金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

開店祝いの花は持ち帰りする?OKな地域といつから持ち帰っていいのか

   

     

お店が開店するときに店の前にならぶお祝いの花スタンド、

華々しくてきれいですね。

この花スタンドの花を勝手に持って帰っていいというのは知っていましたか?

その風習は地域によって差があるようです。

何故持ち帰りOKなのかやいつから持ってかいっていいのか等を調査しました。


スポンサードリンク
 

開店祝いの花は持ち帰りOK?

新規オープンのお店や新装開店のお店の店頭に並ぶ豪華なお花がたくさんはいったスタンド花!

スタンド花は、商売を始めると時に

知人や友人、

お店の取引関係の会社

などがこれからのそのお店の商売繁盛を願ってお祝いに贈るお花です。

そのお店の前にあるお花を勝手に持って帰っていいのだというところがあることを知っていましたか?

少し前まで、開店するお店の前には花輪も飾られることが多かったですが、最近ではそのお店のコンセプトや雰囲気にある花スタンドが飾られていることがほどんどです。

ふと通りかかった道に花スタンドが飾られていると

「あ~この新しいお店ができたんだ。」

と意識的にみるようにもなり、宣伝効果もありお祝いとしてはピッタリですね。

その宣伝効果にも一役かっているスタンド花

せっかく贈られたお花を持ち帰る人を「ニコニコ」見守る店の人

そんな構図を見かけたことありますか?

 

東京などの方はこの光景をみるとびっくりされるようですが、

名古屋や大阪、奈良などではよく見かける風景です。

 

そうなんです。

地域によっては開店祝いの花スタンドの花は勝手に持って帰ってOKなのです。

 

開店祝いの花は何故持ち帰りしていいのかの意味

何故勝手にお花を持って帰っていいのでしょうか?

それにはちゃんとした意味があります。

頂いたお花のお祝いのおすそ分け

とした意味です。

そして、

早くお花がなくなるほど店が繁盛する

ともいわれます。

逆に花が残っていると店が繁盛しないと言われてしまいます。

開店後、何日も日経過してもスタンドに花が残っている人気がない店

判断されてしまうこともあるようです。

スタンドに飾られている花が枯れないうちに持って帰ることは店を思ってすることである。

 

枯れてしまっては縁起が悪く、店が繁盛しない

このような意味があるので、

マナーとして祝い花を持ち帰る方もいるほどです。
店側もそういったことは理解されていますので、どうしても抜かれたくない場合は、スタンド花をビニールで覆ったりするなどされていますので

通常に飾られている場合はお店側も基本的には大歓迎なのです。

 


スポンサードリンク
 

花の持ち帰りがOKな地域とダメな地域

といっても開店のスタンド花を持ち帰ることが常識と考えられている地域とそうでない地域があります。

祝い花の持ち帰りの習慣が根付いている地域は名古屋

だといわれています。

その他はダメなのかといえば大阪や関西もOKな地域が多いです。

大阪でもお店の開店したあとに店の前にある穴ぼこだらけのオアシスをよく見かけます。

東京や関東ではそのような

オープンしたての飲食店に人が群がり、お花を持って行ってしまう光景

をみてびっくりされる方も多いようです。

しかし、関東でもこの風習の意味をちゃんと知っている人はいるので

そのような方は抵抗なく、関東でも花を持ち帰りされる人もいるようです。

ほかにも北海道でも縁起物としてとらえている地域もあるようです。

そのように関西や東海地方はもちろん新潟や四国地方の方などでも知っている方は知っている慣習なのです。

また、韓国の釜山でも開店祝いの花を持ち帰る風習あるのだそうです。

名古屋では、葬儀の花も持って帰り故人の死を惜しむといった風習もあるようです。

大阪にはそれはありません。

 

このようにお店の開店祝いのお花を持って帰っていいと

知っている地域はやはり、名古屋近郊や関西が多いようですが、そのような地域であっても

年配の方は知っていて若い人は知らないなどだんだん薄れていっている風習であるかもしれません。

伝えていかないとなかったものになりますからね。

そういしたこともあり、

縁起がいい行為とはいえ、風習を知らない地域や人にとってはびっくりされますので、微妙な地域の場合はお店の人に確認をとってからお花を持ち帰るようにしてください。

 

いつから花を持ち帰っていいのか?

お店の前のスタンドのお花はいつから持ち帰ってもいいのでしょうか?

お花を持ち帰ってもいい地域でもお花を持ち帰るのはお店が開店オープンした後です。

それまでは裏を向けておくお店もあります

そのお店のオープン後は、名古屋などは開店後10分後にはまったくなくなってしまうことも珍しくないないようです。

ちなみに

生花でなく造花や

店内に置いてあるお花や鉢植えの花は

勝手に持ってかえってはいけません。

 

ま と め

開店祝いの花は持ち帰って大丈夫なのかと持ち帰りOKな地域といつからか持ち帰っていいのかなどを調べてみました。

やはり一番盛んなのは名古屋だそうですね。

大阪や関西でもよく見かける風景なのですが、やはり若い方はその風習をしらないのでびっくりする人も多くなってきました。

他にも新潟や東海地方や北海道など地域でも知っている人や知らない人などの人口の差があるようですね。

根付いている地域はお花をもってかえってくれることが愛される店の条件ともとらえているようです。

また、どうしてもすぐになくなっては困る場合は、「〇〇時までは持って帰らないで下さい。」といった張り紙をしていることもあるそうですよ。

開店祝いのお花を持って帰る行為はそもそも縁起がよい行為ですが、マナー違反にならないように地域性も考えて確認をとって行うようにしてくださいね。

スポンサードリンク

 - 生活