金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

iphone6中国北京で販売停止命令!アップル知的財産権敗訴と画像比較

   

     

中国北京市で、中国メーカーが米アップルに対して訴えてた問題。

『iPhone6(アイフォーン)』が製品に中国メーカーの販売しているスマートフォンのモデルと外観が酷似しているといった訴えを認めた。

これによって『iPhone6(アイフォーン)』の北京市内での販売停止を命じた。このiPhoneの本家を米アップルを訴えそれが認められるというに本末転倒さにびっくりした人も多いのではないでしょうか。これってほんとうなの?ということと問題の中国メーカーの販売しているスマートフォンの画像比較などもお伝えします。



スポンサードリンク
 iphone-569065_640
 

中国メーカーの販売しているスマートフォン

北京市の知的財産権局が、米アップル社の販売している『iPhone6・6 plus 』のデザインは国内ベンダーのスマートフォンを模倣していると認定した。それにより米アップル社に対して販売停止を求める仰天命令をだした。

米アップル社と中国で販売を請け負う中复公司に対し、意匠権を侵害しているとして『Phone6・6 Plus 』の販売を控えるように命じたとのことだ。

『 iPhone6・6 Plus 』のデザインが、中国深センの佰利(baili)公司が権利を所有しているスマートフォン『 100c 』を模倣していると訴えを認めた形だ。

佰利公司の実態はほとんどなく、いわゆる「山寨(ニセモノ)」の製品を取り扱う企業だと見られています。

北京市の知的財産権局は、『 100c 』と『 iPhone6・6 Plus 』の違いは存在するものの、消費者が注意してみなければ分からないようなぐらいの差であるとしている。

このようなのことだが似ているのでしょうか?

『 100c 』

acc1630b-s (1)
『 iPhone6 』と『 100c 』

キャプチャ
 

 

そもそも真似をしたのはどちらなのか?

北京市の知的財産権局は「特許侵害紛争処理の決定書」を公表している。

これに対して米アップル社は、外観は似ていないし、特許権も侵害していないとして取り消しを求めている。

中国メディアによると、司法の判断が確定するまでアップルは販売を継続できるということだ。



スポンサードリンク
iphone-6-458150_640
 

 

iPhone6販売停止命令についての声

自己中な後進国の身勝手な措置。世界中の笑い者だ!に本末転倒。自己中な後進国の身勝手な措置。世界中の笑い者だ!

 

そのうち上海市がミッキーマウスを、中国製ネズミキャラに酷似しているということで訴える予感。

中国でiPhone6そっくりのスマホが売られてると聞いは聞いていましたが、

てっきり、その種の話かと思ったらと思ったらその問題の佰利公司のスマホが本家だとするってほんとう目茶苦茶ですね。

 

こういうの見るとアメリカが真にTPPに巻き込むべきは中国だと思う。よりによってアップル敵に回しちゃうとこが、おもしろい。

ほんとうにたくましい国です。

アップル社といった誰もが世界中で知らない人はいないというような大企業にもこれですから、名も知られてないような小さい会社だと簡単に中国では飲まれてしまうのでしょう。

恐ろしいことです。

パクったのはどっちなんだ、、、、 iPhoneの方がどう考えても昔からあるだろwwwww

 

中国はほんとアメリカの悪いところばっかり真似してるよね。

 

なんでもありだなw 著作権無視、コピー品溢れてる事は棚に上げて。

 

すごく中国らしいニュースととるかどうかですが、アップルがデザインをパクっているってことを「山寨(ニセモノ)」の製品を取り扱う企業が訴えそれが認められるといったことはありえる国というのが驚きです。

 

ま と め

中国北京市の知的財産当局が米アップル社に対して『iPhone6』を北京市内での販売停止を命じた問題についてお伝えしました。

お伝えしたように米アップル社は、中国のiPhone6の販売停止命令を受けてもちろん、すぐに中国の知的財産権局を提訴しています。

販売停止命令の撤回と同時に、『iPhone6・6 Plus』が特許権の保護対象範囲から外れている点を指摘しています。

もし、米アップル社がこれを敗訴すれば中国国内で『iPhone6・6 Plus』を販売することができなくなるります。今後も注目したいです。

最近も中国では、革製品を手掛ける企業が「IPHONE」を商標登録、アップルの商標権独占を認めないとする判決が下されている。

真正面からアメリカにいちゃもんをつけに行く態度はさすが中国だと思わざるえないです。

やってることが逆だだれもが思うこの問題ほんとうにこういったことが続くようであれば、中国に外国のメーカーが進出するのはリスクが大きすぎてできないといった状況になるのではないでしょうか。

スポンサードリンク

 - iphone