、たまたま四股名と本名が同じということだけのことで、これが「四股名」ということですね。

■四股名を本名から変えるタイミング

そのように番付に載る名前が「四股名」なのですが、四股名を本名から違う名前に変えるタイミングは、新十両昇進がいちばんのきっかけとなることが多いですね。

そのタイミングを決めるのは、ほとんどは師匠になります。

■四股名のつけ方

四股名は、師匠が弟子につけるものというのが一般的です。
つけた方は、

・部屋の伝統をあらわすもの

佐渡ヶ嶽部屋なら「琴」、九重部屋なら「千代」、片男波部屋なら「玉」、春日野部屋なら「栃」などのように部屋ごとに同じ字をつけたりするつけ方です。

・本名が四股名

本名の苗字を使う場合や、下の名前をそのまま四股名として使う場合があります。
もし、本名を四股名にしようとしても、既に同じ四股名の力士がいる場合には、後から入った方が他の四股名をつけて譲ります。
また、文字が違っていても同じ音である四股名も使えません。
もちろん師匠の一存でなく、本人の意向や後援者の方やなんらかの縁のある方などと相談したり、事情により個別それぞれのつけ方があります。

また、四股名はいったんつけても変えることが可能です。

なかなか番付が上がらなかったり、怪我が多かったりして、心機一転を図るときなどに四股名を変える力士も多いです。

毎場所のように四股名を変える力士もいるようです。

■四股名を変えるには?

各場所の千秋楽から番付編成会議までの間に改名届を提出し、編成会議において承認されることによって改名できます。

 

スポンサードリンク
 
 

高安関が大関に昇進も本名で四股名をつけない理由!

高安関が大関に昇進しても四股名を本名の苗字から変えないようです。

 

その理由は、

「一段ずつ確実にあがっていきたい」

という思いがあるからのようです。

高安の高の旧字が

「髙」からです。

「髙」は「はしごだか」と言うことがあります。

その「はしご」というものにかけて

一段ずつ実力とともに着実に登っていきたい

といった思いがあるのですね。

高安関は自身の本名の名前である

「高安」に思い入れも強いようです。

高安関の父親も 「高安」という苗字にこだわりがあるようです。

「髙安」という苗字は、現在、茨城県、千葉県に多い名前ですが、大阪府八尾市の高安山の付近から発祥とする

紀貫之(きのつらゆき)紀氏の流れを汲む末裔としてなどの由緒ある苗字なようです。

そんな「高安」という名前に誇りもありこの名前を四股名として使われることを喜ばれているのだそうです。

 

ま と め

四股名とは?と髙安関が大関昇進後も本名と違う四股名をつけない理由につてお伝えしました。

高安関だけでなく、学生相撲出身力士が十両、幕内に昇進しても本名で取り続けることも最近多くなってきていようです。

今まで四股名をつけず、本名もままでいっている人は

45人います。

しかし、大関以上になった方でいえば、まだまだ珍しく、過去に3人しかいません。

髙安関をいれて4人目です。

輪島関

北尾関

出島関

です。

北尾関は、横綱になったときに双羽黒(ふたはぐろ)といった四股名をつけ改名しています。

 

高安関が大関になってもそのままでいく理由は、一段一段登っていきたいといった高安関の真面目な人柄と「髙安」の苗字への愛着が伺えました。

横綱昇進のニュースも遠くない日に聞けるかもしれませんね。