NHKアナウンサーフライデー早川美奈の父親は?高校や大学と将来の夢

NHKアナウンサーフライデー不倫記事から数日か経っています。NHK山梨放送局の夕方のニュース番組を担当している男女のアナウンサーどうしが番組終了の1時間後には国道の停車帯に車を停めて・・・。といった衝撃の内容だっとですね。番組の降板直後に早川美奈アナウンサーのプロフィールがそうそうに削除されたこともあり、結局どんな人だったのかといった興味性も薄れてません。そんな早川美奈アナウンサーの父親のことや高校や大学と将来の夢について調べてみました。



スポンサードリンク
 

E697A9E5B79DE7BE8EE5A5884

早川美奈の高校と大学について

早川美奈アナウンサーの出身高校は山梨県内のトップクラスの進学校である

山梨県立甲府南高校
と言われています。

山梨県立甲府南高校SSH(スーパーサイエンスハイスクール)コース所属だったようです。

 

 

そして、大学は山梨大学工学部機械工学科

に進学した早川美奈さん。

大学の学科別の女子比率というデータがある分野別に見ても、工学系は最も女子が少ない科です。

全国平均的には12%くらい。

早川美奈さんの時の工学部機械工学科の女子は60人中3人だったみたいですね。

全国平均よりも更に低いに5%ですね。

たった三人の女子に先生や男子学生からも結構優しくしてもらっていたと早川美奈さんも言っています。

サークル活動などでは アイスホッケー部のマネジャーをしていたそうです。

とにかく、女性では少ない理系が得意で、まわりも女性が少ないので男性の中で生活していたのですね。

それが今回の奔放な振る舞いに通じているのかはわかりませんが、そういった環境の中でチヤホヤされてまた、恋愛体質であるのかもしれませんね。

 

 

早川美奈さんの将来の夢

早川美奈さんの子どもの頃からの将来なりたかった夢の職業は「アナウンサー」「研究者」だったみたいです。

高校やそうした分野に進み学びを深めてきた。

そうした経験の中で医療機器関連の研究に興味を持つようになった早川美奈さん

山梨大学工学部の水口義久先生が医療機器系を専門にしていることら、医療機器の研究をしたい一心で機械工学科を選んだと言います。

卒業研究も入学のときから希望していた水口研究室に入り「骨粗鬆症の足部関節における三次元生体適応形状解析」というテーマの研究をしていたそうです。

しかし、ものづくり実習という、授業で鍛造の実習をしたとき、熱した鉄にスタンプという型のようなものを乗せ、その上から30kgのハンマーで叩くというものをペアでしたときのことです。

一人がその鉄を抑えて、一人がハンマーを振り下ろす、という作業のだが、早川美奈さんは抑え係をやってもハンマー係にをやっても30kgの重さに大苦戦し、ほかの人の倍以上時間がかかってしまったらしいのです。

女子には力仕事は厳しいといったことを直面して機械系の職業や研究者といった道にも不安を感じるようなってきます。

そうしたことからもう一つの憧れ、アナウンサーやキャスターへの道が大きくなってきたようですね。

そしてアナウンサースクールに通い2011年の卒業後の2012年に、夢のとおりにアナウンサーになることができたのですね。

そんなせっかくかなった夢のアナウンサーの道が今回のようなことで自身でたってしまったといったこととても残念です。

地方局といったとで油断なのでしょうか?




スポンサードリンク
 241243f5626ad3f22bfc536f91c4a933

早川美奈さんの父親

早川美奈さんのお父さんは工学系の研究者であるそうです。

そのお父さんの影響で早川美奈さんもアナウンサーともう一つの夢である研究者というものにあこがれていたようですね。

その夢に向かって一直線で高校でもSSH(スーパーサイエンスハイスクール)コースに所属。

“サイエンス”の 授業もたのしいといったことしかなかたそうです。

筑波のJAXAや岐阜県のカミオカンデに行ったりした筋金入りの“サイエンス”少女である。

早川美奈さんは、お父さんの研究する姿を見ながら一時はそうった道も目指そうとしていたのですね。

そんな憧れのお父さんと同じ研究者といった道も今回のことでなにかくるってしまったような感じですね。

 

ま と め

NHKアナウンサー不倫フライデー記事の早川美奈さんの父親や高校や大学と将来の夢など調べてみました。

父親は研究者でその背中をみて早川美奈さんは研究者を目指していたことがわかりました。

「湖衣姫コンテスト」して特別賞をもらったり、順風満帆であった学生時代にみえます。

そしてもう一つの夢である「アナウンサー」にせっかくなったのにもったいないことですね。

早川美奈さんは今回のフライデー記事でとられた写真があまりに生々しいものでしたのであとあとの将来が心配になります。

才女で自身の夢に向かって努力し続けてきた早川美奈さんです。

再度、研究者の道に向かってといったこともあるかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください