iphone6中国北京で販売停止命令!アップル知的財産権敗訴と画像比較

中国北京市で、中国メーカーが米アップルに対して訴えてた問題。

『iPhone6(アイフォーン)』が製品に中国メーカーの販売しているスマートフォンのモデルと外観が酷似しているといった訴えを認めた。

これによって『iPhone6(アイフォーン)』の北京市内での販売停止を命じた。このiPhoneの本家を米アップルを訴えそれが認められるというに本末転倒さにびっくりした人も多いのではないでしょうか。これってほんとうなの?ということと問題の中国メーカーの販売しているスマートフォンの画像比較などもお伝えします。



スポンサードリンク
 iphone-569065_640
 

中国メーカーの販売しているスマートフォン

北京市の知的財産権局が、米アップル社の販売している『iPhone6・6 plus 』のデザインは国内ベンダーのスマートフォンを模倣していると認定した。それにより米アップル社に対して販売停止を求める仰天命令をだした。

米アップル社と中国で販売を請け負う中复公司に対し、意匠権を侵害しているとして『Phone6・6 Plus 』の販売を控えるように命じたとのことだ。

『 iPhone6・6 Plus 』のデザインが、中国深センの佰利(baili)公司が権利を所有しているスマートフォン『 100c 』を模倣していると訴えを認めた形だ。

佰利公司の実態はほとんどなく、いわゆる「山寨(ニセモノ)」の製品を取り扱う企業だと見られています。

北京市の知的財産権局は、『 100c 』と『 iPhone6・6 Plus 』の違いは存在するものの、消費者が注意してみなければ分からないようなぐらいの差であるとしている。

このようなのことだが似ているのでしょうか?

『 100c 』

acc1630b-s (1)
『 iPhone6 』と『 100c 』

キャプチャ
 

 

そもそも真似をしたのはどちらなのか?

北京市の知的財産権局は「特許侵害紛争処理の決定書」を公表している。

これに対して米アップル社は、外観は似ていないし、特許権も侵害していないとして取り消しを求めている。

中国メディアによると、司法の判断が確定するまでアップルは販売を継続できるということだ。



スポンサードリンク
iphone-6-458150_640
 

 

iPhone6販売停止命令についての声

自己中な後進国の身勝手な措置。世界中の笑い者だ!に本末転倒。自己中な後進国の身勝手な措置。世界中の笑い者だ!

 

そのうち上海市がミッキーマウスを、中国製ネズミキャラに酷似しているということで訴える予感。

中国でiPhone6そっくりのスマホが売られてると聞いは聞いていましたが、

てっきり、その種の話かと思ったらと思ったらその問題の佰利公司のスマホが本家だとするってほんとう目茶苦茶ですね。

 

こういうの見るとアメリカが真にTPPに巻き込むべきは中国だと思う。よりによってアップル敵に回しちゃうとこが、おもしろい。

ほんとうにたくましい国です。

アップル社といった誰もが世界中で知らない人はいないというような大企業にもこれですから、名も知られてないような小さい会社だと簡単に中国では飲まれてしまうのでしょう。

恐ろしいことです。

パクったのはどっちなんだ、、、、 iPhoneの方がどう考えても昔からあるだろwwwww

 

中国はほんとアメリカの悪いところばっかり真似してるよね。

 

なんでもありだなw 著作権無視、コピー品溢れてる事は棚に上げて。

 

すごく中国らしいニュースととるかどうかですが、アップルがデザインをパクっているってことを「山寨(ニセモノ)」の製品を取り扱う企業が訴えそれが認められるといったことはありえる国というのが驚きです。

 

ま と め

中国北京市の知的財産当局が米アップル社に対して『iPhone6』を北京市内での販売停止を命じた問題についてお伝えしました。

お伝えしたように米アップル社は、中国のiPhone6の販売停止命令を受けてもちろん、すぐに中国の知的財産権局を提訴しています。

販売停止命令の撤回と同時に、『iPhone6・6 Plus』が特許権の保護対象範囲から外れている点を指摘しています。

もし、米アップル社がこれを敗訴すれば中国国内で『iPhone6・6 Plus』を販売することができなくなるります。今後も注目したいです。

最近も中国では、革製品を手掛ける企業が「IPHONE」を商標登録、アップルの商標権独占を認めないとする判決が下されている。

真正面からアメリカにいちゃもんをつけに行く態度はさすが中国だと思わざるえないです。

やってることが逆だだれもが思うこの問題ほんとうにこういったことが続くようであれば、中国に外国のメーカーが進出するのはリスクが大きすぎてできないといった状況になるのではないでしょうか。

iPhone8の発売日と値段予想まとめ!デザインや機能はどうなる?

2016年中にいよいよiPhone7が発売されるといわれて盛り上がってきてます。まだ、iPhone7が発売されていないのにという感じですが、すでにiPhone8も気になっているiPhoneファンも多いのではないでしょうか。すでに情報も出てきてます。

そこで、iPhone8の発売日と値段予想まとめとデザインや機能はどうなるかなどとまとめてお伝えします。



スポンサードリンク
2-iPhone8-Concept-16
 

過去のiPhone作品の歴代発売日

■初代iPhone    2007年6月29日(金)

■iPhone3G      2008年7月11日(金)

■iPhone3GS    2009年6月19日(金)

■iPhone4        2010年6月24日(木)

■iPhone4S      2011年10月14日(金)

■iPhone5          2012年9月21日(金)

■ iPhone5s/5c   2013年9月20日(金)

■ iPhone6/6 Plus  2014年9月19日(金)

 

 

 

iPhone8の発売日は?

歴代iPhoneの発売日を見てもわかるように発売日の曜日はほぼ金曜日ですね。

発売時期は、以前(iPhone4)までは、初夏6月~7月始めあたりの販売です。

最近(iPhone4S~)は毎回秋に出ているのですね。

そして、iPhone5以降は9月の第3金曜日に発売されているといったことが

わかります。
したがってiPhone7は2016年の秋での9月の第3金曜日に発売されることが予想できます。

ということは、iPhone7の発売日は、今年の秋、9月16日(金)といった線がつよいですね。

 

そして、iphone8の発売日ですがこの傾向でいくと2018年の秋といったことを考えるのが順当です。

ただ、初代iPhone発売から10年となる2017年iphone8を発表ということも考えられますね。

iPhone発売10周年になにかやはりあると考えれます。

そして9月の第3金曜日だとするとはやくて、

2017年9月15日(金)

通常の2年に一回のとなると2018年9月14日(金)になりますね。

 

今のところ、iphone8の発売日を2018年9月14日(金)にということが可能性が高いかなと予想します。

追 記(2017年9月13日)

米Apple社は、9月12日(現地時間)に、iOS搭載スマートフォンの新モデル「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」を発表しました。

9月15日(金)16時1分から予約を受け付け、9月22日(金)に発売といったことになるそうです。

やはり、初代iPhone発売から10年となる2017年iphone8を発表したということですね。

価格は7万8800円(税別、以下)からになるようです。

 

【iPhone 8】

■64GB 7万8800円
■256GB 9万5800円

【iPhone 8 Plus】

■64GB 8万9800円
■256GB 10万6800円

このように「iPhone8/8 Plus」は64GB 256GBの2容量で

色はシルバー・ゴールド・スペースグレイ

iPhone 9をとばしてiPhone Xも同時に発表されました。

iPhone Xは、有機ELディスプレイを採用し、ディスプレイ周囲のベゼル幅を狭くした最上位モデルなのだそうです。

「iPhone X」も64GB /256GBの2容量で

色はシルバー・スペースグレイの2色になります。

 

iPhone8の予約方法は?

どうしても最初にiphone8を手に入れたいですよね。

もちろんiphone8の発売日にApple Storeなどに行ければいいのですが、

行けない方は公式オンラインショップ、で早めに予約の申し込みをお勧めします。

初回出荷分をゲットするには予約開始時間直後に申し込むことが必須です。

オンラインならスマホや携帯からだと「契約者情報」を入れるだけで1分以内で申し込めるというふうになると思います。

一度キャリアに問い合わせてみてください。


スポンサードリンク
 

 

iPhone8のデザインや機能どうなる?

iPhoneシリーズは、これまで2年に1度、大幅なデザイン変更が施されてきました。

現在発売中の最新シリーズiPhone6/6 Plusの発売時の大きな変化は、なんといってもiPhone5sからディスプレイサイズが大型化したこと。

そしてやや丸みを帯びたデザインに変更されたことですね。

iPhoneのデザインはやはり、iPhone発売10周年となると合わせてインパクトのある変更があるのではないでしょうか。

 

■iPhone8のデザイン予想1 ボディ全体がガラス製

見た目の大きな変更が考えられるのはiPhone8は、ボディ全体がガラス製になるということです。

これはインパクト大ですね。

しかし、落下時の破損を心配する方も多いと思います。

Appleが新技術を採用してiPhone8にシルバー・ナノワイヤ技術が使われれば、美しさと強さを兼ね備えたiPhoneが10周年にふさわしいのではないでしょうか。

 

■iPhone8のデザイン予想2 フレキシブルディスプレイ

iPhoneでは、柔軟に曲がるフレキシブルディスプレイが採用される可能性があります。タッチパネル技術に強みを持つAppleの主要サプライヤーが、新技術を採用した製品を発表しています。

Appleの主要サプライヤーである台湾のTPK社は、タッチパネル技術が強みで、iPhone6sの3D Touch用部品などを製造しています。

そのTPK社のCEO、Michael Chung氏が、柔軟で耐久性に優れたフレキシブルディスプレイを可能にする技術を採用した製品を、今年後半には出荷予定であると発表しました。

 

■有機ELディスプレイが搭載

アップルは、2017年秋に、有機ELをiPhoneに採用する予定であることがわかっています。

ですので、iPhone7sになるのかもしくは、iPhone8はから有機ELディスプレイが搭載されることになります。

当初2018年から搭載予定だった有機ELを、1年前倒しした2017年よりiPhoneに導入する予定だということです。

これもiPhone 10周年に向けてのものでしょうか。

有機ELディスプレイは、現在アップルが採用している液晶ディスプレイと異なり、色彩豊かで省エネを実現されます。

さらにはバックライトを必要としないため薄型化に寄与、曲面ディスプレイも可能と、素晴らしい可能性を秘めています。

 

 

■iPhone8のコンセプトデザイン

2014年末にはキルギスタンのグラフィックデザイナー、Steel Drake氏による「iPhone8」のコンセプトデザインがすでに公開されています。

1-iPhone8-Concept-14
公開されたiPhone8のコンセプトデザインでは、サイズやスペックの情報は含まれていませんが、滑らかな曲線を多用したフォルムはiPhone6の流れを踏襲しているようです。

3-iPhone8-Concept-3
4-iPhone8-Concept-2
 

カラーバリエーションとして、iPod nanoのようなポップな色のモデルも追加されるみこみ。

5-iPhone8-Concept-21
 

12月27日に海外メディアのGadget InsidersがiPhone8の新たなコンセプトデザインもさらに追加公開

iPhone-8-concept-1-490x388
 

■iPhone8新機能

25メガピクセルのリアカメラのほか黒い部分は太陽光パネルになっているそう
サイドには着信があった際などに光るLEDライトが搭載!

iPhone-8-concept-6-e1419780921668
前面には5メガピクセルのフロントカメラ、サイドにはキーボードプロジェクターが搭載。

iPhone-8-concept-5-e1419780933419 この部分からレーザーを対象物に照射することにより、テーブルなどをキーボードにすることができるようです。

プロジェクターになるとは、もはや何ものにまでなるのでしょうか。

すごすぎますよね。

iPhone8の値段予想

iPhone8の値段予想ですが、まだまだ早いかもしれませんがと思いますが、ちょっと今の情報での値段を考えてみたいと思います。

iPhone7Plusから最大容量が256GBとも言われています。

そうなると

iPhone8のラインナップは16GBはないとしてこのような感じになりそうですね。

iPhone8   32GB

iPhone8   64GB

iPhone8   128GB

iPhone8   256GB

 

iPhone8Plus 32GB

iPhone8Plus 64GB

iPhone8Plus 128GB

iPhone8Plus 256GB

 

今、Apple Store 扱っているiPhone6の値段はこのような感じです。

iPhone6 SE  16G 47,800円(税別)~

iPhone6 SE  64G 59,800円(税別)~

 

iPhone6    16G 67,800円(税別)~

iPhone6    64G 78,800円(税別)~

iPhone6Plus           78,800円(税別)~

 

 

iPhone6s   16G 78,800円(税別)~

iPhone6s   64G 89,800円(税別)~

iPhone6s   128G 1,01,800円(税別)~

iPhone6sPlus          89,800円(税別)~

 

 

 

現状況での予想ではiPhone6からの推測となりますが、

機能がiPhone8からかなり上がってくることも考えてこのように予想しました。

 

iPhone8   32GB     79,800円

iPhone8   64GB    89,800円

iPhone8   128GB    99,800円

iPhone8   256GB       110,800円

iPhone8Plus 32GB           89,800円

iPhone8Plus 64GB           99,800円

iPhone8Plus 128GB       100,800円

iPhone8Plus 256GB       120,800円

 

いかがでしょうか。

あくまで予想ですが、予算などの参考にしてみてください。

 

 

ま と め

今秋発売されるといわれているiPhone7の次のiPhone8についてお伝えしました。

まだ、iPhone7が手元にきていないのに気がはやいかもしれませんが、iPhone6sから比較的小規模な変更にとどまるのではといわれるiPhone7は新鮮味に欠けるとみられています。

本体背面のアンテナラインの廃止のほか、ヘッドホン端子の廃止、iPad ProのようなSmart Connector端子によるキーボード接続などのマイナーチェンジのようなものかもしれません。

なのでiPhone10周年を迎えもする頃に発売するのではといわれているiPhone8についてお伝えしました。

また、随時情報が入れば更新していきたいと思います。