金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

妬み・嫉み・僻み・辛みの読み方と意味の違い!使い方をわかりやすく

   

     

日本語は似たような感じで同じような意味で捉えてしまいがちな言葉があります。

【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】もそのような言葉です。

こうやって見ただけでも

「あれ、どう読むんだっけ?」「意味は違うの?」と疑問に思いがちです。

そんな言葉の【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】の

読み方や意味についてわかりやすくご紹介していきます。


スポンサードリンク
 

妬み・嫉み・僻み・辛みの読み方と意味の違い

妬み 嫉み 僻み 辛み 読み方 意味の違い 使い方 わかりやすく
まずは【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】の

それぞれの読み方と意味について見ていきましょう。

 

 

・【妬み】の読み方と意味

【妬み】は「ねたみ」読みます。

「嫉妬」に使われる漢字なので

「嫉み(そねみ)」と混同されがちな言葉です。

【妬み】の意味

自分より優秀な人を羨む様子や、幸福、幸運など

自分がないものを持っている人を憎む様子

・相手に敵わないという思いから悔しがる様子

・ねたむこと。嫉妬。

このような自分より優れた人に対してうらやましがるといった

意味合いを指す言葉です。

 

・【嫉み】の読み方と意味

【嫉み】は「そねみ」と読みます。

「妬み」と似たような漢字のため、

読み間違われやすい漢字です。

そして、意味も似ています。

【嫉み】の意味は、

自分より優秀な人や優秀な点を気に入らない様子。

・人をうらやましがり自分に劣等感を感じる感情

ストレスがたまっている様子。

といったように自分より優秀な人と比べて何か気に入らない、劣等感といった感情を表す意味ですね。

その比べてうらやましいと感じる先が、

【妬み】と違い自分に対して向かっているといった感じです。

 

 

・【僻み】の読み方と意味



スポンサードリンク

【僻み】は「ひがみ」読みます。

「彼女はわたしの事をひがんでいる」

といったような使い方をすることがありますが、

どういう意味なのでしょうか。

【僻み】の意味は、

偏見を含んだ考え方や思い。

・物事を素直に受け取らずひねくれた心でとらえ、自分が悪く扱われていると考えてしまうこと。

・褒められたり、良い事を言われたのに関わらず、マイナスに捉えてしまう様子

・相手に対して偏見の気持ちから決めつけてしまう様子。

といった意味で、

少し曲がったとらえ方をしてしまうことを表す言葉です。

 

・【辛み】の読み方と意味

【辛み】は「つらみ」読みます。

「恨みつらみ」の「つらみ」です。

【辛み】の意味

・つらいこと

積もり積もった様々な恨み

といった意味で文字通りの辛いこと以外に積もり積もったといった

1つのことだけでないといった意味合いがあります。

 

このように、これら【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】

の4つの単語は

どれも相手に

対するマイナスの感情を表しているため

似たように感じられ、違いあいまいになり、

間違いやすい単語です。

 

妬み・嫉み・僻み・辛みの使い方



スポンサードリンク

では、具体的に【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】の違いをどのように

使い分けていけば良いのでしょうか。

 

「ドラえもん」のキャラでわかりやすく説明してみます。

 

まず、のび太くん一般家庭なので、

いつでも

欲しいものを買ってもらえるわけではありません

しかし、友達のスネ夫お金持ちなので

両親に欲しいものを色々買ってもらえます

ある日、空き地に行くと

スネ夫は買ってもらったばかりのラジコンを友達に見せて自慢していました。

「羨ましい」と思ったのび太くんは両親にお願いしますが、

買ってもらえません

そのことから

スネ夫「妬み(ねたみ)」ます。

 

そして気分を変えて

しずかちゃんの家に行ったら、

出木杉くんがいてしずかちゃんとこれから一緒に宿題をすると言います。

「のび太さんも一緒にやりましょうよ」

としずかちゃんは言いましたが、

のび太くんは出木杉くんに対して

「嫉み(そねみ)」があります。

出木杉くん何でもそつなく出来る

完璧男です。

勉強も運動もできないいつも失敗ばかりの

のび太くんは勝つ要素がみつかりません。

なので一緒にいても

しずかちゃんに良いところを見せられることはないでしょう。

そう考えたのび太くんは遊ぶのを諦めて帰ることにしました。

「どうせ僕なんて何もできない」

自分で「僻み(ひがみ)」

走って行ったのです。

すると途中で運悪くジャイアンにぶつかってしまいました

むしゃくしゃしていたジャイアンは

のび太くんこてんぱんにやっつけてスッキリして帰っていきました。

 

のび太くん毎日こんなことが続いてその恨み「辛み(つらみ)」から、

「何とかしてジャイアンを

コテンパンにしたいから道具を出してよ」

とドラえもんに言いました。

こんな感じで

のび太くんが、スネ夫や出木杉君、ジャイアンに自分に対して

【妬み】・【嫉み】・【僻み】・【辛み】の感情が出てきたのです。

 

 

ま と め

このように、「妬み・嫉み・僻み・辛み」は似たような意味合いで捉えがちですが、

少しずつ違います。

「妬み・嫉み」は「嫉妬」という言葉もあることから

同じ意味合いで考えられがちですが、

僻みひがみは自分自身の心の問題。
妬みねたみは自分のゆがんだ心が対象の相手に向かう。

「僻み」や「辛み」は全く違う意味合いです。

使うときには注意するようにしましょう。

スポンサードリンク

 - ことばの意味や使い方