お中元・お歳暮の断り方【親戚・会社】やめるときの手紙・挨拶の文例

会社の上司、仕事関係や親戚や

プライベートでいつもお世話になっている方に

日頃の感謝を込めてお中元・お歳暮を贈られている方は多いです。

しかしその関係が疎遠になっていたり、長年続いている中で環境もかわり

「そろそろやめたいな」と思うことがあります。

しかし、突然贈るのをやめると「失礼になるのでは」と心配したり、

こちらがやめても先方から届いてしまい結局お返しをしてズルズルと続いてしまう場合もあります。

では、お中元・お歳暮を先方に不快を与えずにやめるのはどうしたらいいのでしょうか。

お中元・お歳暮の上手な断り方や今後のやりとりを中止・やめるときの挨拶の文例をお伝えします。



スポンサードリンク
 

お中元・お歳暮のやめ方・断り方

お中元 お歳暮 断り方 親戚 会社 やめるとき 手紙 挨拶 文例
では、お中元・お歳暮をやめるにあたってそれぞれの意味合いを確認しましょう。

■お中元・お歳暮の意味とは?

そもそもお中元とは、

夏の暑い時期に、

日頃からお世話になっている方に

感謝と健康を気遣う想いを込めて送るもの』です。

 

そして同様の意味合いで年末に送るのがお歳暮です。

このようにお中元やお歳暮にはきちんとした意味があります。

そのため先方から来たから返す、

形だけの贈り物では『虚礼』になってしまいます。

 

■虚礼(きょれい)とは?

虚礼とは、

字の通り、「偽りの礼」ということです。

形だけのもののやりとりは、

相手に対して失礼になってしまいますし、

お互いに単なる義務的行動になっているのであれば、

「お中元(お歳暮)をまた送らなくては・・・。」

という気兼ねだけになってしまいます。

このようなやりとりをするくらいなら、

いっそやめてしまった方がいいですね。

そうしたほうが、

虚礼より相手に対して失礼ではありません

 

 

■お中元・お歳暮をやめるなら【親戚・親しい方の場合】

では、もうやめようと決めた思ったお中元・お歳暮ですがどのようにやめるかが問題になります。

 

親戚などの親しい間柄なら

あまり難しく考えずに

話し合ってお互いにやめた方が簡単です。

遠方の親戚でなかなか連絡を取りづらい場合であれば

時候のあいさつ

共に今後は「やめてほしい」

とお願いする形でお断りの旨を伝えるといいでしょう。

 

また、お中元・お歳暮を贈るのを

きっぱりやめるというのも一つの手段です。

送らなければ先方からも送られてこなくなります。

しかし、

失礼にならないか心配という方は、

やはり今後の「お中元・お歳暮のお断りの旨」

を書いたお礼状を贈る方がいいでしょう。

 

■お中元・お歳暮をやめるなら【会社関係の場合】

会社の取引先や上司などビジネスに関係する方への

お中元・お歳暮はこれまでとは

とりまく環境が変わるタイミングが

で贈るのを辞めるといったことが多いですね。

ビジネスでの取引関係がなくなったり

人事異動で社内でも関りがなくなったり

したときです。

わかりやすいタイミングですし、

理由が明確ですのでので

相手も贈られてこなくなってそれほど

何故なのかといったことないと思いますので

そのまま贈らなくなっても問題ないです。

もちろんビジネスの関係でなく

これからもお付き合いをしたいと思うような間柄でしたら

そのまま続けられればと思います。

また、双方でのお中元・お歳暮のやり取りがあって

こちらだけ一方的に辞めても贈られてきたといった場合は、

最後にお中元・お歳暮の品を贈る際に

「今後は、贈答のやりとりを辞めさせていただこうと思う」

といった文面を

お礼の挨拶文とともに一文はっきりと入れておくといいですね。

 

 

 

 

お中元・お歳暮やめる時の挨拶文

お中元 お歳暮 断り方 親戚 会社 やめるとき 手紙 挨拶 文例


スポンサードリンク
 

■お中元・お歳暮を辞めるときの挨拶文の書き方・ポイント

では、ビジネス関係の方や

あまり親しくない親戚へのお中元・お歳暮のやめ方としては

どのようなあいさつ文を書けばいいのでしょうか。

まず、書く際に注意するポイントがあります。

 

①まずは贈り物への感謝を伝える

②今後はお中元・お歳暮を贈るのをやめる旨きっぱり伝える

③ただ、「受け取らない」と記載するのではなく、

「やめてほしい」とお願いする形で書く

 

■お中元・お歳暮を辞めるときの挨拶例文

このようなポイントを踏まえた例文をご紹介します。

 

「拝啓 猛暑の候、暑い日が続いておりますが

〇〇さま、ご家族の皆さま、お変わりなくお過ごしでしょうか。

この度は結構な品をお送りいただいて、誠にありがとうございます。

日頃、私どもの方がお世話になっておりますのに、過分なお心遣いをいただき恐縮しております。

ご好意は大変ありがたく存じますが、今後はこのようなお気遣いはなされませんようお願い申し上げます。

お気持ちだけありがたく頂戴いたします。

まだまだ暑い日は続きますが体調を崩されませんようご自愛ください。

まずは取り急ぎ、お礼とお願い申し上げます。     敬具

 

上記はお中元時のお礼状ですが、

時候の挨拶文をかえればお歳暮の際にも同様の文面で大丈夫です。

 

 

ま と め

このように、お中元・お歳暮を贈ることを

やめたい時は丁寧なお礼状を添えてお返しを贈ると、

先方に不快な想いをさせずにやめることができます。

ただ、お礼状の書き方が無礼になってしまうと失礼になってしまうので、

感謝を伝えると共に、やめるにあたってお願いする形で書くことをおすすめします。

時候の挨拶【1月~12月】文例まとめ!手紙の書き出しと結びの言葉

手紙や文書を書く時の書き出しや結びの言葉難しいですね。

書き出しのひとことは、そのひとことが相手に好印象を与えることもあるためにとても大切です。

そして、結びのひとことがやさしい余韻を残すといったことができます。

そういったことで書き出しと結びの言葉は手紙をかくうえでとても大き役割をになっています。

しかし、手紙が苦手といった方は特に

書き出しと結びの言葉に悩む方が多いのではないでしょうか。

いろいろな書き出しと結びの言葉を知っておくと

ぐんんと手紙は書きやすくなり、

おっくうなものではなくなり、楽しめるようになってきます。

今回は、手紙の書き出しと結びの言葉の書き方や例文と時候の挨拶【1月~12月】文例まとめをご紹介します。



スポンサードリンク
 

 

手紙の書き出しの基本の書き方

ほどんどの手紙は、

相手や要件に応じた

「頭語」「時候の挨拶」書き始めます。

そのような

「頭語」から「時候の挨拶」へ続く文章は、

改まった丁寧な印象を相手に与えます

しかし、一般的には、

「頭語」を省略した

「時候のあいさつ」からの書き出しが、多いです。

 

この書き出しが四季がある日本人にあった手紙の書き出しの基本です。

流れが、自然で一番多く用いられているのですね。

その基本の書き出し、

「時候の挨拶」は特段気取った言葉を使う必要はありません

背伸びした実感をともなわない言葉を使うと後が続かなく、

ちぐはぐなことになってしまいます。

 

時候の挨拶文【1月~12月】例文!まとめ一覧

コチラに例文を使っての各月の「時候の挨拶」をあげてあるので参考にしてみてください。

 

時候の挨拶文【1月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【2月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬季語の使い分け

 

時候の挨拶文【3月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【4月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【5月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【6月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【7月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【8月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【9月】  書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【10月】 書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【11月】 書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶文【12月】 書き出し・結びの例文!上旬・中旬・下旬の季語の使い分け

 

時候の挨拶 春 夏 秋 冬 1月~12月 文例 手紙の書き出し 結びの言葉

手紙の結びの言葉の書き方・例文



スポンサードリンク

一般的な手紙は、

主文のあと

相手の健康を気遣ったりするなどの

やさしいやわらかな言葉がけがあって結びとなります。

この終わりの挨拶に続き、

さらに結語を書き添えるとより丁寧な

結び方になります。

結語は、いつでもどんなものでも使えるというものではありません。

書き出しに頭語を使った場合その頭語に対応する決まった結語を

うかうといた決まりごとがありますので気をつけましょう。

こちらは別の記事でご紹介いたします。

 

頭語で始まり、結語で結ぶ手紙は改まった印象を与えます。

しかし、

通常の手紙では、

頭語・結語は省略して終わりの挨拶で結んでもいいのです。

では、具体的な結びのことばの文例をあげておきます。

 

■【一般的な挨拶】の手紙の結びの言葉文例


・まずはお知らせまで

・まずは御礼まで

・まずはお願いまで

・まずはお詫びまで

・まずはお祝いまで

 

・取り急ぎ、用件のみしたためました。

・書面にて失礼いたしました。

・今後ともどうぞよろしくご指導くださいませ。

・どうぞよろしくお願い申し上げます。

 

■【健康や幸せを祈る】挨拶の手紙の結びの言葉文例


・一層のご活躍をお祈り申し上げます。

・よりいっそうのご発展をお祈りいたします。

・皆様のご多幸を念じつつ筆をおきます。

・どうぞいつまでもお幸せに

・ご無理など決してなさいませんように

・お身体ご大切に

・ご養生専一にと祈っております

・ご健康にはくれぐれもお気をつけて



スポンサードリンク
 

■結びの言葉で使える時候の挨拶文例【春夏秋冬】

春に使える時候の結びの挨拶


・季節の変わり目、くれぐれもお体を大切に

・春とはいえ、まだまだ寒い日が続きます。お大事になさってくださいませ

・花どきは天候不順と申します。どうぞご自愛ください。

 

夏に使える時候の結びの挨拶


・暑さに負けずご活躍ください。

・酷暑の折から寝冷えなどなさいませんように

・夏のお疲れが出ませんようにと祈っております

・まずは、暑中お伺いまで

 

秋に使える時候の結びの挨拶


朝夕はめっきり涼しくなりました。お身体おいといください。

・寒さに向かいます折からご自愛専一にしてださい。

・深まりゆく秋の日々をさわやかにお過ごしください。

 

冬に使える時候の結びの挨拶


・厳しい寒さが続きますが、お身体ご大切に

・日ごと寒さが加わります。お風邪などメしませんように

・悪い風邪がはやっておりますのでお気をつけてくださいませ

・春はそこまでやってきております。どうぞ健やかにおすごしください。

 

■結びの言葉挨拶文例【その他】


・くわしいことはお会いした折に申し上げます。

・決まり次第にお手紙を差し上げます。

・近いうちにお目にかかりたいと存じます。

・お会いする日を楽しみにしております。

・お返事こころよりお待ち申し上げております。

・末筆ながら、奥様へもよろしくお伝えくださいませ。

ま と め

時候の挨拶【1月~12月】文例まとめ!と手紙の書き出しと結びの言葉の書き方をお伝えしました。

手紙や文書は書きなれないとなかなか書きはじめや終わり方もわかりにくいものです。

それに時候の挨拶となるとどんな言葉を入れたらいいのかわかりにくいものです。

ですが、基本は、前文と主文と末文で考えると書きやすいです。

前文には、「時候の挨拶」そして末文で「相手の健康などを気遣う文章」などを入れると形が整いやすいです。

1月~12月までの季語などを使っての時候のあいさつの例文もあげてありますので、

ご参考にして下さい、