芸能

ジャスティンビーバーツアー取り止め!中止理由の不良行為とは靖国?

カナダ出身の人気歌手ジャスティン・ビーバーさん。

最近は、ソフトバンクのCMなどでも日本でも有名ですね。

そのジャスティン・ビーバーさんが現在行っている世界ツアーの残りの公演を中止すると発表しました。

その理由についてや中国のいう不良行為とは何のことなのかを調査しました。

 

スポンサードリンク
 

ジャスティン・ビーバーツアー公演中止理由とは?

■世界ツアー途中での公演中止理由とは?

ジャスティン・ビーバーさんが自身のフェイスブック

「世界ツアーの残りの公演を中止」の声明を出したのは、7月24日のことです。

昨年3月に開始した世界ツアーは、既に世界各地で150以上の公演を終えています。

残りのコンサートツアーは、北米(9公演)やアジア(5公演)での14公演を残すのみでした。

その14公演の中に日本での公演

東京公演の9月23日、24日が含まれています。

東京公演は両日とも東京・味の素スタジアムで行われる予定で、計10万人を動員する最大規模の野外スタジアム公演はチケットがすでに完売し、追加席も発売されいました。

ジャスティン・ビーバーさんの人気はすごいですからね。

そうした日本、香港、フィリピンでの公演の後、10月7日にシンガポールで幕を閉じる予定でした。

明確な理由は現在のところ公表はされていまぜん。

もちろん販売済みのチケット代は返金されるということですが、ジャスティン・ビーバーのコンサートを心待ちにしていたファンからすれば、理由の詳細を述べずにといったことは納得できませんね。

声明ではツアー中止の理由について「不測の事態によるもの」と抽象的な理由しか出てきていません。

ほんとうのジャスティン・ビーバーのコンサートの中止理由については謎になっています。

 

ジャスティンはファンを愛しており、彼らを失望させることを嫌がっている。過去18カ月間にわたるツアーで、素晴らしい体験を与えてくれたファンに感謝している。しかし、慎重に検討した結果、彼はこれ以上、公演を行わないことに決めた

■ジャスティンはツアーに飽きたのか?

ジャスティン・ビーバーのコンサートの中止理由は、

米情報サイトTMZでツアー関係者の話として、

「ジャスティンはもう、ツアーに飽きてしまった」といったような中止理由をあげています。

コンサートに飽きてしまったというのは、あまりにも心待ちにしていたファンからすればひどい話です。

しかし、

「ファンを愛している

ファンを失望させる

ことを嫌がっているそして慎重に検討した結果」

といった言葉がコメントにもかかれていることからいってもツアーを続けられないほど飽きたという理由であるというのはちょっと不可思議です。

https://twitter.com/lovemybieebs/status/889638211533897731

■ツアー中止理由は中国なのか?

他の中止理由には、中国の北京市当局が7月18日に、

「過去の不良行為」を理由に中国の国内公演を認めないとの公式見解を出していることが関係しているのではといわれています。

そのときは、中国での公演の中止のみでしたが、

今回は、他の国での残りのツアーの中止の発表となってしまいました。

中国ではこれまでにも行動や楽曲が問題となり、

人気歌手である

ケイティ・ペリー

レディー・ガガ

マイリー・サイラス

ビヨンセなどの公演や楽曲が禁止されたことがあります。

この中国の中止がジャスティンのモチベーションも保てなくなってきたのでしょうか。

https://twitter.com/N_sm_1588/status/889733452810952705

https://twitter.com/h02evs/status/889616383763517443

 

ジャスティン・ビーバー中国のいう過去の不良行為とは?

スポンサードリンク

中国の北京市当局が国内でジャスティン・ビーバーがコンサートを行うことを認めない理由としていた「過去の不良行為」とは何のことをさすのでしょうか?

北京文化局は、ジャスティンビーバーさんについて

歌の才能があるが、議論もある歌手。かつて社会生活や公演活動での一連の不良行為が、公衆の不満を引き起こした

としています。
中国国内のエンターテインメント市場の秩序のため、不良行為のあるタレントを招き入れるのは適切ではない

といった見解です。

この「不良行為」というのは、

ジャスティン・ビーバーさんが日本に来た時に

靖国神社を参拝した行為ではないかといわれているのです。

2014年20歳の時に「お忍び」で来日していたジャスティン・ビーバーは

靖国神社を参拝したところをインスタに投稿しています。

その時の中国も大騒ぎになっていました

インスタにと投稿されたのが、2014年4月23日早朝のことです。

コメント欄には、

「中国に二度と来るな。」

「恥を知れ」

などのひどい言葉がよせられ、

そしてその日のうちに削除されています。

また、中国版ツイッターの微博(ウェイボー)にも

「アジアから追い出すべき」などの靖国参拝に対するジャスティンへの攻撃が続いたということです。

中国外務省の秦剛報道官も

このカナダ人歌手が靖国神社参拝後、日本の侵略の歴史に関する理解と知識を得られたことを望む

このことが中国のいうジャスティン・ビーバーの不良行為なのでしょうか?

 

ま と め

突然のツアー中止理由が、「不測の事態によるもの」といったことでジャスティン・ビーバーが鬱なのではといったことまで言われました。

アメリカの芸能サイトTMZ.comが突撃インタビューにたいして「ツアーをキャンセルしたが、大丈夫なのか?」

「ああ、すべて大丈夫だ」

「もうツアーは十分だと?」

「2年やったんだ」「休んで、リラックスする。サイクリングでもするよ」と笑顔答えファンへのメッセージに

「愛してるよ。君らは最高だ。ガッカリしたり裏切られたと感じた人がいたら謝る。そんなつもりはないんだ・・・。」

といってくれた

ジャスティン・ビーバーですが、近いうちに日本の公演を期待せずにはいられませんね。

https://twitter.com/JustinJapan6/status/889601920154845184