蝋梅(ロウバイ)の香りと花言葉とは?黄梅との違いや種類と開花時期

春を前に、花の姿が少なくなってくる、花壇や公園の木々は一旦静けさを持つようなこの季節・・・。

そんな冬の寒い時期に咲き出す素敵なお花があります。

「この梅の花、黄色いなぁ」と思ったら、それは蝋梅(ロウバイ)の花かもしれません。

梅に似た姿、咲き方をしているので「梅」という字がついていますが、梅の花ではありません。

蝋梅の特徴は香りで強いとてもいい香りです。

そんな魅力的なロウバイの花言葉や種類と開花時期などをお伝えしていきます。




スポンサードリンク
 
 

ロウバイ(蝋梅)について!黄色の梅なのか?

■蝋梅(ロウバイ)とは?「梅」「黄梅」との違い!

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
蝋梅は色も黄色なので黄梅とも混同される事があるかもしれません。

「黄梅」は、

キク類モクセイ科ソケイ属(ジャスミン属)です。

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
見た目がまったく違います。

また蝋梅は、「梅」いう字が用いられていますが、

バラ科サクラ属である「梅」とは違います

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
蝋梅(ロウバイ)は、

クスノキ目ロウバイ科ロウバイ属の植物です。

梅の仲間は花びらが5~6枚で、

樹高6~10mの落葉高木(らくようこうぼく)です。
それに対してロウバイは

10枚以上の花びらがあり、数は決まっていません
そして樹高3~4mの落葉低木です。
ロウバイの木は梅の木に比べ低めなのです。

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期

■蝋梅の特徴

花の色は澄んだ

黄色で、大きさは2~3㎝ほど。

香り高いのが特徴です。

そして、蝋梅の花は、

ガクと花弁の区別が付かないタイプの花なのです。

は、品種や育て方などがあるかもしれませんが、

多くが地際から分岐した株立ちになります。

また、

ロウバイの

ざらざらとしたさわり心地の、濃い緑色をした卵状の長めの形で、

8~10㎝ぐらいのものが枝に対生についています。

剪定をしっかりしないと、特に若木のうちはどんどん延びて大変なようです。

基本は、花が咲く前の

落葉期になると黄葉していき、葉を落としていきます

ただ種類によっては、開花時にまだ葉が残っていて少しずつ落葉してく場合もありますし、

開花時期にまだ落葉しない品種もあるようです。

花が咲き、枯れると今度は実が付きます。

夏に近づくにつれ自然と割れたりして、小豆大の黒い種を出すのです。

この種は実生として使うことができます。

もし実生する場合には、採取してすぐに撒くのがオススメです。

よって種まきの時期は9月頃が適しているようです。

種には毒性があるので、食用にはしないでください。

蝋梅は、寒さにも暑さにも強く害虫が付きづらいので、

育てることも比較的しやすく初心者に優しいのです。

そういったことから

盆栽や鉢植えで育ててる人も多くいるようです。

 

 

ロウバイの名前の由来




スポンサードリンク
 
ロウバイは

江戸時代(17世紀)頃に中国から日本へ渡ってきました。

中国名で「蝋梅」とし、ロウバイと音読みされました。

花びらが蝋燭細工のようで、

梅に似た花だということでその名が付けられたそうです。

また、陰暦の12月の事を蝋月(ろうげつ)といい、

この時期に梅に似た花が咲くという所から付けられたとも言われています。

中国では画題として

雪中四友(せっちゅうしゆう)という4種の花があり、

どれも早春に咲く

雪に合う花として尊ばれていました。

そのひとつが、『蝋梅』です。

ちなみにその他の3種の花は、

玉梅(梅)・

茶梅(さざんか)・

水仙

です。

どれも香りがあり日本でも人気高い花たちですね。

ロウバイは別名で「唐梅」「南京梅」ともいいます。

 

ロウバイの花言葉

枝にたいしてうつむくように、

寒い時期にそっと咲く姿に控えめさがあるロウバイの花。

この奥ゆかしさに愛され、

俳句などでも多くよまれています。

そんなロウバイの花言葉は、

「慈愛」

「先見」

「愛情」

「ゆかしさ」

「優しい心」

花言葉にもあるように

ロウバイを見ていると優しい気持ちになりそうですね。

また「先見」という花言葉は、

春の花よりも早く咲くというところからきています。

 

 

ロウバイの種類




スポンサードリンク
 
ロウバイの品種の中でももっとも多く知られているのは

基本種の「和ロウバイ」の他には

「満月蝋梅(マンゲツロウバイ)」

「素心蝋梅(ソシンロウバイ)」です。

 

■満月ロウバイ

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
つぼみがふっくらしていて、花びらも丸みがあり、

花の色味は濃く澄んだ黄色です。

花の中心部に赤褐色の縁取りがあって、

これが丸く輪になってて満月の様に見えるとして名付けられました。

特徴は、大輪の花を咲かせ、

他に比べ早咲きです。

 

■素心ロウバイ

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
一般的に「ロウバイ」というと、

花の中心部が暗紅色になっているものをいいますが、

この素心ロウバイはすべての花びらが黄色で、

満月ロウバイより透明感のある薄い黄色をしています。

花びらが少し細目なのも満月ロウバイと違いがあります。

すべてが黄色なので

「混ざりのない、純粋な」

という意味の名前がつけられています。

やや大輪の花で香りも強めです。

 

■和ロウバイ(基本種)

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
花びらは素心ロウバイよりも細長く中心が深い紅色をしていて、

和を付けずに「ロウバイ」として言われる事もあるようです。

 

蝋梅の種類はその他にも

唐ロウバイ、

福寿ロウバイ、

実生ロウバイ(みしょうろうばい)等があり、

それぞれ

花びらの形、中心部の色、香りの強さ、開花時期の違いがあります。

蝋梅は、実生生産と言いって挿し木ではなく種子を撒いて育てる方法でも育てられます。

ただこの方法は、植物の性質が不安定になってしまう面もあります。

従って種類の区別も難しいものが多くなっています。

また、家庭では実生でオリジナル品種を作るという楽しみ方もあるようですよ。

 

ロウバイの開花時期

冬の代表的な花として知られているロウバイですが、

その開花時期は12月~3月

といったように幅があります。

品種によっても開花時期は多少異なり、

早生種、晩生種とわけられます。

満月ロウバイの開花時期12月末から

素心ロウバイの開花時期12月~3月

和ロウバイだと1月~3月頃の開花になります。

見た目から、暖かくなった春に咲きそうだと感じますが、

冬から咲き始めるのです。

ですので、早咲きの梅と共に楽しまれたりもします。

 

このように蝋梅の開花時期は少しずつ種類によってずれているので、

ロウバイ園などでも時期を長く楽しめますね。

早い時期で11月中に咲出す事もあるそうです。

 

黒い蝋梅がある?

アメリカロウバイ(クロロウバイ)という蝋梅があります。

同じロウバイ科ですが、

ロウバイはロウバイ属で中国原産である一方、

クロバナロウバイは

クロバナロウバイ属で北アメリカ南東部原産

という違いがあります。

見た目もクロバナロウバイはその名のとおり、

黒っぽい花です。

開花時期も4月~6月頃という違いがあります。

蝋梅 ロウバイ 香り 花言葉 とは 黄梅 違い 種類 開花時期
 

ロウバイの香りについて




スポンサードリンク
 
 

■蝋梅の香りは奇跡の香り

蝋梅は、寒い冬に甘い香りを漂わせることから

「winter sweet」ウィンタースウィーツの名も付けられています。

石鹸のような清潔感がある香り

フルーティー、

日本水仙に似た香りとも言われ、

化粧品の香料香水アロマなどに幅広く使われています。

このロウバイの香りは、

花に含まれる精油成分各種がそれぞれちょうどよくブレンドされ

奇跡的に出来た美しい香りなのです。

 

■蝋梅の香り成分について

蝋梅にはさまざまのアロマ効果のある成分が含まれています。

・ボルネオール(龍脳)

ローズマリー、ラベンダーにも含まれるもので、墨にも使われている香料です。

貴重な成分だといわれています。

・リナロール

ラベンダーなどの精油に含まれていて、

すずらんの花の香りのする成分です。

フレーバー、化粧品に使われています。

 

・カンファー(樟脳)

防虫剤としてしられるもので、

シャープで強い薬のような香りです。

頭をすっきりさせてくれる、

心の安定、ニキビ炎症を抑えるなどの効能があります。

 

・ファルネゾール

キンゴウカンというマメ科植物の花や、

シナノキ科のリンデンという植物の精油成分です。

グリーンノートの香りを持っていて、

効能としては血液の流れを促進してくれたりするものです。

風邪予防にいいですね。

・ミネオール

ヨモギ特有の良い香りのする精油成分です。

カンファーの匂いがするとも言われます。

 

以上のような成分が蝋梅にはあり

これらがうまくブレンドされて、

あのフルーティーなロウバイの香りが出来上がっているのです。

ロウバイの香りは含まれているさまざまな成分からもわかるように

鎮静作用、

精神安定効果、

空気清浄のアロマテラピー効果などがあります。

ちなみに

中国では昔から「蝋梅油」(ろうばいゆ)と呼ばれ、薬としても使われていした。

1月中頃、開花前の蕾を採取して、

風通しの良い場所で陰干しし乾燥させ、

そこから抽出したりして使うようです。

オイルに漬け、

やけどに用いたり、

鎮痛として喉の炎症、

解熱や咳止めなど広く効果があります。

現在も水虫の漢方薬などで使用されているようですが、

フレグランスや香水などで使われる方が耳にすることが多い気がしますね。

 

ロウバイについてのまとめ

ロウバイは梅に似ていることや字に梅が使われていますが、じっくりとみてみると、

色や花びらの枚数、香りなど、梅とは違うロウバイの魅力がたくさんありました。

冬に見頃を迎える蝋梅の花はとても人気が高く、ロウバイ園や、自然公園のロウバイコーナーが作られるほどです。

また素敵な花言葉をもっていますし、1月2日、1月21日生まれの方の誕生花ともされていることなどから、プレゼントするお花としてもいいですね。

蝋梅は昔は生け花としても親しまれていましたが、現在では初心者にも育てやすいという点から盆栽や鉢植えで育てる人も多くいるようです。

ただ、実には毒性があるので、梅の実と同じように考えてお酒を作ったりはしないでください。

そして蝋梅の香りはほんとうに奇跡的ないい香りですので自家製でソープやアロマオイルを作ったりする方々の間でも需要が高いです。

ロウバイは水溶性のものが多いのでエッセンシャルオイルを取るのは難しそうですが、

フローラルウォーターを抽出して使用したり、香りそのものをワセリンにうつしたりして楽しみます。

まだロウバイの香り知らないという方は、黄色い花を探して外を歩く時にでも香りを気にしてみてくださいね。

寒さも吹き飛ぶかぐらいの香りかもしれませんよ。

桜と桃と梅の花の蕾と幹の違いや簡単な見分け方!開花時期と花言葉

寒い季節が終わると、花見が楽しみな季節になります。

春のお花として古くより日本人に愛されているのが

『桜』・『桃』・『梅』です。

とくにお花見と言えば、やはり桜となりますね。

しかし、近所 を歩いたり、公園の木々を眺めていると

桜だと思っていたものが実は梅の花だったということはありませんか?

桜も梅も咲きはじめる時期が似ているため、間違えやすいのです。

さらに、「桃の節句」と言われる桃も同時期です。

では、 どのように見分ければいいのでしょうか。

桜と桃と梅の花の開花時期や花言葉と

蕾と幹の違いや『桜』・『桃』・『梅』の簡単な見分け方を

みていきたいと思います。



スポンサードリンク
 

『桜』・『桃』・『梅』の特徴や違いと見分け方

『桜』・『桃』・『梅』の花の咲き方などの特徴の違いから

簡単な見分け方をお伝えします。

桜、桃、梅はよく見ると咲き方が違います。

ではどのように違うのか、

それぞれの特徴を説明していきます。

■『桜』の特徴と見分け方

桜
桜は日本の代表的な花ですが、

特徴はその花の付き方です。

桜は開花すると

一度に花をたくさんつけて幹が見えないほどになります。

どうしてそのようになるかというと

桜は花が同じ付け根からいくつも咲いているからです。

そのため、桜が満開になると

枝が隠れるほどに花が咲き誇るのです。

そして

桜の花びらにも特徴があります。

それは

切れ込みがある

ということです。

ただ、桜の品種によっては切れ込みが分かりづらいものもあるので、

花の付き方で区別をすると他の花との見分けが確実にわかります。

 

また、

桜の花の

開花前の蕾の状態でも確認はできます。

枝についた蕾が集中しているようであれば、

それは桜の木ということです。



スポンサードリンク
 

■『桃』の特徴と見分け方

桃
桃の花というと、「女の子の節句」で飾るイメージが強いですね。

なんとなく丸いピンクの花を想像します。

そうなると、やはり桜と混同しがちですが、

見分け方は

一度に沢山の花をつける桜と違い、

桃は一箇所から2つの花を咲かせるところです。

そのため、

桜よりは花が少ないと感じます。

そして

花びらもよく見てみると、

桃は桜よりは細長い形をしています。

 

■『梅』の特徴と見分け方

梅
梅は一番桜と間違われやすい花です。

しかし、

その梅と桜では

花の付け方は全く違います

まず、

梅の花は一箇所に1つしか花をつけません

そのため、

開花すると一気に幹が見えなくなる桜と違い、

梅は開花すると

幹が色づくような咲き方をします。

そして

梅の花びらも

切れ込みがなく丸い形をしています。

昔からある「小梅」という飴に書かれている

梅の花もちょうど丸みのある形を表していますね。

 

 

『桜』・『桃』・『梅』の開花時期は?




スポンサードリンク

桜、桃、梅は

どれも春の花というイメージがありますが、

それぞれの

開花時期は違います。

「桜」と「桃」と「梅」の開花時期の順番

一般的に

「梅」が一番早く

そして

「桃」



「桜」

といった順番の開花時期になります。

具体的には、

「梅」 1月~4月頃

「桃」 3月下旬~4月上旬頃

「桜」 3月中旬~5月中旬頃

です。

ちなみに

「李(すもも)」は、

3月下旬~4月上旬頃になります。

 

 

大まかにいうと、

梅 ⇒ 桃 ⇒ 桜  

の順番

に咲くといったことですね。

ただ、

地方の気温や気象条件と品種の違いによって差があるので

一概にはいえません。

また桜にはとくに様々な種類があり、

早咲きの品種も遅咲きの品種もあります。

そのため、

開花時期が早いから 梅だとは確定はできません。

桜か梅で迷った時には蕾の位置を確認してみるとわかりやすいと思います。


 

『桜』・『桃』・『梅』の花言葉

花には花言葉がそれぞれありますが、

桜、桃、梅の花言葉って知ってますか。

花言葉というと、地面から生える花にあるイメージ ですが、

木に咲く花にもあります。

では桜、桃、梅それぞれの花言葉とはどのようなものなのかみていきたいと思います。

■桜の花言葉

 

桜の花言葉は、

「純潔」、

「淡白」、

「優れた美人」

などと言われています。

しかし、種類によって多少違いがあります。

ソメイヨシノの場合は

「純潔」

枝垂れ桜の場合は

「優美」

八重桜の場合は

「しとやか」

となります。

 

■桜の花言葉

桃の花言葉は

「わたしはあなたのとりこ」

です。

 

■梅の花言葉

梅の花言葉は

「高潔、忠実」です。

 

やはり、桜、桃、梅の花言葉は、

それぞれの花のイメージによく合っている気がしますね。

 

ま と め

桜と桃と梅の花の蕾と幹の違いからの簡単な見分け方と

桜、桃、梅の開花時期やそれぞれの花言葉をお伝えしました。

寒い季節が終わると、外出の機会が増えてのんびりと花を見ながら散歩することも増えるでしょう。

そんな時、開花しそうな花を見つけて子供が「何の木?」と聞いてきた時には

蕾の位置を見てみてください。

沢山の蕾があれば桜、

2つなら 桃、

1つなら梅です。

今までは「どっちだろう?」と悩んでいた方でも

花、蕾の位置、枝への付き方の違いを確認しただけで、

すぐに簡単に分かりますね。

それぞれのお花にあった花言葉もみていきながら春の流れを感じていきたいです!

秋桜の花言葉!白・ピンク・赤・黄・オレンジ・黒色等花束添えて!

コスモスは秋の桜と書きますが、もちろん桜ではありません。

秋に一斉に咲くコスモスはとても可憐で美しい花です。

歌にもよく出てきますね。

秋桜だけの花束をもらったらとてもうれしいお花だと思います。

そんなコスモスの花言葉を白・ピンク・赤・黄・オレンジ・黒(チョコレートコスモス)等の色別にお伝えしていきます。

スポンサードリンク
 

秋桜(コスモス)の花言葉

【乙女の真心】【愛情】【調和】【謙虚】

コスモスの全体の花言葉は「乙女の真心」や「愛情」、「調和」と乙女チックなとても愛にあふれた言葉ばかりです。

風にたなびくコスモスの花を見ているとピッタリの花言葉です。

愛と言っても情熱的な愛ではなく、はぐくむような感じの愛といった感じですね。


 

 

秋桜(コスモス)の花言葉【白】

【乙女の純潔】【優美】【美麗】

白いコスモスの花はまさに「乙女の純潔」という花言葉がふさわしいたたずまいです。

「美麗」で「優美」、うっとりするような若々しい乙女の姿が目に浮かぶようですね。

白のコスモスの花束などを贈られたらとてもうれしいでしょうね。


 

 

 

秋桜(コスモス)の花言葉【ピンク】

【調和】【乙女の純潔】【謙虚】【愛情】

ピンクのコスモスの花言葉は、全体のコスモスの花言葉と白のコスモスの花言葉と同じものも多いですね。

「乙女の純潔」も白のコスモスの花言葉と同様ににあげられていますが、これは薄めのピンクのコスモスの花言葉として使われ、花の色が濃くなって濃いピンクになっていくほど「愛情」という花言葉になるようです。


 

 

秋桜(コスモス)の花言葉【赤】

【乙女の愛情】【調和】

赤のコスモスというのはあまりイメージがないかもしれませんが、濃い赤に近い色の赤のコスモスも素敵です。

赤はやはり白に比べて情熱的な色です。

調和のとれてたコスモスの形に炎のような赤が情熱的な乙女の愛情を伝えるといった花言葉ですね。


スポンサードリンク
 

秋桜(コスモス)の花言葉【黄】

【野性的な美しさ】【自然美】【幼い恋心】

黄色いコスモスはそもそも自然に発生したものではなく、品種改良によって生み出された色のコスモスです。

しかし、花言葉には、「野生の美しさ」や「自然の美」といった花言葉や「幼い恋心」といった言葉が並びます。

不思議だなと思っていましたが、よくみると黄色のコスモスはとてもかわいらしく、決して華美すぎることもなく素朴な感じのお花です。

そのようなことからこれらの花言葉がつけられたのかもしれませんね。


 

秋桜(コスモス)の花言葉【オレンジ】

【野生の美しさ】【自然美】

オレンジのコスモスも黄色のコスモスと同じく「野生の美しさ」「自然美」といった花言葉がつけられています。

オレンジは黄色とともに闊達なイメージがある色です。

それでいて温かみもある色ですね。


 

 

秋桜(コスモス)の花言葉【チョコレートコスモス】

【恋の終わり】

チョコレートコスモスはチョコレートを思わせる香りと色をもつ、シックな花色です。

黒いコスモスとも茶色のコスモスともいわれます。

そして花言葉は、「恋の終わり」といった少し悲しい花言葉がつけられています。

原種のチョコレートコスモスは野生では絶滅したといわれています。

そういったことや色がほかのコスモスと比べ暗めの色になっているからそのような花言葉になったのでしょうか。

しかし、チョコレートコスモスの色はとても深みがあってアレンジメントなどには人気の花です。


 

ま と め

秋桜(コスモス)の花言葉を白色・ピンク色・赤色・黄色・オレンジ色・黒色等色別にお伝えしました。

秋桜のお花の形は乙女のイメージがぴったりするお花です。

あまり、主張しすぎることのない可憐なお花は好きな方もとても多く、たくさんのコスモスだけでできた花束をもらって喜ばない女性はあまりいないですね。

そんなコスモスの花束に花言葉を添えて大切な人に贈ってみてはいかがでしょうか?

百合の花言葉(白・ピンク・赤・オレンジ・黄・黒)色別に!怖い意味も

百合はとても女性らしい美しさを感じさせるお花です。

百合の花言葉は色別にかなり違った意味をもつものになります。

その百合の花言葉を白色・ピンク色・赤色・オレンジ色・黄色・黒色の色別に紹介します。

そして一番怖い意味の花言葉ををもつ百合はどれになるのでしょうか?

見てみてくださいね!

 

スポンサードリンク
 

百合の花言葉

【純粋】【無垢】【威厳】

百合はユリ科ユリ属の総称です。

地下に球根を形成し球根の上下から根を出し、春になると茎を地上に真っ直ぐ長く伸ばし、先端にいくつかの花を咲かせます。

花びらが6枚あるように見えるのですが、そのうちの3枚はガクが変化したものです。

百合の花は西洋では聖書にもたびたび登場するお花です。

東洋では、百合は食用や薬用にも使用される花としても長く愛されているお花です。

純粋で無垢でありその存在感あるお花は威厳といった花言葉がとてもしっくりきますね。


 

百合の花言葉【白】

【純潔】【威厳】

百合といえば白い色のお花がイメージされるように白色の百合の花の花言葉は百合全般の花言葉とほぼ同じです。

キリスト教徒にとっては、白い百合は純潔の象徴として聖母マリアを意味する花として扱われています。

純潔と威厳といった花言葉は聖母マリアさまをイメージさせることばそのものですね。


 

百合の花言葉【ピンク】

【虚栄感】

ピンクの百合につけられた花言葉は虚栄心です。

ピンクの百合もとても美しいお花なのですが、百合はやはり白のイメージがつよく、純粋無垢の白色に色がつくことによって虚栄したといったことに見えるのでしょうか。

ピンクの百合だけの花束をおくるのはさけたほうがいいかもしれませんね。


 

百合の花言葉【赤】

【虚栄感】

赤色の百合につけられた花言葉もピンク色の百合と同じ虚栄心といった花言葉です。

その理由もやはり、白色の百合から色があるといったことで自分を実質以上に見せるといった、みえを張りたがる心と重なったのでしょう。

そういわれればそういった風にも見えてくるから不思議ですね。


スポンサードリンク

百合の花言葉【黄】

【偽り】【陽気】【飾らぬ美】

黄色の百合につけられた花言葉は、偽りと飾らぬ美といった真逆にも思える花言葉がならんでいます。

それはやはり、白色からそめられたといったイメージでの偽りと黄色の色のイメージからの陽気さと気取らない色といったことになるのでしょうね。

黄色の百合もとても存在感があるお花なのでいい意味の花言葉を使いたいですね。


 

百合の花言葉【オレンジ】

【華麗】【愉快】【軽率】

オレンジの百合はとても華やかです。

華麗で愉快といった花言葉はとても納得できるものです。

それとは違った軽率といった花言葉は華やかすぎるゆえに重みにかけるといたことを示唆しているのかもしれないですね。


 

百合の花言葉【黒】

【恋心】【呪い】

黒い百合の花クロユリは高原や山地に生息する素朴なお花です。

ユリ科バイモ属で別称は蝦夷黒百合(エゾクロユリ)ですのでユリ属ではありませんので、一般的な百合とは少し違ったものでです。

エゾというだけあってアイヌ民族と関係が深く恋の花と言われるのはアイヌの伝説で好きな人への想いを込めたクロユリを、好きな人の近くわからないようにおき、その相手がそのクロユリを手にすれば、二人は必ず結ばれるといった話があるからです。

一方の呪いといった怖い花言葉は、戦国武将の佐々成政の愛妾である早百合(さゆり)が密通をしているという噂が流れたときに、こ噂を聞いた成政は早百合を殺してしまったといいます。

その時、早百合は「立山に黒百合の花が咲いたら、佐々家は滅亡する」と呪いの言葉を残して死んだといわれ、そのことからクロユリは呪いの花として扱われるようになったということです。


 

 

 

ま と め

百合の花言葉を白・ピンク・赤・オレンジ・黄・黒の色別にみていきました。

怖い意味の花言葉はクロユリでした。

クロユリのお花はとても美しいのですが、かなり独特の香りも放つようです。

百合といえば白色の百合が結婚式のブーケにも使われるような純粋無垢なお花のイメージでしたが、色がつくことで虚栄心などさまざまな人間味あふれる花言葉が出てきました。

花言葉はやはりおもしろいなと思いますね。

ポインセチアの花言葉(赤・白・ピンク)!何故クリスマスに飾るの?

クリスマスに必須のポインセチア!

最近は、赤色以外に、白色やピンク色のポインセチアもよく見かけるようになりました。

そのポインセチアの花言葉色別紹介します。

そしてなぜクリスマスに飾るようになったのかの由来などもお伝えしますね。


スポンサードリンク 
 

ポインセチアはお花なの?

ひとつあるととても華やかになるポインセチアはお花なのでしょうか?

ポインセチアの赤い部分は花のように見えますね。

実は、ポインセチアは、常緑性の低木です。

ポインセチアはトウダイグサ科トウダイグサ属

英名poinsettia、学名ではEuphorbia pulcherrimaです。

しかも、冬に出回る鉢植えとして知られていますが、もともとは、メキシコ、中央アメリカの暖かい所に生息する寒さに弱い植物なのです。

なので、通年室内で育てていきます。

ポインセチアの名前の由来は、「ポインセチア」をアメリカに広めた初代駐メキシコ公使で優れた植物学者でもあったポインセット氏の名前にからきています。

正式な和名は「猩々木(ショウジョウボク)」です。

大きな花のように見える赤い部分は、「苞(ほう)」と言われる葉が変化したものものです。

ポインセチアの花は中心にあるちょっと黄色が見える小さなつぶつぶだけなのです。

一番上に小さく咲いています。

苞が赤い理由は、受粉を助けてくれる昆虫を呼び寄せるためです。

 

それが、大輪のお花のように見えているのですね。


 

ポインセチアの花言葉

【祝福する】【聖夜】【幸運を祈る】【私の心は燃えている】【元気】【勇気】【成功】

ポインセチアの、一番ポピュラーな苞の色は赤ですね。

他に白やピンク色をしたものや、苞がカールしたポインセチア・ウインターローズというなど、沢山の品種が出回っています。

そんなポインセチアの全体の花言葉は、「祝福する」や「聖夜」などクリスマスにぴったりのことばが並びます。クリスマスのプレセントにぴったりの花言葉ですね。

 


 

ポインセチアの花言葉【赤】

【祝福】【聖夜】【幸運】【私の心は燃えている】

ポインセチアは、もともと赤色の苞のものでありますので、ポインセチア全般の花言葉とほぼ同じものも多いです。

深みのある赤色の苞葉は、「私の心は燃えている」といった情熱的な言葉もぴったりです。

聖なる夜にはやはりポインセチアが必要ですね。

 


スポンサードリンク 
 

ポインセチアの花言葉【白】

【慕われる人】【あなたの祝福を祈る】【あなたの幸せを祈ります】

白のポインセチアは、雪の結晶を思い出させてくれてとてもロマンチックです。

「あなたの幸せを祈ります」といった大切な人に思いを寄せる気持ちを表す花言葉も素敵ですね。

毎年、クリスマスに赤のポインセチアをプレゼントしている方は、たまには白のポインセチアを花言葉と一緒に贈ってみてもいいですね。


 

ポインセチアの花言葉【ピンク】

【思いやり】【清純】

ピンクのポインセチアも品種改良で様々な種類がでてきていますね。

色も薄めのかわいいピンクから少し濃い目の明るい女の子といったイメージのピンクのポインセチアもあって迷ってしまいます。

クリスマスカラーとは少し離れてしまいますが、ピンク色は心もやさしくなれるのでクリスマスに新しい楽しみかたを教えてくれます。

ピンクのポインセチアの花言葉も「思いやり」と「清純」とピュアな気持ちに戻れる花言葉になっていますね。


 

 

何故ポインセチアがクリスマスに飾られるようになったのかの由来

ポインセチアはクリスマスを飾る観葉植物として毎年、秋頃からお店に出まわります。

ポインセチアないとなんだかクリスマス感がでないようにまで思います。

では、何故ポンセチアは、クリスマスセットのように飾られるようになったのでしょうか?

ポインセチアは今でこそ、ピンク色や白色なども花屋さんの店先にも並んでいますが、もともとはポインセチアといえばやはり赤色がメインです。

その赤色は、クリスマスのカラーには必須なものです。

クリスマスカラーは、赤色、緑色、白色の3つの色になります。

これにも意味があって、

赤色は、「キリストの流した血の色」

緑色は、「永遠の命や愛」

白色は、「純潔」

をそれぞれ表しています。

ポインセチアは、真ん中の赤とまわりの緑でクリスマスカラーにぴったりの植物なのです。

鉢が、白色であればこれでクリスマスカラー三色が揃ってしまいますね。

あと、ポインセチアの形もクリスマスに適している理由の一つです。

ポインセチアの形は

東方の三博士にイエス・キリストの誕生を知らせ、ベツレヘムに導いた、

キリスト教徒にとって大切な意味をもつベツレヘムの星を連想させる

といったこともクリスマスとの関連性を強くする由来です。

 

ま と め

ポインセチアの花言葉を赤色、白色、ピンク色と色別にとクリスマスに何故ポインセチアを飾るのか、名前の由来やお花かどうかなど、ポインセチアのことをいろいろお伝えしました。

ポインセチアは、クリスマスシーズン前の冬に出回る植物でしたが、原産地はメキシコなどあたたかいところの植物で寒さにも弱いものだったのですね。

花のような「苞(ほう)」の形もお星さまのようでクリスマスを祝福するためあるのではと思うような植物ですね。

ポインセチアの花言葉も「祝福する」「幸運を祈る」「成功」などプレゼントにも最適なものですので、ますますクリスマスにまわりの大切な方々に感謝の意味もこめて贈ってみたくなりますね。

花言葉でHAPPYに!『幸せ』や『幸福』の意味をもつ未来を運ぶ草花たち

花言葉は、それぞれの花につけられている言葉です。

その草花の特質や由来に基づいてさまざまな意味の言葉がつけられています。

その中でも今回は、見ているだけで幸せになりそうな幸福を呼んでくれるHAPPYな花言葉をつけられている草花たちをお伝えします。

スポンサードリンク 
 


 

苺(いちご)の花言葉

 

【幸福な家庭】【尊重と愛情】【先見の明】【あなたは私を喜ばせる】

 

白いかわいらしいお花を咲かせるイチゴにも花言葉がつけられています。

「幸福な家庭」というのは、イチゴのでき方が親株から茎の一種であるランナーが横に伸びはじめ、子株として成長し、また、その子株からランナーが伸びはじめ、次の子株へと増え続けるような様子からつけられているようです。

「先見の明」は、西洋の古い時代にイチゴの根と葉をつけた水で眼をひやすと視力を回復させると信じられていたことからつけられているそうです。


 

ブルーデイジーの花言葉

 

【恵まれている】【幸福】【協力】
ブルーデイジーは、青い花びらと黄色の管状花のコントラストがとても美しいブルーのお花です。

花言葉もとっても幸せを運んでくれそうな言葉が並んでいます。

ブルーデイジー属名の学名「Felicia(フェリシア)」は、ラテン語の「felix(恵まれている)」が語源です。

花の形や花数が多いことからそのような「恵まれている」といったことばが思い浮かんだのでしょう。

ですので花言葉もこのような花言葉がつけられているのですね。

ちなみにデイジーといってもデイジーのヒナギク属とは違うルリヒナギク属の植物です。

 


 

 

燕子花(カキツバタ)の花言葉

 

【幸せは必ずくる】

紫色や青紫色や白色のお花を咲かせる燕子花(カキツバタ)は、湿地や池の近くに自生し毎年5~6月に咲いてくれます。

日本での栽培はなんと平安時代前からされていたそうです。

カキツバタの花の汁は服をそめるために使われていましたそのことから「カキツケルハナ」から「カキツバタ」といった日本名になりました。

燕子花の漢字が充てられているのはお花の形が燕がとんでいるのを想像させる形だからなようです。

花言葉の「幸せは必ずくる」というのはとても心強い花言葉ですね。

燕子花を見るたびにこの言葉をこころの中でつぶやいてしまいます。


 

スポンサードリンク 
 

花菖蒲(ハナショウブ)の花言葉

 

【うれしい知らせ】【優しい心】【優雅】

花菖蒲(ハナショウブ)は、大きめの花びらを垂れ下げて咲く花菖蒲は五月人形と一緒に飾られるお花です。

花言葉も「うれしい知らせ」と待ちに待った吉報を運んでくれそうな言葉です。

優雅なたたずまいと相まってとても凛とした縁起のよいお花です。

ちなみに菖蒲(アヤメ)と燕子花(カキツバタ)との違い

葉脈があることです。葉脈が葉の中央に太い筋のように通っています


 

 

ポトスの花言葉

 

【長い幸】【永遠の富】【華やかな明るさ】

ポトスは、季節を問わないで綺麗な葉を保ってくれる観葉植物です。

とても育てやすく、手間がかからないので初心者にもあつかいやすく、人気です。

日光と水をあまり必要としないので風水にも用いやすいようです。

実際、長年育てていますが、ほんとに強く、いつでもきれいな葉の色を見せてくれています。

その花言葉も「長い幸」「永遠の富」などぴったりのものがつけられています。

お家にはひとつおいておきたいですね。


 

胡蝶蘭(コチョウラン)全般

 

【幸福が飛んでくる】【純粋な愛】

胡蝶蘭は、らん科の多年生植物です。洋蘭の一種です。

白色の蝶に似た大型の花を連ねてつけている姿は女王様の風格です。

そんな胡蝶蘭ですが、やはり花言葉も「幸福が飛んでくる」パワフルなことばで幸せを呼んでくれそうな花言葉です。

お店屋さんにもよく置かれているのも納得ですね。


 

 

タンポポの花言葉

 

【幸福】【愛の神託】【神託】【誠実】

春になると公園や河川敷などにもかわいらしく、咲いているお花ですね。

日本名のタンポポは、鼓草(ツヅキグサ)と呼ばれていたのが、転じてタンポポとなったようです。

英語でダンディライオン(dandelion)というのも有名ですが、これはフランス語で「ライオンの歯」を意味するダン=ド=リオン(dent-de-lion)に由来しています。タンポポのギザギザした葉がライオンの牙を連想させることによるようです。

花言葉に「幸福」があるのは、タンポポは、根が残っていれば再生するので再生力も高く生命力が強いことからくるのでしょうね。


スポンサードリンク 
 

 

四つ葉のクローバーの花言葉

 

【幸運】【私のものになって】

クローバーの品種名は、「白詰草(シロツメクサ)」です。
詰めるというのは、江戸時代にオランダからガラスの器が送られた時、ガラスが破損しないよう箱の中に詰められていた草の中から発芽したものが日本にきたきっかけだからだそうです。

四葉のクローバーといえばだれもが幸運と結びつけるほど有名ですね。

クローバーの中でも四葉のクローバーの確率は「10万分の1」と言われています。

そんな確率でみつけられた四葉のクローバーはそれだけでもHAPPYな気分になれますね。


 

ま と め

今回は、花言葉が『幸せ』や『幸福』の意味をもつ草花たちを紹介しました。

道端に咲いているタンポポや白詰草の四葉のクローバーそして、高級なお花として知られている胡蝶蘭や観葉植物で有名なポトスなど幅広いジャンルですが、どれもこれもHAPPYな未来を運ぶ草花たちです。

これらの花言葉をしっているだけで毎日たのしくなりますよ。

できればプレゼントするときなどは、そういった花言葉を添えると相手により一層の大切におもっている気持ちが伝わっていいですね。

カーネーションの花言葉!赤・ピンク・白・紫・青・オレンジ・黄色

カーネーションといえば、母の日にプレゼントするものといったイメージのお花ですね。

母の日のカーネーションといえば赤色やピンク色ですが、

最近では、紫色や青色そしてレインボーまでお花屋さんに並んでいるのをみかけます。

そんなさまざまな色のカーネションは色によって花言葉が変わります。

赤色・ピンク色・白色・紫色・青色・オレンジ色・黄色

それぞれの花言葉についてお伝えしたいと思います。

 

スポンサードリンク 
 

カーネーションはどんなお花?

カーネーションは、ナデシコ科の代表的な多年草の花です。

ダイアンサス(Dianthus)属です。

英語では、carnation

学名: Dianthus caryophyllus

といいます。

 

■カーネーションはどこから来たのか?

カーネーションの原産は、

南ヨーロッパおよび西アジアの地中沿岸あたりといわれています。

カーネーションの歴史は、古代ギリシャ時代から栽培されていたといわれるほど古いです。

 

日本にカーネーションが伝わって来たのは

江戸時代の初期になります。

江戸時代といえば鎖国時代ですね。

唯一、出島での貿易をゆるされていた

オランダ人から伝わりました。

ですので、

昭和10年ぐらいまでは、

「オランダ石竹(せきちく)」

と呼ばれていました。

 

■カーネーションの語源や由来

何故、カーネーションという名前がついたかというと

由来はいろいろあります。

その中で有力だと思われるものは、

「冠」の英語「corona」に由来とする説です。

その説も2つ由来説があります。

 

カーネーションの花の形が王冠に似ているため

とするものと

神様の花冠にカーネーションが用いられた

とする説です。

また、ダイアンサス(Dianthus)神の花

という意味があります。

 

 

■カーネーションは食用?

カーネーションが食用だったって知っていましたか?

もともとカーネーションのお花は、

単に観賞用だけでなく、香料や飲み物の風味づけとして使われていました。

そして、エディブルフラワーのような使い方をされていたのです。

エディブルフラワーとは、

「edible=食べられる、flower=花」のことです。

 

実は、カーネーションには

食物繊維や糖質などが豊富に含まれているのです。

心臓の働きを助けたり、

疲労回復にも効果がある

といわれているのですよ。

カーネーションの他の用途としては、

香水やポプリの原料に使われています。

 

カーネーションの香りはスパイシーです。

その香りは香水の全体の香りを引き締め、

奥行きを出す効果あるために重宝されています。

 

スポンサードリンク 
 

カーネーションの花言葉

【無垢で深い愛】

【純粋な愛情】

【女性の愛】

【感覚】

【感動】

 

女性的なイメージがとても強いカーネーションは

女性の愛を象徴するお花ですね。

 

そして、花弁で華やかであるのにどこか控えめな

一歩下がったところがあるお花ですね。


 

カーネーションの花言葉【赤】

【母の愛】

【愛を信じる】

【熱烈な愛】

 

なんといっても

母の日の花の代表の赤いカーネーションのお花です。

 

やはり、花言葉も母の

といったものがありますね。

赤の色から熱烈そして、

強い意志をもって信じる愛の花言葉もあります。

 

また、母の日にカーネーションを贈る習慣が出来る前の花言葉として、

【哀れみ】といった花言葉もあったようです。


 

 

カーネーションの花言葉【ピンク】

【感謝】

【上品】

【気品】

【女性の愛】

【暖かいこころ】

【美しいしぐさ】

 

ピンクのカーネーションはほんとうに

上品です。

可憐でいてそしてすっと伸びた茎に咲く花とても気品があります。

 

それでいて、

みていてホッとすると温かいお花ですね。

 

そして、

感謝という花言葉は母の日にピッタリですね。

 

ひとくちにピンクと言っても色の幅がとても多く

ピンクのカーネーションだけでグラデーションをつけての花束

プレゼントしても素敵ですね。


 

 

カーネーションの花言葉【白】

【私の愛情は生きている】

【尊敬】

【純潔の愛】

【愛の拒絶】

【あなたの愛は生きています】

 

白いカーネーションは、

母の日の由来となった亡き母に贈ったお花です。

 

とても美しいお花なのですが、

その由来からか【亡き母をしのぶ】といったエピソードそのままの花言葉まであります。

 

お花もとても美しく他の花言葉も尊敬、

純潔の愛などいい意味の花と場もあるのですが、

母の日に贈るのだけは避けたほうがいいですね。

 

間違っても

白のカーネーションだけの花束はやめたほうがいいですね。


スポンサードリンク 
 

カーネーションの花言葉【紫】

【誇り】

【気品】

紫色のカーネーションも

最近お花屋さんでもよく見かける人気の色のお花です。

 

紫と言っても

深いワインレッドのものや明るめの紫など様々です。

そして、

紫はやはとっても高貴な印象をうけます。

 

いつもの赤やピンクのカーネーションではなく、

紫色のカーネーションというのもいいのではないでしょうか。


 

カーネーションの花言葉【青】

【永遠の幸福】

青のカーネーションは、

昔は白いカーネーションに青の色水を吸わせたり、

着色したものだけでしたが、最近では遺伝子組み換えなどで

作られた青いカーネーションとがあるようです。

永遠の幸福ととてもいい花言葉がついているお花ですので、

花束などのアクセントで使うのもいいですね。

 

カーネーションの花言葉【オレンジ】

【純粋な愛情】

【あなたを熱愛します】

【清らかな慕情】

【熱烈な愛情】

【熱心】

オレンジのカーネーションは、

見ているだけで元気がでるようなお花です。

そんなかわいらしいお花に

「あなたを熱愛します」といった強いメッセージがあったのですね。

是非、好きな相手や大切な人に贈ってみたいですね。
 

 

カーネーションの花言葉【黄】

【軽蔑】

【美】

【嫉妬】

【愛情の揺らぎ】

【友情】

黄色のカーネーションの花言葉は、

かなり幅のひろい花言葉が並んでいます。

軽蔑などネガティブな花言葉があるのでなるべく、

黄色のカーネーションの花だけを贈られるとびっくりしてしまいますね。

 

友情といった花言葉はお花の雰囲気からいうと

ピッタリのような気がするのですがちょっとイメージにない

嫉妬といったものもありますね。

 

スプレーカーネーションの花言葉

【純粋な愛情】

【あなたを熱愛します】

【清らかな慕情】

【情熱】

【熱烈な愛情】

【熱心】

【感動】

【集団美】

スプレーカーネーションは

茎の上に一つのお花がさくカーネーションとは違って

一つの茎から枝分かれしていくつものお花が咲くカーネーションです。

1つ1つのお花の大きさは

通常のカーネーションより、小さめになります。

 

他のお花といっしょにしてもとてもなじみやすいお花です。

花言葉は、ほかの色のカーネーションと同じものや

集団の美しさを表すものもあります。

 

ま と め

カーネーション花言葉を色別にとスプレーカーネーションもおつたえしました。

カーネーションは色もとても

豊富でレインボーなどとても派手なものから白色の清楚なものまでさまざまあります。

母の日は赤のカーネーションと思っていた方は、

赤色以外でもピンク色や紫色や青色のカーネーションも

とても母の日にふさわしい花言葉をもっていますのでおすすめです。

 

あと、白色のカーネーションだけ、

黄色色のカーネーションだけといったものは

母の日のプレセントとしては避けたほうがいいですね。

オレンジのカーネーションは是非、

愛の告白にぴったりの花言葉ですので大切な方に贈ってみてくださいね。

椿の花言葉の表と裏!乙女椿・寒椿と赤・白・ピンクの色別に紹介!

椿の花言葉に表と裏があるのを知っていますか!

花言葉には、乙女椿や寒椿などの種類べつにと

赤・白・ピンクの色別にもそれぞれ違うのです。

順番にご紹介していきます!

スポンサードリンク 
 

椿の花言葉

椿の全般的な花言葉は、

【理想の愛】【謙遜】【誇り】【完璧な魅力】【控えめな優しさ】【誇り】【女性らしさ】【美徳】【私は常にあなたを愛します】

です。


椿の花は和物のモチーフとしてもよく用いられる花ですのどうしても「ザ・日本」といったイメージですが、実は、西洋でも人気のあるお花です。

椿は、江戸時代から品種改良がなされ、その後18世紀に欧米に渡って「西洋椿」として八重咲きの大輪の花品種ができました。

20世紀を代表するファッション・デザイナーであるココ・シャネルも椿の花をとても愛していたといいます。

そして、シャネルの椿をモチーフにした「カメリアコレクション」として受け継がれています。

■椿の花の開花時期

椿の花の開花時期は、早い品種では11月から咲く早咲き品種があったり、4月に咲く遅咲き品種などありさまざまです。

通常、椿といえば、冬のイメージがるようですが、多くの開花時期が1月から4月で見頃は3月といわれます。

しかし、椿の花は、桜のように一気に咲くのではなく、一ヶ月ほどの間に、早く咲く花、、遅く咲く花など次々に咲いていきます

このように椿とひとことでいっても品種はとても多く現在2200種以上の品種があります。

そして日本列島は北から南に長いので気候条件も違うために開花時期を特定しにくい為に、1月~4月と長い期間にわたっています。


 

 

乙女椿(オトメツバキ)の花言葉

乙女椿の花言葉は、

【控えめな美】【控えめな愛】

です。


 

花はとても大きく、ボリュームがあるのに香らないその花は、まさに「控えめな美」といった風情の花です。

乙女という言葉がぴったりの丸みのあるそれでいて花びらたっぷりの若々しさを感じる椿です。

シャネルのカメリアコレクションのモチーフもこのお花が一番近い形をしているといわれていますね。

 

寒椿(カンツバキ)の花言葉

寒椿の花言葉は、

【謙虚】【愛嬌】

です。


 

寒椿という名前のとおりに12月~2月の一番寒い時期に咲く八重の椿です。

椿の花は花が終わると全体がポトリと落ちてしまうのですが、この寒椿は花びらがハラハラと一枚ずつ散ってゆくのが特徴です。

とても丈夫なため、公園や生垣によくみかけます

花言葉の「謙譲」は、かなりの日陰でも咲く控えめなお花といったことからきているようです。

山茶花(サザンカ)ととても似ているのですが、それは、矮性種で這い性のために這いカンと呼ばれる紅色の獅子頭(シシガシラ)と、サザンカとツバキの交雑種のカンツバキ群であるなどかなりの近隣種であります。

なので、他の椿と違い山茶花のように一枚ずつ花弁が落ちるように散っていくということのようですね。

スポンサードリンク 
 

 

椿の花言葉【赤】

赤色の椿の花言葉は、

【気取らない優美】【謙虚な美徳】【控えめな素晴らしさ】

です。


赤の華やかな風情の赤の椿ですが、なぜこのような奥ゆかしい美徳といった言葉の花言葉をもっているのでしょうか?

それは、花自体は鮮やかで存在感もあるのですが、椿は香りがあまりないことから来ているようですね。

 

椿の花言葉【白】

白色の椿の花言葉は、

【理想的な愛情】【申し分の無い愛らしさ】

です。


白色の椿は、「理想的」「申し分の無い」といった完璧に近いといった形容詞がついています。

その点が、他の色の椿と違った点です。

それは、純白といった色をまとった椿が清楚でそれでいて完璧な美をもっているといったことからきているのでしょうね。

 

椿の花言葉【ピンク】

ピンク色の椿の花言葉は、

【控えめな美】【控えめな愛】【慎み深い】

です。


ピンク色の椿はとても愛らしい美しさがあります。

色も薄いピンクから濃いピンクまで幅広いですが、どの花も可憐で美しいですね。

「慎み深い」といった控えめなそれでいて愛にあふれる素敵なお花ですね。

スポンサードリンク 
 

 

椿の裏の怖い花言葉

椿に裏の怖い花言葉があるというのを知っていますか?

今まで見てきた花言葉はどの色の椿もどの品種の椿も見た目の美しさや香りがないことからの謙虚なといった言葉が並んでいました。

椿の花言葉の中にはこのようなちょっと怖い花言葉もありました。

【罪を犯す女】

といった花言葉です。

■真実の愛をもとめた『椿姫』

これは、オペラなどで有名な『椿姫』からきているようです。

そのお話はこのようなお話です。

椿をまとい華やかな社交界に身を置く主人公の

ヴィオレッタ

そのマグリットと恋をする純真な青年アルフレード

二人の恋は純真なものでした。

しかし、ヴィオレッタは高級娼婦です。

そのことをよく思っていないアルフレードの父は、息子と別れるようヴィオレッタに迫ります。

二人の愛は真実であると確信しながら、やはり自分が娼婦であることでアルフレードの未来に支障をもたらすことやそして、自分が難病で死期がせまっていることなどを知っているヴィオレッタは自ら身を引くことで

アルフレードとの愛を貫こうと決意します。

そんな気持ちをしらないアルフレードはヴィオレッタを恨みます。

ヴィオレッタの本心に気づいてアルフレードが彼女のもとに向かったときは、本当にヴィオレッタが最後を迎えるときでした。

そのような悲しいお話ですが、この椿姫が

罪を犯してしまったことを悔い改めるといったことからこのような花言葉がついたようです。


 

ま と め

椿は、和のイメージがありますが、西洋でも、カメリア(Camellia)と呼ばれ人気があります。

カメリアという花名は、植物学者として椿を初めてヨーロッパに紹介したゲオルク・ヨーゼフ・カメルの名前に由来しているようです。

日本では、花が落ちるときにポトッと全体で落ちてしまうことから、あまり縁起が良くないと言われる椿ですが、西洋ではとても可憐で豪華な花として愛されているのですね。

花言葉は、裏といっても「椿姫」純愛に基づくものだといったこともわかりました。

そんな奥深く、謙虚な椿の美しさにますます魅了されますね。

桜の花言葉は?染井吉野や枝垂桜と八重桜等の種類別に開花時期一覧

春といえば、ピンク色の季節!

皆がイメージする春の色のピンクはやっぱり、「桜(さくら)」のお花が年に一度春の少しの間だけ咲き誇ってくれるから・・・・。

そんな、キングオブ春の桜の花にも花言葉があることを知っていましたか?

桜の花言葉気になります!

調べてみるとソメイヨシノや八重桜等で種別によって違うということがわかりましたよ。

今回は、桜の花言葉や桜の花の種類別の感化時期などいろいろお伝えします!

スポンサードリンク
 


 

 

桜の花言葉種類別一覧

桜の花言葉は桜の種類別にそれぞれつけられています。

開花時期も合わせてご紹介します。

 

■染井吉野(ソメイヨシノ)

花言葉:「純潔」「優れた美人」

開花時期は、3月下旬頃~4月上旬頃の桜です。

桜といえば、染井吉野(ソメイヨシ)というくらい、日本全国的にも圧倒的に多く植えられている桜ですね。

葉が出る前に薄紅色で一重の花が木全体を埋め尽くすように咲きみだれます。

ソメイヨシノの発祥は、明治初期に東京豊島区染井の植木屋さんが「吉野桜」という名前で売り出したということです。

■枝垂桜(シダレザクラ)

花言葉:「優美」「ごまかし」「精神美」「ごまかし」「淡泊」

開花時期は、3月下旬頃~4月下旬頃の桜です。

枝垂桜(シダレザクラ)は、枝がやわかく、られ下がっている桜の総称です。

ですので、細かく品種を言うと

・八重紅枝垂(ヤエベニシダレ) 淡い紅紫色の八重が美しい枝垂桜

・雨情枝垂(ウジョウシダレ) 淡紅色で八重の花を咲かせる枝垂桜

・糸桜(イトザクラ) 淡紅色で一重の小さな花が優美な枝垂桜

などの品種があります。


 

■八重桜(ヤエザクラ)、里桜(サトザクラ)

花言葉:「豊かな教養」「善良な教育」「しとやか」

開花時期は、染井吉野よりも1~2週間あとの4月上旬頃~5月下旬頃の桜です。

幾重にも重なる花びらの桜は、とても豪華な桜です。

最も花びらの多い品種では、1つの花につき300枚程度の花びらが重なっている八重桜もあるようですよ。

■山桜(ヤマザクラ)

花言葉:「あなたに微笑む」「純潔」「高尚」「淡白」「美麗」

開花時期は、3月下旬~4月下旬です。

本来の日本の国の桜の中で最も代表的な種類の桜です。

古くから詩や歌に詠まれ親しまれてきました。

主に本州中部以南に自生しいます。

別名は、シロヤマザクラとも呼ばれます。

日本の野生の桜が多いので交雑によると見られる雑種が多いため、同一地域でも開花時期にかなりばらつきがあります。

■冬桜(フユザクラ)

花言葉:「冷静」

開花時期は、3月下旬頃~4月上旬頃
10月下旬頃~翌1月上旬頃の2度咲きです。

花の色は白から淡い紅色で一重咲きの桜です。

秋葉が小さいことから、小葉桜(コバザクラ)という別名があります。

■寒桜(カンザクラ)

花言葉:「気まぐれ」

開花時期は、1月頃~3月頃です。

寒桜はピンク色の一重咲きの桜です。

寒桜のと言われることでわかるように寒い時期に一足先に春の一片を知られてくれる桜ですね。

一種には、河津桜(カワヅザクラ)もあります。

 

■芝桜(シバザクラ)

「希望」「燃える恋」「華やかな姿」「合意」「一致」「忍耐」「温和」

開花時期は、4月頃~5月頃です。

広大な大地に群生する風景は、まるで絨毯を敷き詰めたかのように圧巻のお花です。

桜の花の形にも似ていることや、開花期以外にはまるで芝生のような葉っぱが生え広がることから、芝桜(シバザクラ)と名付けられました。

芝桜は草花で桜は木なので実は、桜ではありません。

花色も富んでいてピンク色系でも濃いものから淡いもの、白色系なら青白いものから真っ白なものがあります。


このように桜の花言葉は種類別で少し違っていました。

 

桜全体の花言葉は、

「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」

と代表的な桜の花の染井吉野の花言葉と枝垂桜の花言葉を合わせたお花のイメージからくるものとなっています。

桜の花言葉は、このお花のはかなさからか、精神的な内面の美しさを表す言葉が多いですね。


スポンサードリンク
 

 

桜の花の名前の由来とは?

桜の花の名前の由来って知ってますか?

サクラの語源は諸説ありますが、

その一つが、「咲く」という動詞

複数を意味する「ら」を加えたものというものがあります。

その他には、日本神話に登場する女神の木花咲耶姫(コノハナノサクヤビメ)のお名前のサクヤをとったものであるといったもの。

そして、春に里にやってくる稲「サ」の神が憑依する座「クラ」であることから「サクラ」というといったものがあります。


 

ま と め

日本人心の中に深く根ざず春のお花の「桜(サクラ)」の花言葉についてお伝えしました。

日本では固有種と交配種を含め600種以上の品種が確認されています。

代表的な桜の品種である「ソメイヨシノ」は、江戸末期から明治初期に江戸の染井村の造園師や植木職人によって育成され、明治以降に全国各地に広まりまったものです。

そして、今日では、サクラの中で最も多く植えられ、観賞用サクラの代表種となっています。

桜の花言葉は、品種によっても様々ありました。

1年に2度咲きする冬桜や冬の間から咲く桜の冬桜と春のみのイメージだった桜にも開花時期も幅広くあることもわかりましたね。

桜全体の花言葉は、「優れた美人」「純潔」「精神美」「淡泊」といったやっぱり、繊細な美しさをもった乙女の印象の花言葉はほんとうに桜にぴったりな花言葉でした。

 

八重桜をめでるのにぴったりな大阪造幣局の通り抜け情報!


大阪造幣局桜の通り抜け2017はいつ?日程と時間やアクセス方法と屋台!

 

日本一の枝垂桜もいいですね!


奈良又兵衛桜2017見頃と開花情報!アクセス方法と駐車場場所や由来

ガーベラの花言葉の意味を色別に!ピンク・赤・白・オレンジ・黄等

ガーベラってお花はほんとうに小さいころ描くときに思う形をした”ザ・お花”といったお花ですね!

誰もが笑顔になるといったお花はこのガーベラのことではないでしょうか?

今はどのお花屋さんにも様々な色のガーベラが年中用意されています。

プレゼントのお花にも使いやさNo.1と言っていいお花ですね。

今回は、そのガーベラの花言葉の意味を色別、品種別などでお伝えしたいと思います。



スポンサードリンク

gerbera-141234_640
 

ガーベラはどんなお花?

ガーベラのお花はキク科の、多年草です。

原産地は南アフリカで暖かい地域でもともと生息していたお花です。

葉は地際に集まって茂るといったお花ですので、

切り花としてお花屋さんに並ぶときは、花茎だけがまっすぐにすっと長くあるだけの姿ですね。

もともとの原種のヤメソニーは赤色で花弁が細く、枚数も少ないです。

しかし、世界に流通するようになってから品種改良も進み毎年のように新種がでてきているそうです。

そして現在は多彩な花色と、一重や八重、スパイダー咲きやセミダブルなど花形のバリエーションもたくさんあります。

その数は、2000種類を超えるといいます。

小鉢や寄せ植えに向く丈の低い小型のものから、切り花用の高性種、花壇向きのガーデンガーベラもあるので用途もとても多く、多彩なお花です。

ですので、もちろんプレゼントするのにもとても人気です。

ガーベラは、陽気で明るい姿をしているお花ですので花言葉もポジティブなものが多いですね。

それでは、ガーベラの花言葉をみていきましょう。

 

 

ガーベラの花言葉

【希望】【絶えず進展】

ガーベラのお花全般の花言葉は、希望、絶えず進展です。

ガーベラの陽気で明るい雰囲気そのままの前向きで元気な花言葉ですね。

 

gerbera-1296607_640
 

 

ガーベラの花言葉【ピンク】

【崇高美】【神々しい愛情】 【子供にかえる】

ピンク色のガーベラの花言葉は、崇高美、神々しい愛情、子供にかえるです。

すっくと伸びた茎に咲くピンク色の大きなお花が、気高き美しさを感じさせるのでつけられた花言葉なのでしょう。

ピンクの色もベビーピンクのように生まれたての赤ちゃんのほっぺのような色から赤みが濃いピンク色までかなりのバリエーションがあります。

子供にかえるというのもういったことから持ち合わせているのですね。

崇高で純真な花言葉をもつお花ですので、大切に想う相手へのプレゼントとや結婚式やプロポーズなどにもピンクのガーベラは、ぴったりですね。

もちろん、ピンクのガーベラは優しく穏やかな包み込むような愛を感じさせてくれますので、自身のために日常にも使いたいお花ですね。

 

 

flower-63818_640
 

ガーベラの花言葉【赤】

【神秘】【燃えるミステリアスな愛情】 【挑戦】

赤色のガーベラのお花のの花言葉は、神秘、燃えるミステリアスな愛情、挑戦です。

赤い色はやはりちょっと情熱的や謎めいた妖しさといった感じの言葉が並びます。

赤い色にはやはり、神秘性やミステリアスといったものを連想させるのですね。

チャレンジといった闘志も出てきそうなお花になります。

いわれています。赤いだけあって情熱的です。

これから何かにチャレンジする人や、愛の告白を情熱的にしたい方にはこの赤いガーベラを使った花束のプレゼントもいいですね。

 

gerbera-701183_640
 

ガーベラの花言葉【白】

【律儀】【期待】

白いガーベラの花言葉は、律儀、希望です。

白い色は、清純で、どんな色にも染まらな色です。

その神秘性と清潔なをイメージからの律義さ、そしてガーベラ本来の未来志向な希望といった花言葉が与えられています。

もちろん、期待といった意味でも結婚式のブーケにとても適しているお花だと思いますね。

 

また、律儀といった意味からも社会的に必要な部分を表した花言葉をもつ白いガーベラは学校への入学や就職のお祝いなどに使ってもらうのがふさわしいお花だと思います。

律儀はなんか堅苦しいような感じもしますが、人に受けたご恩を律儀に返すことが繁栄につながるといったことで、職場に白のガーベラがあると良い影響を与えてくれそうですね。

 

 

gerbera-1346587_640

ガーベラの花言葉【オレンジ】

【探究心】【我慢強さ】

オレンジ(橙)色のガーベラのお花の花言葉は、探求心さと我慢強さです。

オレンジ色は誰でも元気になるビタミン的、健康的色ですね。

探求心はとにかく、何事にもチャレンジすることに通じる人にはなくてはならない心です。

商売や起業など、人生の岐路にたって新しいことへのチャレンジする人や頑張り続ける魅力的な人に、贈ってもらうといいですね。

また、自身が新しく何かを始めた時にもそばに置いてパワーをもらいたいお花です。

とも言っていいですね。



スポンサードリンク
 

 

gerbera-13898_640
 

ガーベラの花言葉【黄】

【究極美】【光りに満ちた】【極限の愛情】 【馴染みやすい】

黄色のガーベラのお花の花言葉は、究極美、光に満ちた、極限の愛情、馴染みやすいです。

長い年月をかけて培った究極の美を意味してるお花なのですね。

若さの美しさなどの一時のものではない内面からにじみでる美しさなどの究極の美や長い間、一緒にいた者同士にしか分からない愛の重さなどを超えた極限の愛情といった花言葉から連想されるように黄色のガーベラは決して見飽きない美しさをもったお花です。

見せかけのものではない、美や愛情を求め着ると結局、長年連れ添った夫婦のように馴染みやすいという意味にもなっていくのでしょうか。

やはりこの黄色いガーベラは、長い間付き合ったカップルやご夫婦などの記念日に感謝の気持ちこめてや家族へ贈るといったことに使ってほしいお花ですね。

また黄色はご存知の通り、金運があがるなどの効果もありますので、店舗の記念日などのビジネスシーンにも使えますね。

 

gerbera-1365459_640
 

ガーベラの花言葉【青】

【ミステリアス】【未熟なレディー】

青いガーベラの花言葉は、ミステリアス、未熟なレディーです。

青いガーベラ自体まだそんなに見かけるお花ではありません。

そういったことから「神秘的な」「謎めいた」という連想からミステリアスといった花言葉が充てられているのでしょう。

そして、その神聖さと持って生まれた気品からくる未熟であるすでに淑女であるということなのですね。

このお花はみつけたこと自体がとても新鮮です。

そして、気品高いお花です。

そんな花を贈ろうと思う相手は男女問わず、やはり特別な存在なことであることでしょう。

 

ガーベラの花言葉【その他品種別】

その他、品種改良で様々な色も形も出回ったガーベラですので種類別での花言葉をいくつかご紹介いたします。

アイリーンの花言葉は、【ボランティア】

アラジンの花言葉は、【マイペース】

アンビションの花言葉は、【芯の強い人】

サータキーの花言葉は、【友情】

スノーダンスの花言葉は、【儚い気持ち】

スパイダーの花言葉は、【崇高美】

イメルダの花言葉は、【ひかえめ】

イリュージョンの花言葉は、【幾何学的思考】

キムシーの花言葉は、【日向ぼっこ】

スパンキーの花言葉は、【独創性】

ゼンの花言葉は、【ひたむきな愛】

ディリアの花言葉は、【陽気に誘われ】

ハイジの花言葉は、【平静】

ベントレーの花言葉は、【怪しい誘惑】

ブラーパの花言葉は、【素直】

ホワイトイルージョンの花言葉は、【緊張感】

ランバダの花言葉は、【恋の炎】

ローズマリーの花言葉は、【正々堂々】

このようのガーベラのお花の品種ごとにも花言葉があるのですね。

ガーベラの種類は数えきれないくらいにありますので、全部に花言葉があるのかはわかりませんが、新しいお花にはそのお花自体からくる印象とガーベラ本来の意味から考えて花言葉が与えられているのでしょう。

 

ま と め

今回は、ガーベラの花言葉の意味が色別に違うといったことからピンク色・赤色・白色・オレンジ色・黄色・青色と

品種ごとに与えられた花言葉についてお伝えしました。

ガーベラは現在はフラワーアレンジメントや切り花として幅広く使われているので知っている方ももちろん多いかと思います。

種類が2000種以上もあるといわれまだまだ種類は続けていると言われています。

ガーベラは、細い花びらが特徴ですが、キク科の仲間だったのですね。

花言葉は、色別そして品種ごとにもちゃんと花言葉がつけられてきているのが驚きでした。

この花言葉の意味の組み合わせでガーベラだけの色さまざまの花束も素敵ですね!