金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!モンゴル力士の八百長

      2017/11/30

     

大相撲の横綱の日馬富士による暴行事件、被害者である貴ノ岩の師匠である貴乃花親方の目的はなになのかといったことが言われています。

今まで見てきた中での貴乃花親方の真の目的は相撲協会の理事長ではない!といったことやモンゴル力士の八百長問題についてもお伝えしていきたいと思います。

関連記事: 日馬富士引退だけで白鵬の責任はない?貴ノ岩と貴乃花親方の今後は?

関連記事: 貴ノ岩はなぜモンゴル飲み会に行った?彼女は誰かと電話はほんとう?

関連記事: 貴乃花が部長では巡業できない発言の力士は誰?白鵬をどう処分する?



スポンサードリンク
 

 

貴乃花親方の目的は理事長ではない!

大相撲の横綱の日馬富士による暴行事件ですが、一向に収束しないまま、連日マスコミ各所があらゆることをいっています。

相撲関係者や講演会の話などさまざまな人の話が漏れ伝わってきています。

ただ、なにが真実かどうかはまだまだ私たちのもとへストレートに届くことはないでしょう。

相撲界全体、相撲協会、モンゴルなどさまざまな関係者がどうしても

自分の立場や関わっている団体等方への利益や体裁を優先して発言することになるからです。

人間であればそればしかたがないことかもしれません。

貴乃花親方についても対応に関してかなりバッシングもあります。

ただ、今の貴乃花親方には、やり方がどうとか、立場がなんだといったことではなく、

信念が感じられます。

モンゴルでは、時間発覚当初、大相撲の横綱日馬富士関が平幕貴ノ岩関に暴行した問題について、被害者である貴ノ岩関の師匠の貴乃花親方が日本相撲協会の次期理事長選挙への思惑とがあるとかなり貴乃花親方に関しての批判記事がでていたようです。

ただ、今の状況をみてみると貴乃花親方の目的はだれがみても相撲協会の理事長になることではないですね。

もちろん、貴乃花親方が2016年に日本相撲協会理事長選に立候補したときには組織の長として現在の相撲界での悪習を変えていきたい、それもスピードをつけて解決していくには理事長になることが最善と考えていたのでしょう。

しかし、この事件によって貴ノ岩が日馬富士からうけた暴力の裏にあるものを知っている貴乃花親方の思いは、

この先、自身はどうなってもいいから相撲界にできるだけ一般の人に目を向けさせることによって直ちに伝統といった名の影に隠れた相撲界の閉鎖された世界を変えたいといったことではなかったでしょうか。

貴乃花親方のひとつひとつの行動が相撲協会が今までのようにうやむやにしないようにするといったこと一点に注力しているように思えます。

ですので、マスコミに対してもなくも語らない、服装がマフィアだといわれようとそのままにする。

世間の注目は浴びるづけるが、沈黙することによってこの問題をクローズアップさせ続けさせることをしているのではないでしょうか。

 

白鵬が40回目の優勝で誰が盛り上がるのか?




スポンサードリンク

この日馬富士による暴行事件問題が、世間を連日騒がせている中、白鵬が大相撲九州場所で40回目の優勝を果たしました。

40回といった前人未踏の大台に乗ったこと、みずからが持つ最多優勝の記録も更新といった記念的な優勝にかかわらず、のなんだかちょっとシラケた感じになっているのは否めません。

白鵬が笑顔を見せているのさえもかなり違和感を感じます。

もちろん白鵬は圧倒的な強さを持ちつづけている、偉大な大横綱だと思います。

ただ、この日馬富士による暴行問題の根本的にあるのは、その暴行の原因となったともいえる白鵬がその場にいて、

最終的には止めに入ったとはいえ、初めは見ていたといった事実でもあるのではないでしょうか。

モンゴル人の後輩力士の貴ノ岩は殴られて当然だいった認識だったのでしょうか。

「日馬富士は、ビール瓶で殴ってはいない。

ビール瓶は手から滑り落ちた。」

と言い訳にもならないことを白鵬がいっていたことが印象に残っていますが、

それでは、ビール瓶を日馬富士がしっかり握っていたら本当はビール瓶で殴りたかったんだといっているようなものです。

それを冷静に見ていた白鵬は

日馬富士関にはやく相撲を取らせてあげたいといったようなコメントを出していますが、

どうしても「ちょっと違わない???」

「自分の責任はないのか?」

となってしまいます。

 

モンゴル人力士の同士の飲み会でなにが行われていたのか?

貴乃花親方も嫌がっているのは、

モンゴル人力士同士の飲み会が行われているといったことです。

貴乃花親方は「相撲は真剣勝負の場である」

といったことを厳しく自らも貫いています。

弟子にもそれを強く望みますので、

モンゴル人力士に限らず、真剣に戦いあう力士同士が飲みにいって慣れあうといったことも必要ないというポリシーです。

ですので、通常、貴乃花部屋の力士たちもそうした飲み会などには参加しないそうです。

今回も貴ノ岩は親方にはモンゴル会であるといったことをいってなかったといいます。

こういった会があることで、日常的な星の売り買いであるいわゆる「八尾長」といったことがあるのではと勘ぐられてもしかたありません。

今回の事件のうらには、2017年の1月場所で貴ノ岩が白鵬に勝ったことが、あるのでは一部では言われています。

モンゴル会から八百長を頼まれても貴乃岩が拒否して白鵬に勝ってしまったというのです。

しかもその場所の白鵬と貴ノ岩との取組は、

初場所の14日目、13日目までに

11勝2敗だった白鵬が負けると、13勝1敗だった大関・稀勢の里の初優勝が決まる大一番でした。

結果は左肩を突き出してぶつかった貴ノ岩が右四つを取ると一気に寄り切って勝利しました。

わずか10秒の勝利でした。

そのことによって稀勢の里が優勝することになり、19年ぶりに若乃花関以来の日本人横綱の誕生となります。

白鵬は、同じモンゴル人力士に優勝を阻まれたのです。

真剣勝負の場あるので、こうしたことがあるのはモンゴル人同士であろうと当たり前のことですが、「モンゴル人力士同士の対戦では、相手の置かれた状況を多少は考えるもの」といったことが暗黙の了解でもあるようです。

当然、白鵬もそれを期待していたのかもしれません。

そうしたことからみても貴ノ岩の態度がモンゴル力士からは、よく思われていなかったのです。

なので今回のモンゴル飲み会で、貴ノ岩がスマホをいじっていたからとか態度がどういったこともいわれていますが、態度をその場でとろうと「かわいがり」の下地はあったのではないでしょうか。

そういったことを勘ぐってしまうのは、こういったこともあります。

一時テレビ報道でも出ていましたが、日馬富士から照ノ富士への高級外車BMWのプレゼントしたとか、

白鵬から若手力士への100~200万円のプレゼントや、高級時計のプレゼントなどが贈られていたことがあるそうです。

照ノ富士は本場所と優勝決定戦で日馬富士に負けています。

八百長というのかどうかは言い切れませんが、その照ノ富士に日馬富士をがそういったことをすると優勝させるため協力した、ご褒美なのと思われても仕方ありません。

忖度する従順な若手力士にはご褒美、そうでなければ「かわいがり」なのでしょうか?

相撲協会もまったくそういったやりとりが日常あったことは知らないわけではありません。

なので今回のこういった暴行も通常であれば表沙汰になってなかったかもしれません。

しかし、貴乃花親方の警察への被害届提出によって表に出てしまうことになった。

相撲で儲けているマスコミも、相撲協会も何とか横綱日馬富士を引退させたくない、傷害事件の本質的原因を隠滅したいといったことがあります。

表沙汰になった今でも大横綱白鵬といったのをせめて擁護とし、その他の都合の悪いことは隠滅したいがために被害者貴ノ岩と貴乃花親方をマスコミを使って叩いたのではとも思えてしまいす。

 

ま と め

貴乃花親方の目的は相撲協会の理事長ではない!といったことと

モンゴル力士の八百長問題についてお伝えしました。

なんかテレビをみていても相撲関係者の歯切れの悪さが目につきます。

真相は、そのまま伝わることはないですね。

しかし最終的には警察の捜査からの事実関係の発表と、マスコミの報道から汲み取っていくしかないですね。

ただ、それぞれの発言とそれがゆがめられて伝えられていないかや、しっかりと背景を想像することで今の本質的な問題が見えてくるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - 相撲