金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

ポケモンGO異例事態で政府が注意喚起全内容!マクドナルドも提携

      2016/07/22

     

ポケモンGOの配信が今か今か待ち切れず、毎日その話題が報道されています。すでに海外での人気ぶりが異常事態になっていることでこれから日本に配信されるに前に政府が注意喚起を出すという異例の対応を行った。政府の内閣セキュリティセンター(NISC)がで出した「ポケモントレーナーのみんなへおねがい♪」の9項目と提携されるマクドナルドの情報をお届けします。


スポンサードリンク
0218efccfa565d4d2ee80984bd2a639e3-500x281

ポケモントレーナーのみんなへおねがい9項目

政府がポケモンGOをするための注意すべきことをゲーム配信前に出すという異例の対応をおこなった。

その項目は9項目からなっています。ひとつひとつ紹介します。

1.個人情報を守ろう

ポケモンGOのトレーナーになる登録をするときには、本名とはまったく別のいかしたニックネームをつけましょう。

本名がわかるようなニックネームをつけると特定され、追いかけようとする人も出てくる可能性がある。

SNSに写真を投稿するときは、自分の家の近くはやめておくようにしてください。

これも本人を特定される原因となります。

また、写真にはGPS情報がつかないように設定をしましょう。

 

 

2.偽アプリ、チートツール注意

とにかく人が多く集まるコンテンツポケモンGOのようなコンテンツはハッカーにとって絶好のターゲットとなります。

マルウェア(ウイルスのようなもの)の入口となる偽アプリも出てきます。

攻撃するための糸口になるチートツールも登場することが予想されます。

ですので「ポケモンGOの裏技が紹介!」などというサイトなどで罠をはるハッカーなどもでてくるので要注意です。

アプリなどは公式のストアなど正規のものからものを利用して下さい。

 

3.お天気アプリは必ず入手

ポケモンGOは外で遊ぶゲームです。ですので天候には十分注意しなくてはいけません。

警報を受信できるお天気アプリは必須アイテムですので入手して下さい。

そして警報などが出た場合はハンティングはお休みしてください。

「特別警報」は命にかかわることになりますので即時行動すること。

また、海岸沿いの探索するときは常に避難場所を確認してからしましょう。

 

 

4.熱中症を警戒しよう

ポケモンGOをするために炎天下をあるきまわるときは、「熱中症」に関しても注意しなくてはいけません。

「熱中症」の症状などをよく理解することが大切です。

定期的に日陰で休憩すること塩分を含む水分摂取を行うことが必要です。

水だけを飲んでいたらということではダメです。

帽子や日傘などは有効なアイテムです。

 

5.予備の電池を持つ

ポケモンGOは位置情報ゲームです。

常にGPS情報を利用するので大量に電池を消耗することになります。

いつもよりもかなり早く電池切れを起こすことになります。

スマートフォンはポケモンGOで使用するだけでないのですね。電話をすることもできなくなってしまいますので予備の電池やモバイルバッテリーや充電器を持ち歩くようにしましょう。

電源の無断使用はやめましょう。

 

6.予備の連絡手段を準備しておく

スマートフォンの電池がなくなってしまって電話ができなくなったときのために公衆電話で使えるテレフォンカードなどを用意しておきましょう。

子供たちだけで出かけるときは迷子になっても探し出しやすいように全身の写真を撮ってもらっておきましょう。

 

7.危険な場所には立ち入らない

ポケモンGOがすでに配信開始されている国では、ゲームをやりながら歩いていて夢中になりすぎて車にひかれたり、池に落ちてしまったり、蛇にかまれたり、強盗に会ってしまったり、という事件が起こっています。

当たり前なことですが、地形や治安が危険な場所には立ち入らないようにしましょう。

また、国によっては発砲事件も起きているとか、カメラを向けただけで拘束されたりする国もあるので、海外で行うときには特に注意が必要です。

 

8.会おうという人を警戒しよう

ポケモンGOはゲームにかこつけて会おうといったことを言ってくる人には十分に気を付けてください。

どうしても会わなくてはいけないときは大人の人と一緒に行きましょう。

また、人気のないところでの探索はやめましょう

危険すぎます。

 

9.歩きスマホはダメ

ポケモンGOに限らずですが、歩きスマホはダメです。

たくさんの事故もすでに起こっています。

駅のホームでの歩きスマホで電車に接触してけがをした例もあります。

ポケモンGOではモンスターが現れるとスマホが震えるといったモードもあるみたいですのでそのような機能をつかって立ち止まって周りを確認してから画面をみるようにしましょう。

自転車に乗りながらのスマホももちろんもっとダメな行為です。

 

このようにポケモンGOに関して政府がした注意9項目は、熱中症や充電器、テレフォンカードまで細かなことまで注意喚起されている内容でした。

こどもが歩き回る設定を想定していますが、そもそも子供がゲームを無防備に行動範囲なども想定しなく親はさせてはいけないと思います。

いかしたニックネームといった表現がどうかとは思いますが、とにかく自分の知らないところで悪用されるようなことにならないように自身を守ることを真剣に考えよう!

 




スポンサードリンク
11_s

ポケモンGOとマクドナルドがコラボ!

「ポケモンGO」が日本マクドナルドとコラボレーションしすることが決まった。

ほぼすべてのマクドナルド店舗に「ポケモンGO」のジムが設置されるようだ。

多くのポケモンGOのプレイヤーがジムを訪れることを期待してのことだが、どうなるであろうか。

ジムとは、自分が育てたポケモンを他のポケモンと戦わせることができる場所である。

ジムのポケモンを倒せば、自分のポケモンをジムのボスとして置くことができるようだ。

マクドナルドにポケモントレーナーが集まることは必至だ。

 

熱中症や充電器

いかしたニックネームといった表現がどうかとはおもうが、とにかく自分の知らないところで悪用されるようなことにならないように自身を守ることを真剣に考えよう!

 

ま と め

ポケモンGO異例事態に政府が注意したのは全9項目

 

1.個人情報を守ろう

2.偽アプリ、チートツールに注意

3.お天気アプリは必ず入手

 

4.熱中症を警戒しよう

 

5.予備の電池を持つ

 

6.予備の連絡手段を準備しておく

 

7.危険な場所には立ち入らない

 

8.会おうという人を警戒しよう

 

9.歩きスマホはダメ

ということでした。

 

全内容は、子供たちが夏休みが始まるのに合わせ受け入れられやすい内容にされているそうです。

今後、マクドナルドだけでなく、あらゆる店舗がジムやスポットとなってくると思われる。

ポケモンGOのプレイヤーが集まる場所が世界中にできるとはポケモンGOの可能性はまだまだ広がっていくのである。

ポケモンGOのことを詳しくはコチラ



ポケモンGOとは?事前登録とダウンロード方法いつ日本配信日は?

 

「ポケモンGO Plus」のことを詳しくはコチラ


ポケモンGOプラス(PLUS)発売日と値段は?予約方法とや取扱い店舗

 

 

ポケモン GOを始める前にコチラを


ポケモンGOの裏技!最初のモンスターをピカチュウにする方法必読

スポンサードリンク

 - ゲーム