芸能

高畑充希って東大阪の社長令嬢なの?偏差値70の超名門校って?

NHK朝ドラで今世紀最高の視聴率となった『あさが来た』に続き、第94作目となる『とと姉ちゃん』ですが、(4月4日~)が好発進を遂げてヒロインを務めているのは高畑充希さんも注目があつまってきてますね。


スポンサードリンク


高畑充希6
主演の高畑充希 とは?

 

高畑 充希(たかはた みつき)プロフィール

高畑充希8
生年月日:1991年12月14日

血液型:AB 型

身長:158cm

事務所:ホリプロ

 

高畑 充希の出身地は?

高畑充希さんの出身は大阪府東大阪市です。

東大阪市といえば中小企業の町として有名です。

世界的にみてもシェアがトップや専売特許を持っている会社も多数あります。

 

高畑充希さんのご実家も大阪府東大阪市のスプリングや弾性材を製造するメーカーです。

つまり、高畑充希さんは社長令嬢と育ってきたということです。

 

幼稚園のころから塾や習い事に追われる日々だったとか。

実は高畑充希さんのご両親が大のミュージカル好きなことから、

 

幼い頃から『レ・ミゼラブル』やら『オペラ座の怪人』やら、いろんな舞台を見に行っていたのだそうです。

なので、小学校の頃にはもう“舞台女優になる”って言っていたとか。

 

高畑 充希の中学受験した中学校は?

そんな社長令嬢として恵まれた家庭に生まれ育った高畑充希さんは、

中学受験を経験しています。

 

そして、目指していた中学校に見事合格しています。

そして小学校卒業後に中高一貫の超名門校に進学しました。

 

その中学校は、関西きっての進学校でその偏差値は70超え!

 

大阪では有名な進学女子校です。

高畑充希7
 

その学校とは?

 

四天王寺学園ですね。


スポンサードリンク


四天王寺学園は1922年、聖徳太子1300年御忌記念事業として天王寺高等女子校が創設されたことに始まる仏教系の女子校。

 

聖徳太子の精神を具現化すべく、校訓に「和を似て貴しとなす」を掲げ、文武両道の教育が魅力です。

 

関西の方には大阪にある女子校でトップの進学校として有名な学校です。

 

京都大学、や阪大に国公立大学医学部に毎年50人以上合格させる進学校として知られています。

 

しかし、彼女は舞台女優になること夢見て、

 

中学在校時にホリプロのオーディションに合格して四天王寺をやめて東京の高校へ進学するのですね。

 

ちなみに現在、法政大学です。

 

彼女自身、

高畑充希3
 

『中学受験が一番大変だったと思います。人生で一番勉強した時期でした。
小学校のときから舞台女優になるのが夢だったので
そのために早稲田大学の演劇研究会に入ろうと思っていました。

 

振り返ると受験は通過点だと思います。

 

ただやっているときはゴールのように思ってしまいます。

やりたいこと、興味があること、たくさん犠牲にしなければいけません。
でも、やってみてわかることもあります。
やらずに後悔するのはもったいないです。』

(asahi.com参照)

 

 

といっているようにやはり、なかなか難関な学校であるためにかなりの努力も続けられて入ったのでしょうね。

 

 

別に勉強が好きだったわけでもなく、どちらかというと嫌いだったという彼女ですが、

目標があることによってでるエネルギーってすごいです。

そういった体験を一度、くぐりぬけていることって強いですね。

高畑充希2
今もなりたかった女優さんの夢をかなえ、順々にステップアップしていかれているようですが、

この中学校受験の成功体験がベースになっているのかもしれませんね。