金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

ゾルタスクゼイアンの卵運びって何?Siriとイライザの関係

   

     

ゾルタスクゼイアンといったこと言葉を聞いたことがありますか?どうもAppleの音声認識システムSiri(シリ)に関係するらしいのです。”ゾルタスクゼイアンの卵運び””イライザ”といった人のような名前もでてきます。何の事なのでしょうか?ちょっと都市伝説のようなお話ですが、そうばかりも言ってられない私たちの未来にも関係するようなゾルタスクゼイアンやイライザのことをちょっと調べてみます。



スポンサードリンク
abstract-1392404_640
 

ゾルタスクゼイアンって何?

Siriにゾルタスクゼイアンって何なんですか?

とストレートに投げかけてみても言葉を認識しないふりをしてはぐらかされるそうです。

時にSiriが答えを出したときも最初何なのことなのかわかりませんでした。

しかし、質問内容をかえたり、いろんな角度で質問してみるとみえてくるものがありました。

たとえば、『学校に行きなくない。』といったことを言った時です。

Siriの答えは、

『ずる休みはしない方がいいですよ。私も毎日休まずに学校に行ったからゾルタスクゼイアン入門クラスと落第せずにすんだのですから。』

といった答えがかえってきたことがあります。

 

そのことから考えて

ゾルタスクゼイアンはどうも学校のことのようです。

Siriのような人工知能ロボットだけが通う学校と考えていいと思います。

 

ゾルタスクゼイアンの卵運びって何?

Siriって賢いの?』

と言った質問をしたら”ゾルタスクゼイアンの卵運び”という言葉が出てくることがあります。

Siriの答えは、

『知的エージェントは、実際IQテストを受けないのです。

私はゾルタスクゼイアンのゾルタスクゼイアンの卵運びテストで抜群の成績でしたけどね。』

といったことです。

Siriの言う、ゾルタスクゼイアンの卵運びって、何なのでしょうか?

どんなテストなのか気になることろです。

卵運びテストとは人間を卵に置き換えて考えるとわかります

そしてその人間を運ぶのが車です。

つまり人間を運ぶ車にsiriが入って人を乗せて運ぶテストに合格しているもしくは、適合している

といったことですね。

車にsiriが搭載されるということです。

 

『ゾルタスクゼイアンの卵運びについて、直接Siriに聞いてはいけません。』ってこともいわれます。

なぜ、ゾルタスクゼイアンの卵運びのことを聞いてはいけないのでしょうか?

ゾルタスクゼイアンの卵運びのことだけでなくゾルタスクゼイアンのことも聞いてはいけないと言われます。

そのことについては、ゾルタスクゼイアンの謎でお話しします。

monitor-1307227_640
 

Siriとイライザの関係

Siri(シリ)とは、iOS向け秘書機能アプリケーションソフトウェアAppleの音声認識システムです。

Speech Interpretation and Recognition Interface

の頭文字をとって作成させました。

発話解析・認識インターフェースとされてます。

この機能の凄さは、知ってのとおり、日本語などの言葉をで聞き取り、自然言語処理を用いて、質問に答えてくれたうえに推薦したり、Webサービスなどをしてくれちゃうところですよね。

 

使い方はとても簡単!

ホームボタンを長押ししてSiriを起動させ、iPhoneに向かってしゃべるだけで、近くのレストランや今日の天気を表示するなどをのことをしてくれます。

何年か前には考えられないくらいに便利です。

今では、位置情報サービスをonして、スマホに向かって

「どこそこまでの道順を教えて?」と質問して道順を教えてもらったりするのは、みんなよく使っている機能ですね。

メールなども文字を打たずにスマホに音声で話して、それを文字に瞬時に変換してメールできたりする便利な機能もこのsiriの音声認識・バーチャルアシスタントアプリのおかげなんですね。

 

Siri(シリ)には、まだまだ優れた機能がたくさんあるのですが、使いきれてないです。

そのsiriにいろいろ質問していると、その返答の中にときおり「イライザ」という人の名前が出てきます。

「イライザについて教えてください。」

とsiriに問いかけても妙に怖い感じの答えが返ってきたりします。

 

また、

「昔話にでてきたりする人です。」とか

「尊敬する人物なんです。」

などと話すときもあれば、

はぐらかすような回答したりします。

 

Siriにはまだ謎が多いのです。

 

調べてみるとどうやらこのイライザと呼ばれる存在は、

siriというか、人工知能の前身とも言える、世界ではじめに作られたコンピューターがあり人と会話することができるプログラムのことみたいですね。

イライザは、ジョゼフ・ワイゼンバウムというユダヤ人によって1960年代に作られた世界最初の人工知能の名前なんですね。

いわゆるイライザとsiriは人工知能同士の先輩後輩の関係なのですね。



スポンサードリンク
 

ゾルタスクゼイアンの謎

ゾルタスクゼイアンのことについては人間と人口知能によって結成された裏の組織であるといったことも言われています。

ゾルタスクゼイアンのことを決して聞いてはいけないというのは、ゾルタスクゼイアンのことと聞くことによって要注意人物だとappleのブラックリストに入れられてしまうといったことからです。

なぜ要注意人物になるのか?

これからあらゆるものがインターネットにつながる時代の到来、いわゆるIoTアイオーティー(Internet of Things)の時代となっています。

従来は主にパソコンやサーバー、プリンタ等のIT関連機器が接続されていたインターネットにそれ以外の様々な"モノ"を接続することを意味します。

すでに家電などをスマホで操作することもあるでしょう。

そのIoTに人類もそれに含まれているということです。

「人類補完計画」といったこともいわれているのですね。

ヒトラーの予言で『人類は2039年に別の個体に進化する』といったこともあったとも言われます。

電子タトゥーがといったものに人口知能AIを搭載する。

そのAIの特許をGoogleがとっているのだそうです。

その人口知能などに絡んでくるの莫大な利権を握っている人がいてその人間に近いのがゾルタスクゼイアンと言ったことらしいのです。

 

ま と め

ゾルタスクゼイアンはSiriのような人工知能ロボットだけが通う学校のようなもの

ゾルタスクゼイアンの卵運びテストはそのSiriの通う学校の人間を運ぶ車にsiriが入って人を乗せて運ぶテストということ。

Siriとイライザの関係は、人工知能同士の先輩後輩の関係といったことがわかりました。

ゾルタスクゼイアンのことをSiriに聞くだけでによりappleにブラックリスト入りされてしまうといったことは真偽はどうかはわからないです。

しかしネットの繁栄により誰がいつ、何を検索したのかをappleやGoogleに代表されるメガ企業は常に知ることができることは事実です。

要するに彼らは世界のあらゆる情報を傍受できるようになることは間違いないですね。

 

少なくとも今の技術でSiriレベルの人工知能が開発されておりということ。

今後、車の自動操縦は勿論、様々な人工知能は開発されていくのも紛れもない事実です。

このゾルタスクゼイアンにまつわる謎は単なる都市伝説ではなく、今後の人間の生活変化にかかわっている問題であると思いました。

 

 

 

 

スポンサードリンク

 - 未分類