京都3月(上・中・下旬)の気温や気候!旅行の服装とおすすめコーデ

京都の3月というと、桜が咲き始める季節です。

また寒さも和らいでくると共に、

イベントも多くなってくる時期なので観光旅行に行くという方も増えるでしょう。

そんな時に気になるのが服装です。

せっかくの京都旅行なので、気温を気にせずに見て回りたいと同時にオシャレをしたいとも考えます。

では、そんな時期にはどのようなコーデがいいのでしょうか。

京都3月(上旬・中旬・下旬)の気温と気候とともに

観光旅行での服装・おすすめコーデをご紹介します。



スポンサードリンク
 

京都の3月の気温・気候は?

京都 3月 上旬 中旬 下旬  気温 気候 旅行 服装 おすすめ コーデ
まず、京都の気候について見ていきましょう。

3月の平均気温

7~9℃ほどです。

春らしい陽気になってきたとはいえ、

まだまだ肌寒い時期なので防寒対策が必要です。

では上旬、中旬、下旬の詳しい気温・気候について説明します。

 

京都旅行の気温と服装【3月上旬】

3月上旬の京都の

平均気温は6℃ほどですが、

最低気温はー3℃

最高気温は20℃ぐらいまで上がることもあり、

寒暖差の激しい時期です。

特に朝晩の冷え込みは厳しいので、

ヒートテックや

重めのコート

ジャケット

があると冷えを気にせずに観光きます。

 

京都旅行の気温と服装【3月中旬】



スポンサードリンク

3月中旬の京都は

平均気温は7℃ほど、

最低気温はー1℃

最高気温は22℃ほどです。

上旬に比べれば多少は暖かくはなりますが、

やはり1日の温度差が激しく

底冷えのする時期です。

そのため、

足元が冷えないように

タイツを履いたり

ブーツを履くことをおすすめします。

アウターについては

昼間は軽めでも良いですが、

朝晩はストールがあると便利です。

 

京都旅行の気温と服装【3月下旬】

3月下旬の京都は

平均気温は9℃ほど、

最低気温は0℃

最高気温は23℃ほどです。

この時期になると

昼間は安定した暖かさになるので

春らしいコーデをしても過ごしやすくなります。

日中に動くのであればアウターは軽めのものか、

その日の気温によっては無くても過ごせる場合もあります。

しかし、

夕方以降は冷えるので花見のライトアップを見にいったり、

夜間のイベントを見に行くのであれば

上に羽織れるものがあった方がいいでしょう。

 

3月の京都観光の便利な服装・おすすめコーデ

■京都の観光旅行に便利な服装は?

では、京都観光に便利な服装はというと、3月の京都は気温差が激しいので、

重ね着しやすいコーデにすると

その日の気温に合わせたコーディネートができます。

 

足元が冷えやすい時期なので

タイツ

ヒートテックなどの防寒インナーや

カイロを持って行くと、

寒い時間帯でも歩き回ることができます。

そして京都というと坂が多かったり、

神社仏閣をめぐる場合は靴が汚れやすくなってしまいます。

そのため、足元を気にせずに観光できるよう

ヒールが低めのブーツ

スニーカーを履いて行くことをおすすめします。

特にブーツなら防寒にもなるので便利です。

■京都旅行の3月上旬、中旬、下旬おすすめコーデは?

では3月上旬、中旬、下旬のおすすめコーデをご紹介します。

 

【3月上旬】おすすめコーデ



スポンサードリンク

まず、3月上旬は防寒対策として軽くて

暖かいダウンジャケット

コートを用意して行くことをお勧めします。

そして

インナーは

ヒートテックその上にニット

ボトムスは

動きやすいパンツか、

スカートスタイルなら

タイツやレギンスを利用し、

靴はブーツがおすすめです。

ただ、

コートやブーツスタイルになると色が暗くなってしまう場合があります。

春なのでニットなどの

トップスは明るめのカラーを選ぶと気持ちも華やかになりますね。

 

【3月中旬】おすすめコーデ

3月中旬の京都観光には

昼間は

ニットにストール

デニムジャケットにストールなどがおすすめです。

また、

暑くなってきたらすぐに脱げるような工夫がしてあると便利です。

この時期も

足元が冷えないように暖かめにしていてください。

スニーカーも動きやすくて良いのですが、

汚れることを考えると

ホワイトやパステルカラーは避けて下さい

 

【3月下旬】おすすめコーデ

3月下旬は

スプリングコート

軽めのジャケットがおすすめです。

脱いだとしても

持ち運びが苦にならない程度の

ジャケット

コート

がいいでしょう。

そしてデニムにスニーカーがおすすめです。

これなら動きやすくて夜になっても冷えにくいので、

花見やイベントを楽しめます。

ただ、あらかじめ夜の外出予定が決まっているようなら

ストールを一枚持って行くと便利です。

 

ま と め

3月の京都というと花見やイベントを見に観光に来る方が大勢います。

ただ、この時期はまだ1日の寒暖差が大きいので、

重ね着コーデで行くことをお勧めします。

さらに防寒対策を忘れずにするようにしてください。

また、天候によって気温も変わるので

行く直前に現地の天気予報を調べてから準備をすることをおすすめします。

京都・床もみじの寺【実相院】2017紅葉見頃!アクセス駐車場・周辺情報

京都の寺院の紅葉で床もみじの真紅の美しさが際立っている「実相院」。

「実相院」の2017年の紅葉見頃、「床もみじ」をみるベストな時間帯やアクセスと駐車場情報や周辺情報などもお伝えします。

 


スポンサードリンク
 

実相院(じっそういん)

■実相院の歴史

実相院は、仏教寺院で岩倉実相院門跡、岩倉御殿とも呼ばれます。

1229年(寛喜元年)に静基(じょうき)僧正により開基されました。

宗派は元天台宗寺門派の単立、本尊は鎌倉時代作の木像の不動明王です。

室町時代末期までに多くの伽藍等が戦火で焼失しましたが、江戸時代初期に足利義昭の孫義尋が入寺し、母古市胤子が後陽成天皇の後宮となった関係で皇室と将軍徳川家光より援助を受けて実相院が再建されました。
そんな実相院は、代々皇族が住職を勤める門前寺院としての格式を誇ります。

本堂、中の建物「客殿」、正面の門「四脚門」、玄関横の「車寄せ」は享保年間に東山天皇の中宮、承秋門院の女院御所を移築したものです。
また、幕末には岩倉具視も一時ここに住んだとこから、当時の密談の記録などが残されています。

創建当初は岩倉ではなく、現在の京都市北区紫野ありましたが、応仁の乱を逃れるため現在の場所に移転したとされています。

■実相院の二つの庭

実相院の庭園は池泉回遊式庭園と枯山水の石庭の2つの庭が見所です

池泉回遊式庭園の庭は、奥の書院と客殿の間にあり、裏山の景色見事にとけとんだお庭です。

書院奥の庭の池には日本では希少になったモリアオガエルが生息しています。

四季ごとに様々な植物が、お庭を彩っていますが、とくに新緑、紅葉の頃の美しさで人気となっています。

もう一つの庭である枯山水の石庭は、比叡山の山並みを借景とした雄大なお庭です。

桜の頃や、紅葉の頃の美しさは優美そのものです。

このように実相院は、二つの趣が異なる庭園があり、四季を通じて景色を楽しむことができます。

京都 床もみじ 寺 実相院 2017 紅葉 見頃 アクセス 駐車場 周辺

■実相院「床もみじ」のベストな時間

実僧院といえば、「床もみじ」、「床緑」といわれます。

滝の間の部屋の黒い床板木々が反射する光景「床緑」「床紅葉」呼ばれとても有名です。

これらは、畳を敷かずに黒光りするまで磨き上げられた床だからこそ出現する幻想的ものなのです。
とくに「床もみじ」は、漆黒の床と真紅もみじのコントラストが強烈で、「静寂の中で燃えるような鮮やかな赤の世界」は必見です。
 
そんな「床もみじ」が一番美しくみられるのは、晴天、秋晴れの日です。
ベストな時間帯は、光が強くなる午後ですね。
 
やはり12:00~14:00の間がベストな時間帯だと思います。
 
できれば、お天気な日に行きたいですね。
 

実相院2017紅葉の見頃と拝観料

実相院の2017年の紅葉の見頃と拝観料です。

時  間 : 9:00 〜 17:00

見  頃 : 11月中旬~11月上旬

参  拝 料   : 大人500円、小中学生250円

電話番号 :075-781-5464

■京都府京都市左京区岩倉上蔵町121 実相院

実相院の撮影禁止について

実相院では、一部立ち入り撮影禁止場所を設けられています。
 
「床もみじ」の撮影は禁止です。

撮影禁止区域は、客殿内です。

建物内以外は撮影が可能になっています。

どうしてもこの美しい「床もみじ」を撮りたいと時々写真を撮影されている方がいますが、お寺が禁止している事なをやることはぜったいに止めましょう。

「床もみじ」の美しさがは、実際に訪れた方のみ見る事が出来き、感じられるものです。

そう思えば思うほどこの貴重な光景を目にやきつけることができると思います。
しっかりとこの時期にしかみれない漆黒の床が際立たせる真紅の秋の美しさを目に焼き付けてください。
京都 床もみじ 寺 実相院 2017 紅葉 見頃 アクセス 駐車場 周辺

実相院の周辺情報

■岩倉具視幽棲旧宅

岩倉具視幽棲旧宅は、実相院から徒歩3分のところにあります。
岩倉具視が尊王攘夷華やかなりし頃、和宮降嫁の責を問われて隠棲した所です。
大久保利通などが訪れたとされる旧宅がそのまま残っています。
対岳文庫は、展示・収蔵施設として1928年(昭和3年)に建てられました。
岩倉具視関係の品を展示しています。国の登録有形文化財です。
京都府京都市左京区岩倉上蔵町100

■石座神社(いわくらじんじゃ)

実相院の隣の石座神社です。
元々「磐座(いわくら)」とは神の寄りしろの事でした。
石座神社はもともと西河原町の山住神社の事をさしていました。
しかし971年(天禄2年)に円融上皇の廟として大雲寺が、上蔵町内に創建された際に、石座明神の鎮守社をこの地に移すように勧請されることになりました。
毎年10月の第3土曜日の早朝に「岩倉の火祭り」が行われます。
夜中の3時に10メートルを超える2本の大松明に点火されその後神輿が岩倉一帯を巡行するという「奇祭」で京都市無形文化財にも指定されています。
 ■京都府京都市左京区岩倉上蔵町302

■大雲寺

実相院の隣にある大雲寺は、実相院と同じく天台宗のお寺です。
行基作と言われる「十一面観音」を本尊がです。
紫式部の「源氏物語」「太平記」 井原西鶴の「好色一代女」等文学作品の舞台としても大雲寺は多く登場するといった歴史のあるお寺です。
電話番号 :075-791-8569
■京都市左京区岩倉上蔵町305番地

実相院アクセス方法と駐車場


スポンサードリンク
実相院への行き方です。

■京都駅からの場合のアクセス方法

京都駅から地下鉄烏丸線 乗車 → 「国際会館前」下車 →

市バス24系統「岩倉実相院行き」乗換 →終点 「岩倉実相院」下車

 

■阪急電車の場合

「河原町」下車 → 市バス21、23「岩倉実相院行き」乗換 →終点 「岩倉実相院」下車

■京阪電車の場合

「出町柳」下車 → 叡山電鉄鞍馬線「岩倉」下車

→ 徒歩20分

※本屋さん先を左折、川沿いを歩き、赤い橋を左へ、突き当たりが実相院。

■実相院駐車場

実相院の駐車場は、20台ありますが、紅葉の見頃の時期(11月15日から12月5日前後)は、駐車場が利用できません。
周辺の有料駐車場の利用が必要です。

また、紅葉時期は、混雑と渋滞が予想できますのでできるだけ公共交通機関を使うようにしましょう。

この時期は市バスの臨時増便があるため、公共交通機関を利用してのアクセスもそれ程不便ではありません。

 

ま と め

京都・窓もみじ美の実相院2017年の紅葉見頃とアクセス方法と駐車場情報と周辺情報をお伝えしました。

実相院の「床もみじ」や庭園の紅葉は、その場所に訪れた方のみわかる感動的な美しさがあります。

光の加減により色も変わりますので、できれば秋晴れの晴天の昼間に訪れたいですね。

周辺情報もかんたんに載せましたが、近くに穴場のスポットもありますので、岩倉でゆっくりと探索するものいいですね。

 

美しい京都の紅葉の一プランとして参考にして下さい。

 

京都旅行11月上旬~下旬の服装!紅葉狩りでのコーデや必須アイテム

秋の京都旅行は紅葉狩りがあちらこちらでたのしめて、一年の中でも人気のシーズンです。

服装の準備も万全にしていきたいですね。

今回は、京都の11月上旬~下旬の服装や紅葉狩りでのコーデや必須アイテムなどをお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク 
 

京都 秋の気候【11月上旬~下旬】

京都旅行 11月上旬~下旬 服装 紅葉狩り コーデ 必須アイテム
京都の秋の11月上旬~11月下旬の気候はこのような感じです。

11月上旬の平均気温は、14度程度

11月中旬の平均気温は、12度程度

11月下旬の平均気温は、10度程度

11月の雨の量(降水量)は、30mm~33mm程度です。

東京都などに比べてとくにすごく違うといったことではありませんが、

最低気温や最高気温は、

11月上旬の最低気温は、4度程度 最高気温は、25度程度

11月中旬の最低気温は、2度程度 最高気温は、23度程度

11月下旬の最低気温は、0度程度 最高気温は、20度程度

 

その差は、20℃以上もあり、京都の盆地の気候として特徴的な寒暖差が多いことがわかります。

 

京都旅行にぴったりな紅葉狩りでの服装・コーデ

年間を通じて人気のある京都旅行でも特に人気の紅葉狩りですね!

秋は昼間は少しひんやりしてもさわやかな季節で比較的快適にすごせます。

京都は寒暖の差が大きいといったことお伝えしました。

といったことで、早朝や夜は思った以上に冷え込む日もありますので、早朝からの拝観から夜のライトアップでも紅葉狩りをたっぷりと堪能するために服装への準備はしっかりしていきましょう!

京都の紅葉の見頃はその年の気候や場所によっても少し違いますが、だいたい11月中旬から12月上旬です。

そのころの服装の目安とおすすめな服装コーデです。

■11月・12月の京都の服装の目安

京都の標準的な秋の気候から11月の京都での服装の目安は、

ジャケットやセーターが必要といったことです。

日によっては、 コートがあった方がいいという日がでてきます。

12月に入るとコートは必須で、プラスにマフラーや手袋も必要になってきます。

 

■京都の紅葉狩り時期の服装コーデ

歩きやすい靴

歩きやすい靴は必須ですね。

おしゃれもしたいですが、靴は決して新しいものではなくはきなれた歩きやすさを一番に考えたものを選んでください。

ブーツは避けるほうがおすすめです。

お寺で靴を脱ぐことも多いですし、寺院によっては、ビニール袋に個人個人で管理することもありますので、思った以上にめんどうなことになります。

寒さが気になる人は、靴下で調節しましょう。

 

厚手の靴下

厚手の靴下は、歩き回ることが多い京都観光では、クッションにもなります。

また、お寺の拝観では靴を脱ぐことも多いですので、おしゃれなものを用意しましょう!

タイツだけというのも避けた方がいいです。

床にタイツだけは冷たいです。

また、間違っても穴があいているような靴下をはいていては、人目がきになってじっくり鑑賞ができません。

というか仏さまにも失礼(笑)ですので気をつけましょう!

 

ストール

ストールが一枚あるととても心強いです。

暑い、寒いの調節が簡単にできます。

男性の方もたためてじゃまにならない羽織ものがあるといいですね。

 

といったことでおすすめな服装コーデは、

足元はブーツではなくヒールではない歩きやすい、スニーカーなど靴

に厚手の靴下、

服はデニムのブラウスなどベストやセーターなどの重ね着にジャケット

楽にはけるジーンズのように正座がしにくいものでない少し余裕のあるズボン+ストール(おりたためる羽織もの)

といったコーデが寒暖の差にも対応できておすすめです。

 

 

秋の京都旅行お役立ち必須アイテム

 

スポンサードリンク 

秋の京都旅行で服装以外の準備しておいたほうがいいアイテムをあげておきます。

■使い捨てカイロ

使い捨てカイロは必須ですね。

小さなものをいくつかポケットにしのばせましょう。

 

■マスク

人が多い観光地でまわりの方が、「ゴホッ!」とされたときもさっと取り出し、風邪の予防にも使えます。

お顔のまわりの防寒にもつかえますので鞄に使い捨て物のでも何枚か用意しておきましょう。

 

■夜間拝観用の小さなライト

秋の京都は、ライトアップを実施している寺院も多くの夜もライトアップで紅葉狩りを楽しむことができます。

もちろんライトアップしているので、道が見えなくて困るといったことはありませんが、夜間拝観でも暗いところは小さなライトがあると意外と便利です。

ライトを人に向けたり、ライトアップ照明の邪魔にならないように気をつけましょう。

京都旅行 11月上旬~下旬 服装 紅葉狩り コーデ 必須アイテム
 

ま と め

紅葉狩りなどたのしむために京都旅行を11月上旬~下旬また、12月上旬に計画されている方のおすすめな服装・コーデや持っているといいおすすめな必須アイテムをお伝えしました。

ほんとうに京都は、夜に底冷えのするところです。ですがまだまだ昼間は暖かい日もありますし、天気のいい日はやたら厚着をしすぎてしますとそれはそれで歩くのが嫌になります。

11月上旬・中旬・下旬平均気温は10度から14度ぐらいですが、同じ日でも気温の上下は激しいですので基本は、その日、その時の気温に対応しやすい重ね着をすることです。

服装以外でもマスクやカイロなども準備しておくとばっちりだと思います。

秋の京都満喫してくださいね!

【京都】お寺の境内のカフェがおしゃれ!醍醐寺・平等院・本山仏光寺

京都のお寺のお参りの際にほっとつきたい時に是非行っていただきたいこだわりのカフェ!

しかもお寺の境内にあるカフェがとてもおしゃれなのです!

今回は、「醍醐寺」・「平等院」・「本山佛光寺」の境内の中にあるカフェのご紹介をしていきたいと思います。


スポンサードリンク
 

【醍醐寺】境内のカフェ

■cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)

京都 お寺の境内 カフェ 醍醐寺 平等院 仏光寺
cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)とは、フランス語で「桜の木の下で」という意味です。

醍醐寺霊宝館の敷地内にあります。

店内は、スウェーデン発のインテリアショップ・イケアの家具でコーディネートされスタイリッシュな雰囲気です。

昔から、コミュニティの中心として人や文化の交流の場であったお寺本来の意義と、地域の経済的発展を願い、さまざまな活動を展開していくといった意義と「サステナブル」といった「持続可能な」という環境破壊をせずに維持、継続して未来に、子供たちに残そうといったサステナブルカフェになっています。

※前払い制セルフサービス
ドリップコーヒー 400円
アイスコーヒー 450円
カフェオレ 500円
アイスカフェオレ 550円
桜フレーバー紅茶sakura 450円
桜ドーナツ 200円(米粉で作った、油を使わない焼きドーナツ)etc・・・
 

 

自然や環境問題について学ぶワークショップの開催も予定している。

営業時間 : 10:00~16:30(季節によって変更あり)不定休

電  話 : 075-571-0002

■京都府京都市伏見区醍醐東大路町22 醍醐寺 霊宝館

【平等院】境内のカフェ


スポンサードリンク
 

■茶房 藤花

京都 お寺の境内 カフェ 醍醐寺 平等院 仏光寺
茶房 藤花は、平等院境内にある本格宇治茶をたのしむことができる日本茶専門店です。

茶葉は宇治市内や宇治近郊の茶園から収穫されたものを使用しており、100%京都府産にこだわっているそうです。

そのこだわりの茶葉を帰属の日本茶インストラクターがこだわり抜いてつくりあげたオリジナルブレンドの茶葉でのお茶がたのしめます。

徹底したお湯の温度管理をし、厳選した茶葉それぞれに適した抽出方法がされています。

平等院でこのような特別なお茶が飲めるなんて素敵ですね。

営業時間 : 10:00~16:30(L.O16:00)

火曜休

電  話 : 075-571-0002

宇治 抹茶 550円(税込)

宇治 玉露 750円(税込)

宇治 煎茶 550円(税込)

宇治 煎茶、冷茶 650円(税込)

etc・・・

平等院ミュージアム 鳳翔館を出て右手です。

■京都府宇治市宇治蓮華116 平等院

【仏光寺】境内のカフェ

■D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学 カフェ(d食堂)

京都 お寺の境内 カフェ 醍醐寺 平等院 仏光寺
D&DEPARTMENT は、「ロングライフデザイン」をテーマに、物販・飲食・観光を通して地域の「らしさ」を見直す京都造形芸術大学活動です。

本山佛光寺の境内のカフェ(d食堂)は、カフェとショップの展開している10 店舗目のお店です。

カフェ(d食堂)では、京都の地元素材を厳選し、折々の季節を味わうメニューが提供されています。

一見素朴なメニューですが、一品一品、素材のこだわりがすごいです。

例えば、京都定食は、

京都の地野菜、

「こんぶ土居」の天然真昆布、

「タイコウ」のかつお節から引く出汁を使った具沢山の味噌汁、「志ば久」・「総本家近清」の京漬物、

減農薬京丹後産コシヒカリを使用されているなど、旬ごとに変わる一汁一菜の定食です。
カフェでは、もちろんコーヒー、日本茶のほか、デザート類、最中、ぜんざい、蒸しパンやクリームあんみつ、夏季限定のかき氷などとても豊富です。

飲み物類はテイクアウトもできますので、縁側に腰掛けて、境内を眺めながらいただくのもいいですね。

 

営業時間 : 10:00~18:00(L.O17:00)

水曜休

電  話 : 075-343-3215

 

京都定食 1300円~

ゆばあんかけ丼 1000円

クリームあんみつ 800円

ぜんざい 700円

抹茶ラテ 550円

コーヒー 450円

etc・・・

■京都府京都市下京区高倉通仏光寺下ル新開町397
本山佛光寺内


ま と め

【京都】のお寺の境内のおしゃれでフォトジェニックなカフェの

・「醍醐寺」cafe sous le cerisier(カフェ・スゥ・ル・スリジエ)

・「平等院」茶房 藤花

・「本山仏光寺」 D&DEPARTMENT KYOTO by 京都造形芸術大学 カフェ(d食堂)

のご紹介でした。

お寺の境内のカフェは、新しいものと歴史のあるものの融合がとても新鮮です。

しかも頂けるものもそれぞれのこだわりがあって至福の時間が過ごせておすすめですよ。

是非、京都の時間のひとときを境内のカフェでたのしんでくださいね。

高台寺・圓徳院の紅葉見頃!秋のライトアップ2017夜間拝観チケット料金

京都の秋の紅葉は昼間だけでなく、夜もたっぷりとたのしめます。

その中でもおすすめな「高台寺」「圓徳院」の紅葉な見頃や秋のライトアップ2017年の期間と夜間拝観チケット料金やお得にまわれる方法などをお伝えしていきます。

 


スポンサードリンク
 

【高台寺】秋のライトアップ情報

高台寺 圓徳院 紅葉 見頃 秋ライトアップ

■高台寺(こうだいじ)

高台寺は、開創は1606年(慶長11年)秀吉の菩提を弔うために建てられたお寺です。

豊臣秀吉の正妻であるねねが秀吉の亡くなった後に余生をすごした高台寺は創建当時の姿を残す開山堂や霊屋など桃山文化が色濃く残る場所としてとても人気です。

秀吉ねね夫婦を祀る霊屋の須弥壇と厨子には、「高台寺蒔絵」と呼ばれる華麗な漆工芸の蒔絵が施されています。

開山堂を中心とした池庭は小堀遠州作と伝えられています。

■高台寺ライトアップ期間・時間・料金

ライトアップ期間 : 2017年10月21日(土)~12月10日(日)

夜間拝観の時間  : 17:00~21:30(閉門は22:00)

拝観料      : 600円

■高台寺紅葉の見頃・見所

最新のデジタル開山堂東側の臥人龍池では、美しく色づいた紅葉が映り込んでフォトジェニックな風景がひろがります。

方丈前にある白砂の庭園もライトアップされ、一気に幻想的な空間になります。

技術を駆使したプロジェクトマッピングと庭園のコラボも見応えたっぷりです。

高台寺 圓徳院 紅葉 見頃 秋ライトアップ
紅葉の見頃時期 : 11月下旬~12月上旬

■通 常 拝 観

時  間 : 9:00~17:30 (17:00受付終了)

拝 観  料 : 大人 600円・中高生 250円

電話番号 : 075-561-9966

アクセス : 市バス「東山安井」下車 徒歩約7分

車では名神高速「京都東IC」より約20分

■京都市東山区高台寺下河原町526 高台寺


駐車場:あり 150台 最初の1時間600円、以後30分毎300円(拝観者は1時間無料)

【圓徳院】秋のライトアップ情報


スポンサードリンク

■圓徳院(えんとくいん)

圓徳院は高台寺と同じく秀吉の妻である、北政所ねねが伏見城の化粧御殿とその前庭を移築して晩年の19年間を過ごされた場所です。

伏見城の化粧御殿とその前庭を移築したのは、そこでの秀吉との思い出の多かったからでした。

圓徳院から菩提寺として建立した高台寺に通ったそうです。

また、北政所ねねを慕って多くの大名や禅僧、文化人が集まり、文化サロンのような一面も持っていました。

こちらも巨岩を配した大胆な構成の庭は、桃山時代らしい勇壮な庭です。

高台寺 圓徳院 紅葉 見頃 秋ライトアップ
 

■圓徳院ライトアップ期間・時間・料金

ライトアップ期間 : 2017年10月21日(土)~12月10日(日)

(※12/8、12/9は、法要のため拝観はしていません。)

夜間拝観の時間  : 17:00~21:30(閉門は22:00)

拝観料      : 500円

■圓徳院紅葉の見頃・見所

圓徳院の安置されている三面大黒天は秀吉の念持仏と伝わるものです。

ライトアップの見どころは、点在する巨岩印影と紅葉がライトアップされてとても華やかな色どりになっています。

起伏にとんだ迫力のある庭園がライトアップされることで色彩の幅がとてもひろがり、まるで一幅の絵をみているようですよ。

高台寺 圓徳院 紅葉 見頃 秋ライトアップ
紅葉の見頃時期 : 11月下旬~12月上旬

■通 常 拝 観

時  間 : 10:00~17:30 (17:00受付終了)

拝 観  料 : 大人 500円・中高生 200円

電話番号 : 075-525-0101

アクセス : 市バス「東山安井」下車 徒歩約5分

車では名神高速「京都東IC」より約20分

■京都府京都市東山区高台寺下河原町530  圓徳院

駐車場:高台寺の駐車場利用

 

 

高台寺・圓徳院のチケットお得情報

高台寺と圓徳院を両方行く場合は、共通拝観券を利用するのがお得です。

料金は、900円です。

圓徳院か高台寺掌美術館で販売されています。

高台寺も圓徳院もどちらも昼夜の入れ替えはありません。

夕暮れ時から入場すると昼の紅葉とライトアップの紅葉をどちらもたのしめます。

ライトアップ開始直後は高台寺の方に人が集中するといった傾向があるので、ライトアップの開始時間帯は、

圓徳院から行くのもおすすめです。

 

ま と め

京都の秋を満喫するなら夜間拝観はぜったいに外せません。

最近は照明の技術も進化しているので昼間とは全く違った世界が広がります。

その中でも高台寺と圓徳院は2箇所セットでライトアップされた紅葉を堪能していただきたい場所です。

共通拝観券でお得にまわってください。

秀吉とねねの夫婦の姿に思いをはせながら、秋しかみれない光景をたっぷりおたのしみください。

 

京都の紅葉名所【東福寺】見頃やアクセスと穴場やおすすめコース!

京都の紅葉の名所である東福寺の紅葉見頃時期やアクセスと周辺散策のおすすめコースや穴場的紅葉スポットをお伝えします。

 

東福寺の周辺は紅葉の名所が点在するエリアです。

光明寺や泉涌寺や穴場的紅葉名所の今熊野観音寺など東福寺だけでなく周辺の紅葉の美しさもたっぷり堪能してください!


スポンサードリンク

【東福寺】紅葉の見頃とアクセス方法

京都 紅葉 見頃 穴場 東福寺

■東福寺(とうふくじ)

東福寺は、臨済宗東福寺派大本山の寺院です。

本尊は釈迦如来、山号を慧日山(えにちさん)と号します。

開基は、摂政九條道家、初代住職は当時宋での修行を終えて帰国していた禅僧、円爾です。

鎌倉時代の初期1236年(嘉禎2年)~1255年(建長7年)の19年もの歳月を費やして完成しました。

奈良における最大の寺院の東大寺と最も盛大を極めた興福寺にちなみ「東」と「福」の字を京都最大の大伽藍を造営したものです。

京都五山の第四位の禅寺として中世、近世を通じて栄えました。

明治の廃仏毀釈で規模が縮小されたとはいえ、今なお25もの寺の塔頭(山内寺院)を有する大寺院で、

禅寺最古の山門をはじめ、

本堂、

方丈、

禅堂、

東司

など大伽藍が立ち並ぶ境内は壮観のひとことです。

方丈を取り囲む「八相の庭」は、昭和を代表する作庭家の重森三玲が手掛けたもので現代の名庭として有名です。

紅葉スポットとしては、通天橋から眺めるのが有名ですが、臥雲橋から通天橋を眺めるのも絶景です。

 

■東福寺(とうふくじ)の紅葉の見頃

見  頃 : 11月中旬~11月下旬

■東福寺通常拝観時間等

拝観時間 : 9:00~16:30(受付終了は16:00)

4月~10月末まで12月初旬~3月末 は終了が30分早まります。

紅葉時期の11月~12月初旬までは、 8:30からです。

※無休

拝観料金 : 大人400円 小中学生300円 (通天橋・開山堂)

国指定名勝 東福寺本坊庭園も同じ料金が必要です。

電  話 : 075-561-0087

 

 

■東福寺アクセス方法

・電車の場合

JR奈良線・京阪本線「東福寺駅」下車
南東へ徒歩10分。

・バスの場合
市バス202,207,208系統
「東福寺」バス停下車。

・車の場合

名神高速「京都南IC」より約4㎞
名神高速「京都東IC」より約7㎞
阪神高速8号「京都線IC」より約1㎞
※東福寺参拝者は、駐車場(20台)無料
※但し、紅葉期間10月20日~12月10日まで閉鎖

 ■京都府京都市東山区本町15−778 東福寺

【東福寺】紅葉周辺散策おすすめコース

東福寺はJRと京阪の2つの駅があることからアクセスがとてもいいです。

京都駅から電車にのると2分で「東福寺駅」に着きます。

東福寺周辺の紅葉散策のおすすめコースは

 

「東福寺」→徒歩約20分

「光明院」→徒歩約25分

「泉涌寺」→徒歩約6分

「今熊野観音寺」→徒歩約20分

「養源院」

です。

養源院から博物館三十三間堂バス停は徒歩すぐにあります。

そこから、京都市バス(100系統)にのると約11分で京都駅に到着します。

 

 

■紅葉の穴場スポット【光明院】の通常拝観時間等

 


スポンサードリンク
光明院は、東福寺塔頭で1391年(明徳2)金山明昶によって創建されました。

方丈前の庭園は「波心の庭」と呼ばれ、池泉式の枯山水です。

重森三玲が手がけた庭は、立石と白砂の中に緑豊かな苔の州浜が広がりその奥に紅葉が彩られる姿などおちついた中で京都の紅葉を満喫できます。

京都 紅葉 見頃 穴場 東福寺 光明院
拝観時間 : 8:00~日没

拝観料金 : 300円

京都府京都市東山区本町15−809 光明院



 

 

■紅葉穴場スポット【泉涌寺】の通常拝観時間等

平安時代の創建と伝えられていますが、実質的な開基は、鎌倉時代の月輪大使です。

その月輪大使が建物を造営した際に寺院の一角から清水が湧き出たことから寺名を泉涌寺と改められました。

泉涌寺は、皇室の菩提所としてあがめられていました。

大門を入ってすぐ左手の奥まったところに建つ楊貴妃観音堂には中国の南宋時代の作である観音菩薩坐像が安置されています。この通称楊貴妃観音は、美人祈願として特に女性の参拝客の方に人気があります。

京都 紅葉 見頃 穴場 東福寺 泉涌寺
拝観時間 : 9:00~ 16:30 

※12月1日~2月 末日  8:30~ 16:00

拝観料金 : 大人・高校生 500円  小・中学生 300円 

電  話 : 075-561-1551

京都府京都市東山区泉涌寺山内町27 泉涌寺


 


スポンサードリンク
 

■紅葉穴場スポット【今熊野観音寺】の通常拝観時間等

今熊野観音寺は、空海が熊野権現のお告げを受け、お堂を建立し、自ら一尺八寸の十一面観世音菩薩を彫り、その体内に熊野権現から授かった観世音を納め、ご本尊として安置したことがはじまりとされています。

そのように1200年の歴史を持ち、西国三十三ヵ所霊場としても有名です。

現在は、頭痛封じのご利益を求めてたくさんの方が訪れています。
平安様式の多宝塔や大師堂など見どころも多く紅葉もとても美しいです。

京都 紅葉 見頃 穴場 東福寺 今熊野観音
拝観時間 : 8:00~ 17:00 

拝観料金 : 無料

電  話 : 075-561-5511

■京都府京都市東山区泉涌寺山内町32 今熊野観音寺

養源院の通常拝観時間等


スポンサードリンク

養源院は、浅井長政の長女・茶々(淀殿)が、父の菩提を弔うために1594年(文禄3年)に豊臣秀吉に願って創建した寺院です。

寺号の「養源院」は、長政の法名から付けられました。

当時の建物は、1619年に落雷により焼失、その後、淀殿の妹で2代将軍徳川秀忠の正室となったお江によって伏見城の遺構を移して再興されました。以来、浅井、豊臣、徳川、の菩提所となっています。

本堂の東には、江戸時代の作庭師の小堀遠州守政一が山連峰の阿弥陀ケ峯を遠景とした庭園が広がります。

紅葉時期の深紅の参道もとても美しいです。

京都 紅葉 見頃 穴場 東福寺 養源寺
拝観時間 : 9:00~ 16:00 

拝観料金 : 500円 

電  話 : 075-561-3887

 ■京都府京都市東山区三十三間堂廻リ 三十三間堂廻リ656 養源院


ま と め

京都の紅葉名所である【東福寺】の紅葉の見頃やアクセスと周辺の穴場の紅葉スポットをめぐるおすすめコースのご紹介でした。

東福寺は通天橋からくれないに染まる渓谷が望めるとして紅葉名所としてとても有名ですので混雑を避けるためにも開門直後にいくことをおすすめします。

そのあと徒歩で「光明院」、「泉涌寺」、「今熊野観音寺」、

「養源院」もまわれます。

東福寺はライトアップがされていませんので、拝観の受付終了直前にはいり閉門までの間も人が少しでも少ない時間に紅葉を楽しみたいという人にいい時間帯だと思います。

【京都】金閣寺紅葉の見頃と周辺散策!龍安寺・仁和寺おすすめコース

京都の代表的な寺院である金閣寺(鹿苑寺)の紅葉の見頃と周辺散策のおすすめのコースをお伝えします。

周辺世界遺産寺院の龍安寺、仁和寺の紅葉もたっぷり堪能してください!


スポンサードリンク

【金閣寺(鹿苑寺)】紅葉の見頃と周辺散策おすすめコース

金閣寺 紅葉 見頃 周辺 龍安寺 仁和寺

■金閣寺(鹿苑寺)

金閣寺としてしられている正式名称で鹿苑寺(ろくおんじ)は、臨済宗相国寺派の寺です。

1397年(応永4年)に室町幕府3代将軍足利義満が河内の領地と交換して西園寺を譲り受け、荘厳華麗な北山殿を造営し、北山文化の舞台となりました。

建物の内外に金箔を貼った3層の楼閣建築である舎利殿は金閣(きんかく)は、釈迦の骨(仏舎利)を収める建物です。

この舎利殿(金閣)は、下層から寝殿造り、武家造り、禅宗仏殿造り、と層ごとに異なる建築様式の調和が見事です。

金箔が張られているのは、2層、3層部分です。

その舎利殿を含めた寺院全体が金閣寺(きんかくじ)として知られています。

相国寺の山外塔頭寺院で、寺名は開基の足利義満の法号 鹿苑院殿にちなんでいます。山号は北山(ほくざん)です。

舎利殿は室町時代前期の北山文化を代表する建築でしたが、1950年(昭和25年)に放火により焼失し、1955年(昭和30年)に再建されたものです。

1987年(昭和62年)に金箔の張替えや修復が行われています。

1994年(平成6年)にユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」の構成資産に登録されました。

金閣のほかにも江戸時代の茶人金森宋和が造営した「夕佳亭(せっかてい)」「鐘楼(しょうろう)」付近の紅葉も見どころです。

 

■金閣寺(鹿苑寺)の紅葉の見頃

見  頃 : 11月中旬~12月上旬

 

■金閣寺(鹿苑寺)周辺散策おすすめコース

金閣寺の周辺は、徒歩圏でとても有名な寺院がありますので、せっかくですから周辺の散策していただきたいですね。

おすすめコースでの散策の京都駅からの時間の目安です。

■京都駅から金閣寺までのアクセス

「京都駅」からは、京都市バスで直接いくと約36分で行けます。

★市バス101・205系

「京都駅」から地下鉄烏丸線で「北大路駅」まで(約13分)行き、そこから京都市バス(約16分)で行く方法もあります。

★市バス101・102・204・205系

バスで、一本の方が混雑具合にもよりますが、バス代だけでいけますのおすすめです。

どちらも「金閣寺道バス停」で下車しましょう。

そこから徒歩約3分で「金閣寺(鹿苑寺)」です。

■金閣寺周辺散策のおすすめコース

「金閣寺(鹿苑寺)」からは、きぬかけの路をたどっていくと静寂でつつまれた「龍安寺の石庭」でこころをあらい、「大伽藍の仁和寺」で風雅と親しんでいただけます。

「龍安寺」、「仁和寺」も世界遺産に名を連ねる寺院です。

四季を通じておすすめなコースですが、紅葉をまとった名刹はとても華麗でほかの時期にはない美しさを味わっていただけます。

 

「金閣寺」→徒歩約20分

「龍安寺」→徒歩約12分

「仁和寺」→徒歩約2分

嵐電「御室仁和寺駅」

「きぬかけの路」をいくのがこのコースです。

このコースで歩く距離は約3km

所用時間は、3時間あればまわれると思います。

道を迷う心配もありません。

(金閣寺から龍安寺までは坂を上がって下るところもありますので、そこが気になる方はその間をバスで移動といったこともできます。)

この距離をあるいて世界遺産をめぐれるというのはおすすめですね。

 

■金閣寺の通常拝観時間等

拝観時間 : 9:00~17:00

※無休 (特別拝観時は時間が異なることもあり)

拝観料金 : 大人400円 中学・高校生300円 

電  話 :075-461-0013

京都市北区金閣寺町1 金閣寺



駐車場:あり 150台(1時間300円以後30分毎150円)

 

■龍安寺(りょうあんじ)の通常拝観時間等

金閣寺 紅葉 見頃 周辺 龍安寺 仁和寺
龍安寺は、1450年(宝徳2年)室町幕府の有力者であった細川勝元がに創建した臨済宗妙心寺派の寺院で禅寺です。

本尊は釈迦如来です。

「古都京都の文化財」として世界遺産に登録されています。

応仁の乱の焼失後、勝元の子の細川政元と4世住持・特芳禅傑によって、1499年(明応8年)に再興されました。

重要文化財の方丈は、1799年(寛政9年)の火災でもとの方丈が失われた後、塔頭の西源院方丈を移築したもので、1606年(慶長11年)の建立です。

龍安寺といえば、枯山水の石庭として世界的に知られています。

このきっかけとなったのは1975年にエリザベス2世が龍安寺を公式訪問した際に石庭を称賛したことでした。石庭は、正確な築造時期や作者、意図などが定かでないため、謎深き庭として様々な憶測をよんでいます。

白砂に配された大小の15個の石はどこからみても15個すべての石を一度に観ることはできません。

また、石庭は、石の配置から「虎の子渡しの庭」「七五三の庭」の別称があります。

石庭のほかにも平安時代に貴族たちが舟をうかべ詩歌管弦をたのしんだといわれる「鏡容池(きょうようち)」や 茶室蔵六庵の露地にある「知足の蹲踞(つくばい)」など見どころが満載の寺院です。

拝観時間 : 8:00~ 17:00 3月1日~11月30日)  

※12月1日~2月 末日  8:30~ 16:30

拝観料金 : 大人・高校生 500円  小・中学生 300円 

電  話 :075-463-2216

京都府京都市右京区龍安寺御陵ノ下町13 龍安寺


駐車場:あり 80台(参拝者に限り1時間無料)


スポンサードリンク
 

■仁和寺(にんなじ)の通常拝観時間等

金閣寺 紅葉 見頃 周辺 龍安寺 仁和寺
仁和寺は、真言宗御室派総本山の寺院です。

山号は、大内山で、本尊は阿弥陀如来です。

888年(仁和4年)、光孝天皇の遺志をついだ宇多天皇によって創建されました。「西山御願寺」と称されましたが、やがて年号をとって仁和寺と号されました。

宇多天皇は出家後、仁和寺伽藍の西南に「御室」(おむろ)と呼ばれる僧坊を建てて住まわれたため、「御室(仁和寺)御所」の別称があります。

応仁の乱ですべてを焼失したもの本尊の阿弥陀三尊は持ち出され、焼失を免れます。

江戸時代になって徳川幕府の援助や御所からもいくつかの建物を移築して再建しました。

「古都京都の文化財」として、世界遺産に登録されています。
皇室とゆかりの深い寺(門跡寺院)ですが、明治維新以降は、仁和寺の門跡に皇族が就かなくなったこともあり、「旧御室御所」とも称するようになりました。
御室は桜の名所としても知られています。

秋の紅葉の時期も五重塔の周辺が紅に染まる姿が王朝文化の雅にふれられとても素敵です。

 

拝観時間 : 9:00~ 17:00 3月1日~11月30日)  

※12月1日~2月 末日  9:00~ 16:30

拝観料金 : 大人 500円  小・中学生・高校生 300円 

電  話 :075-461-1155

京都府京都市右京区御室大内33 仁和寺


駐車場:あり (1回500円)

ま と め

京都の金閣寺紅葉の見頃と周辺散策のおすすめコース龍安寺・仁和寺についてお伝えしました。

金閣寺からは、きぬかけの路をとおり龍安寺・仁和寺といった世界遺産の寺院を徒歩でまわることができます。

衣笠山の懐で金色と紅葉のもみじのコントラストや幻想の絵巻を見るような名刹をの紅葉をたのしんでください!

【京都】醍醐寺の紅葉の見頃!2017ライトアップ期間とアクセス・ランチ

京都の紅葉をたのしむのは、さまざまな場所がありますが、今回、京都市街かひと足延ばしたエリアにある醍醐寺の紅葉の見頃の2017ライトアップ期間と特別拝観時期、アクセスや境内でたのしめるランチの情報などをお伝えします。

 


スポンサードリンク

【醍醐寺】2017紅葉の見頃・ライトアップ期間

京都 醍醐寺 紅葉 見頃 ライトアップ アクセス 

■醍醐寺(だいごじ)

醍醐寺は、真言宗醍醐派総本山の古都京都の文化財として世界遺産に登録されている寺院です。

山号を醍醐山(深雪山とも)といい、本尊は薬師如来です。

伏見区東方に広がる醐山(笠取山)に200万坪以上の広大な境内もつ醍醐寺の創建は874年(貞観16年)です。

開基は空海の孫弟子にあたる理源大師聖宝で、准胝観音並びに如意輪観音を笠取山頂上に迎えて開山しました。

そして、聖宝は笠取山頂上頂付近を「醍醐山」と名付けます。
醍醐寺は、当初山深い醍醐山頂上一帯「上醍醐」を中心に、多くの修験者の霊場として発展します。

その後、醍醐天皇が、醍醐寺を自らの祈願寺とすると共に手厚い庇護をしたことによって圧倒的な財力をもとに醍醐山麓の広大な平地に大伽藍「下醍醐」が発展することになりましたが、応仁の乱など戦乱で下醍醐は荒廃します。

そして、五重塔のみが残されました。

この五重塔は、京都府内で最古の木造建築物です。

その後、豊臣秀吉による「醍醐の花見」をきっかけに、紀州などから寺院建築が移築されたり三宝院が建設されたりなどし、現在の様子に近くなりました。

「醍醐の花見」の行われた地で有名ですので醍醐寺といえば桜と思われますが、紅葉も格別です。

醍醐寺にはモミジ・イチョウ・コナラ・リョウブなどの落葉広葉樹も多くあり、これらの樹々が色づき、見事な紅葉を見せてくれます。

特に三宝院の紅葉は非常に美しいと評判です。

 

■醍醐寺の通常拝観時間等

拝観時間 : 9:00~17:00

※3月1日から12月第1日曜日までの期間

※12月第1日曜日の翌日から2月末日までの期間(9:00~16:30)

拝観券の発券は閉門1時間前まで(各所の入場は閉門30分前まで)

拝観料金 : 大人800円 中学・高校生600円 小学生以下は無料

3月20日~5月15日、10月15日~12月10日 1500円

※この拝観券は、(三宝院・霊宝館・伽藍)の下醍醐です。

上醍醐は、

夏期(3月1日~12月第1日曜日) 9:00~16:00

冬期(12月第1日曜日の翌日~ 2月末日) 9:00~15:00

大人600円 中学・高校生400円 

※小学生以下は無料

 

TEL:075-571-0002

京都 醍醐寺 紅葉 見頃 ライトアップ アクセス 

■醍醐寺紅葉見頃と2017ライトアップ期間・秋の特別拝観


スポンサードリンク

見  頃 : 11月中旬~12月上旬

ライトアップ期間

11月18日(土)~12月3日(日)

時  間 : 18:00~20:50(20:10受付終了)

参 拝 料  : 一般1000円

秋の特別拝観

10月15日(日)~12月10日(日)(予定)

参 拝 料  : 拝観料のみ

京都 醍醐寺 紅葉 見頃 ライトアップ アクセス 

【醍醐寺】アクセス

アクセス :

・「JR京都駅」→JR東海道本線(琵琶湖線)または湖西線約5分「山科駅」→京都市営地下鉄東西線約10分→「醍醐駅」下車徒歩10分
 
 
・「JR京都駅」→JR奈良線「六地蔵駅」→京阪六地蔵駅で地下鉄東西線に約5分→「醍醐駅」下車徒歩10分
 
 

・「京都駅八条口」ホテル京阪前(山急醍醐寺ゆき乗り場)→約30分「醍醐寺」下車

■京都市伏見区醍醐東大路町22    総本山 醍醐寺


駐車場:あり 100台(有料)

 

【醍醐寺】境内でのランチ

京都 醍醐寺 紅葉 見頃 ライトアップ アクセス ランチ

■【醍山料理 雨月茶屋】

境内の一角にある「醐山料理 雨月茶屋」では旬の素材を使った伝承の醐山料理をいただくことができます。

醐山料理は、「水」と「旬の素材」にこだわった伝承料理です。

京野菜と醍醐の山菜を鮮やかに盛り合わせたお料理をたのしめます。

竹の子寿司「すもし」が名物です。

筍すもしと生湯葉を使った身体に優しい箱膳「桜膳」3780円、四季が味わえる「一味膳」2160円やお手軽な弁当「雨月」1620円等がおすすめです。

営業時間 : 11:00〜17:30(閉店18:00)

電話番号 :  075-571-1321

予約受付 :  あり(会席等要予約)

京都 醍醐寺 紅葉 見頃 ライトアップ アクセス ランチ
■ 京都府京都市伏見区醍醐東大路町35−1 雨月茶屋


 

ま と め

京都の紅葉の名所である醍醐寺の紅葉の見頃や2017ライトアップ期間と特別拝観・アクセスや境内でのランチ情報をお伝えしました。

醍醐寺は、豊臣秀吉が華麗なるお花見を催した「醍醐の花見」として有名な寺院です。

醍醐寺は敷地がとてもひろく、五重塔、金堂、弁天堂等荘厳な伽藍が立つ「下醍醐」と創建当時からある山上の「上醍醐」とあります。

境内内でもおいしいランチもいただけますので、時間をたっぷりとって「上醍醐」から見る紅葉もゆっくり味わっていただきたい場所です。

【京都】湯豆腐が安くておいしいおすすめランチ!『南禅寺以外編』

京都で湯豆腐をたべたい!

というとやはり南禅寺前の湯豆腐の名店が思い浮かびますが、安くておいしいおすすめなお店は南禅寺以外以外にもあります。

というか美味しくて穴場です!

是非、京都での湯豆腐ランチをたんのうしてくださいね!


スポンサードリンク
 
 

清水順正 おかべ家

清水順正 「おかべ家」は、南禅寺ではなく清水寺近く、三年坂から清水寺への道筋にあるお店です。

南禅寺に本店がある「順正」の姉妹店です。
湯豆腐のコースメニューが2,000円(税抜き)からあるといったかなりリーズナブルで湯豆腐が楽しめます。

朝から、清水寺や三年坂などを観光して早い目にお昼をたのしむといったことがおすすめコースです。
このお店の湯豆腐は、お豆腐の淡泊で繊細な味を生かし独特のタレいただきます。

「清水順正 おかべ家」さんは、由緒ある建物から京都市内が一望できるのもひとつの魅力です。

京都の風雅な味を、お安くたのしめる、穴場的お店です。

京都 湯豆腐 安い おいしい おすすめ ランチ 南禅寺以外
営業時間 : 10:30〜17:00 

アクセス   :  市バス206線  「五条坂 」下車 徒歩8分 

電話番号 :  075-541-7111 

予約受付 :  あり
■京都府京都市東山区清水寺門前清水2丁目


 

豆水楼 木屋町本店

「豆水楼」は、木屋町の本店と祇園にもにあります。

お昼限定の豆腐懐石だと木屋町本店で2,500円(税抜き)~ですのでランチにはいいですね。

路地裏に佇む大正時代の町家をそのまま生かした木屋町本店は、鴨川を望みながら四季折々の豆腐料理を風情たっぷりに楽しむことができますよ。

夏には川床されていますのでその季節にいかれたときは、是非体験してください。

京都散策の合間に由緒ある京町家で味自慢の豆腐料理はいかがでしょうか。

京都 湯豆腐 安い おいしい おすすめ ランチ 南禅寺以外
営業時間 :

月~土 

昼 11:30~14:00(最終入店)
夜 17:00~22:00(最終入店21:00)


日・祝
昼 12:00~15:30(最終入店14:30)
夜 17:00~21:30(最終入店20:30) 


アクセス   :  三条駅から約160m

電話番号 :  075-251-1600

予約受付 :  あり
■京都府京都市中京区上大阪町 木屋町通三条上る上大阪町517-3



 

 

とようけ茶屋


スポンサードリンク
 
「とようけ茶屋」は、北野天満宮近くにあります。

「とようけ茶屋」を造ろうと思いたったきっかけは、

明治三十年開業し、北野天満宮門前町にある「とようけ屋山本」に来られた遠方のお客さまに「ここで食べられますか?」と尋ねられたことだったといいます。

そうした方に何とか食べて戴きたいと考えるうちに
「湯豆腐だけならもっと安く食べてもらえる」といったことで平成4年にデキたお店です。

湯豆腐御膳は、なんと1,100円(税抜き)~

料亭の京料理でなく、お豆腐屋さんのつくる茶屋の食事です。

この安さですのでいつも混んでいるので注意してください。

京都 湯豆腐 安い おいしい おすすめ ランチ 南禅寺以外
営業時間 : 11:00~15:00

※売店売店は、10:00~18:30
木曜定休(25日は、営業で月1回不定休あり)

アクセス   :  市バス「北野天満宮前」下車徒歩すぐ
京福電鉄「白梅町駅」より東へ徒歩5分


電話番号 : 075-462-3662 

予約受付 :  なし

 

■京都府京都市上京区 今出川通御前西入紙屋川町822


 

山とみ

「山とみ」は、先斗町にあります。

夏の時期には鴨川を臨む川床もあります。

京都河原町でお手軽ランチをたのしめるお店として人気です。

落ち着いた雰囲気で京都らしいお料理を楽しむことができます。

ランチの湯豆腐御膳は、1,580円~

湯豆腐は単品でも注文出来ます。

京都 湯豆腐 安い おいしい おすすめ ランチ 南禅寺以外
営業時間 : 

5月~9月の期間
月~金
昼:11:30~14:00
夜:16:00~23:00 (ラストオーダー22:30)



土・日・祝祭日


11:30~23:00  (ラストオーダー22:30)

10月~4月はラストが30分早くなります。

1月20~2月19日は月~金は、お昼の営業なしです。

火曜日(祝・祝前日の場合は営業)

アクセス   : 阪急京都線「河原町」駅から徒歩3分

「祇園四条」駅から195m

電話番号 : 075-221-3268

予約受付 :  あり※但し、コースによる

■京都府京都市中京区先斗町四条上ル鍋屋町226



 

西山艸堂 (せいざんそうどう)

西山艸堂 (せいざんそうどう) は、天龍寺の塔頭の一つ「妙智院」の中にあるお店で湯豆腐専門店です。

戦後早々の創業で、嵯峨で一番古い湯豆腐のお店です。
禅の修業道場を思わせる店名は、妙智院の別号で「西の山の草深い所に立つお堂」という意味なのだそうです。

縁側から店内入るとメニューは一つ「湯どうふ定食」です。

しかないので、飲み物をオーダーするだけ!

3,000円(税抜き)でランチとしては安いとは言えないのですが、ボリュームが満点なのです。

ゆどうふ定食というより、湯豆腐会席

精進料理なのでお野菜や湯葉の天ぷら、胡麻豆腐とひろうすetc・・・。

そしてメインの湯豆腐は、嵐山の豆腐として有名な老舗、森嘉の豆腐を使用されています。

雰囲気も最高で畳で、ゆっくりした時間が静かに流れます。

京都 湯豆腐 安い おいしい おすすめ ランチ 南禅寺以外
営業時間 : 11:30~16:30(閉店17:00)

水曜、月1日火曜不定休、8/17~23、12/29~1/4

アクセス   :  京福電鉄「嵐山駅」から約100m

電話番号 : 075-861-1609

 

■京都府京都市右京区嵯峨天龍寺芒ノ馬場町63

ま と め

湯豆腐を食べるんであれば、南禅寺前といったことを考えられている方はおおいですが、実は湯豆腐を食べるのにおすすめなところは、それ以外のところにたくさんあります。
有名どころは、一度行かれてもいいですが、今回紹介したお店も「湯豆腐」ランチを堪能できますよ。

夜使いもできるお店もあります。

どれもおすすめなお店ですので、京都のおたのしみの参考になればと思います。