金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

さぬき高松まつり2018年の花火大会・総踊りの日程!穴場観覧スポット

   

     

夏になると様々な場所でお祭りや花火大会が開催されます。

そして四国で有名なのは四大祭りですが、

その一つで有名なのが「さぬき高松まつり」です。

毎年8月に開催されるお祭りで目玉となるのが総踊りと花火大会です。

では、どんなお祭りなのか、さぬき高松まつり総踊り・花火大会2018年の日程や穴場観覧スポット情報や駐車場、通行止め、雨天時情報等をお伝えします。



スポンサードリンク
 

さぬき高松まつりとは?

さぬき高松まつり 2018 花火大会 総踊り 日程 穴場 観覧 スポット

出典:http://www.discovernippon.jp/

 

「さぬき高松まつり」とは香川県の夏祭りです。

香川というとうどんが有名で、

他県からうどんを食べるために訪れる方も多くおられますね。

この「さぬき高松まつり」もとても人気で県外から見るだけでなく

参加をするために訪れる方も多いのです。

それぐらいに大規模で県全体で盛り上がるお祭りなのです。

 

では、どんなお祭りなのかご紹介していきます。

■さぬき高松まつりの2018年の日程と開催場所は?

「さぬき高松まつり」は、

香川県高松市で、

毎年8月に3日間かけて開催されるお祭りです。

2018年で53回目となる伝統的なお祭りで

2018年は8月12日(日曜日)から14日(火曜日)まで開催されます。

開催場所は、

高松の中心に位置する中央公園

高松のメインストリート中央通り

香川の玄関サンポート高松

メイン会場として様々な催しが開催されます。


「さぬき高松まつり」中でも目玉となるのが

2日目の「花火大会」

最終日の「総踊り」です。

 

「さぬき高松まつり」2018花火大会・総踊り



スポンサードリンク
 

■「さぬき高松まつり」花火大会2018年開催日時

2018年の花火大会は

8月13日(月曜日)20時から20時50分まで開催されます。

打ち上げ場所は、

サンポート高松北沖合海上で大玉やスターマインなど

約8000発が約50分間の間、

盛大に打ち上げられます。



海上に上がる花火は綺麗で迫力もあります。

観覧席サンポート高松で、

有料席もあります。

有料席の情報については

6月中旬に公式ホームページに掲載されます。

 

天候については雨天の場合は小雨なら決行、荒天の場合は中止になります。

花火大会となるとどこでも混雑しますが、

このお祭りでの前年2017年の

人出は29万人です。

駐車場はありますが、

1000台と限られており、有料です。

 

さぬき高松まつり 2018 花火大会 総踊り 日程 穴場 観覧 スポット

出典:https://plaza.rakuten.co.jp/

 

■「さぬき高松まつり」花火大会のアクセス

「さぬき高松まつり」へは、車だとかなり渋滞もするので

できるだけ公共交通機関での移動がおすすめです。

アクセス方法は、

鉄道の場合はJR高松駅または、

高松琴平電気鉄道高松築港駅から

徒歩5分

車の場合は高松道高松中央ICから車で約20分です。

 

予定では18時から22時半まで会場周辺で交通規制があるので、

もし車で行くなら早めに到着するように行動することをおすすめします。

 

 

■「さぬき高松まつり」総踊り2018年開催日時

「総踊り~喜舞笑舞(きまいわらいまい)~瀬戸の絆つなげ!おどりの架け橋の情報」

総踊りが開催されるのは

2018年8月14日(日曜日)

午後6時40分から9時半までです。

 

9時半から10時までは「総おどりAWARD2018」

どの踊り連が盛り上がったかを決定します。

 

総踊りは祭りのクライマックスで

子供から大人までがそれぞれの踊り連で踊ります。

会場は中央通り

市役所前および中央公園内のメインステージです。

 

中央通りでは一元放送連が、

市役所前やメインステージでは

自由放送連が演舞します。

同時刻に演舞するので

お目当の会場にいくことをお勧めします。

天候については荒天の場合は総踊りは中止になります。

 

 

「さぬき高松まつり」2018花火大会・総踊り穴場観覧スポットは?



スポンサードリンク

では、花火や総踊りをよく見れる穴場観覧スポットはあるのでしょうか。

■「さぬき高松まつり」花火大会の穴場情報

「さぬき高松まつり」の花火は観覧席の場合は混雑しますし、

のびのび見られる有料席は費用がかかってしまいます。

できるなら無料で綺麗な花火をのびのび眺めたいという方に

おすすめの穴場スポットはいくつかあります。

「さぬき高松まつり」花火大会おすすめ穴場スポット①

峰山公園の展望台

高松の夜景スポットとして有名なスポットで、

会場から離れるので遠方からの眺めになりますが、

全体的に綺麗な花火が見られます。

写真撮影スポットとしてもおすすめです。

 

「さぬき高松まつり」花火大会おすすめ穴場スポット②

イオンモール高松の屋上広場

トイレ完備なので小さなお子様連れでも安心して見られるスポットです。

 

「さぬき高松まつり」おすすめ穴場スポット③

高松競輪場の駐車場

車ででかけたいという方には絶好の場所です。

ただし、花火開催日は臨時駐車場になる可能性もあり、

そうなると混み合うことが予想されます。

■「さぬき高松まつり」総踊りの穴場情報

総踊りに関しては穴場情報はないようです。

やはり、間近で見て演舞の勢いを感じるのが

このお祭りの目玉なので、なるべく早めに演舞会場に行き、

場所取りをした方がいいでしょう。

 

 

「さぬき高松まつり」2018交通規制・通行止めについて

「さぬき高松まつり」2018年度の交通規制や駐車場の情報

についてはまだ公式に発表はされていません。

花火大会においては

周辺で18時から22時半まで規制があると発表されているだけです。

14日の総踊りについての規制についてもまだ決まっていませんが、

交通規制中は高松市立中央駐車場の入出場が出来なくなります

2017年は花火大会時にサンポート高松のバスターミナルと、

西側道路の一部が一般車両通行禁止となりました

その年により規制の場所や時間帯も変わるので、

直前にしっかり調べてからいくことをおすすめします。

 

ま と め

香川の「さぬき高松まつり」は花火や総踊りと3日間高松市内で開催される大規模なお祭りです。

屋台も沢山出て、地元グルメを堪能できるとあって県外からも観光客が訪れます。

目玉は花火大会と総踊りですが、

花火大会においては会場に行かなくても綺麗に見える穴場スポットがあります。

小さなお子様連れなどで、どこで観覧しようか悩んでいるならおすすめです。

また、総踊りに関しては間近で見たほうが迫力を体感できるので早めの会場入りをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 花火