金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

2019年ゴールデンウィークの10連休は日程はどうなる?いつ決まるの?

   

     

毎年のゴールデンウィークの日程は、カレンダーによってGWの行先や予定もかわってきますから

何連休になるのか気になるところです。

2019年の祝日はGWが10連休になるのではといわれているのて日程をしっかりと確認しておきたいですね。

また、ゴールデンウィークが何連休になるのかいつ決定されるのかも調べていきたいと思います。

 



スポンサードリンク
 

 

2019年のゴールデンウィークは10連休?

 



スポンサードリンク
 

■2019年のGWの日程

2019年のGWは何連休になるのでしょうか。

もしかしたら、

2019年のゴールデンウィークは、

10連休になるのではないかということが以前よりいわれています。

言われているとおりになるとすると

このような日程になります。

 

2019年4月27日のGWスタートから

カレンダーをみると

① 4月27日(土)

② 4月28日(日)

 4月29日(月)昭和の日

④ 4月30日(火)

⑤ 5月1日(水)

⑥ 5月2日(木)

⑦ 5月3日(金)憲法記念日

⑧ 5月4日(土)みどりの日

⑨ 5月5日(日)こどもの日

 5月6日(月)振替休日

となります。

4月27日(土)から5月6日(月)振替休日の10連休だということです。

しかし、

そもそもは、4月30日(火)から5月2日(木)は

休日ではありませんので10連休ではありません。

 

 

■2019年のGWが10連休になるといわれる理由は?

天皇陛下は2019年4月30日に退位されることが決まっています。

ですので2019年は5月1日、皇太子さまが即位されます

そうしたことから

5月1日は臨時の祝日になる可能性があります。

そうなるとGWの連休日数はとてつもないことになってしまいます。

 

先ほどの2019年のGW日程を

普通に見るとGWは

前半の4月27日から29日までの3連休



後半の5月3日から6日までの4連休

なのですが、

5月1日が臨時の祝日になることで、

 

「国民の祝日」に関する法律第3条第3項に規定する休日の法律

が適用されることになります。

この法律では、

「祝日と祝日に挟まれた平日は休日となる」

となっています。

そのため、

5月1日が祝日となることによって

前日の

4月30日

4月29日の昭和の日

挟まれているので休日となり、

翌日の5月2日

5月3日が憲法記念日で祝日なので

休日になってくるのです。

 

そうなると土曜日を入れると

GWは10連休になるのですね。

 

ただし、2019年5月1日については祝日になるとまだ決定されているわけではありません

 

現段階ではまだ予測として「10連休になるのでは?」と噂になっている程度です。

実現した場合は一般会社員にとっては嬉しいかもしれませんが、

サービス業の方にとってはとんでもないことになりそうです。

 

なぜ2019年10連休が決定しない?

2019年 ゴールデンウィーク GW カレンダー  10連休 日程はどうなる いつ決まる
 



スポンサードリンク

天皇陛下が2019年4月30日に譲位されることは、

2018年2月20日に「天皇陛下の譲位と皇太子さまの即位に伴う式典準備委員会」で

正式に決定されています。

そして、陛下が最後に国民の代表に会われるための式典として

「退位礼正殿の儀(仮称)」を2019年4月30日に行われるようです。

また、

5月1日には「即位の礼」の第1弾として

「剣璽等承継の儀」と「即位後朝見の儀」が予定されています。

なのに

何故まだ2019年のゴールデンウイークの10連休が決定しないのでしょうか。

 

それは、5月1日が「休日」なのか「祝日」なのかが決まっていないからなのです。

 

 

「休日」と「祝日」の違い

先ほど説明したように

5月1日が臨時の祝日になることが

2019年のゴールデンウイークの10連休の条件です。

「休日」と「祝日」は

同じお休みなので同じようなものですが、

法律上、祝日と休日の扱いは異なります。

 

「国民の祝日」に関する法律第3条第3項に規定する休日の法律

祝日法は祝日に挟まれた日を休日にすると定めているといいましたが、

 

5月1日を個別法で「休日」とした場合、

祝日にはさまれたことにならないので

4月30日と5月2日は平日なってしまいます。

となると

4月27日~5月6日の10連休が実現しないのです。

 

通常は、祝日法で決められた「国民の祝日」が、「祝日」です。

「休日」は、「振替休日」と呼ばれる「国民の祝日」が日曜日にあたったとときの

その日の後の「休日」がいわゆる「国民の休日」です。

 

まだ、前日と翌日の両方を祝日に囲まれた平日が休みとなったのも「休日」です。

 

今回の場合は、臨時で「祝日」か「休日」を決めるといったことなのです。

 

2019年GWはいつ決定するのか

政府はこの日を祝日にするか休日にするか2018年6月26日になっても

まだ検討しているとしていますが、

印刷物やさまざまな準備から言っても

決定は遅くとも2018年の8月ぐらいまでには

決定するのではないかと思われます。

 

ま と め

2019年ゴールデンウィークの10連休は日程はどうなるのかといったことや

「国民の祝日」「休日」についての違いなどをお伝えしました。

2019年は5月1日の扱いよってどうなるかわからないので、それ次第でGWの連休数も変わる可能性があります。

今後、それによっては長期旅行に行ける可能性も出てきます。

また、休みが長いことによって仕事の予定の組み方も大きく変わってきます。

どのように祝日が決定されていくのか注目していきたいと思います。

スポンサードリンク

 - 生活