金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

2019年の天皇誕生日は?明治・大正・昭和・平成歴代の天皇誕生日の祝日

      2018/07/08

     

2019年の天皇誕生日の国民の祝日はないといわれていますが、

どうしてなのでしょうか?

明治天皇、大正天皇、昭和天皇の天皇誕生日のいつなのか、歴代の天皇誕生日は、その後祝日のままなのか?

平成天皇の誕生日は12月23日は、今後祝日になっていくのかも気になります。

そのあたりを調べてみたいと思います。



スポンサードリンク
 

2019年の国民の祝日は何日?2018年と比較すると!

2019年 天皇誕生日 明治 大正 昭和 平成 歴代 天皇誕生日 祝日
 

2019年の国民の祝日は、

どのようになっているのでしょうかその日にちを2018年と比較してみます。

 
 国民の祝日 2018年  2019年
 元旦   1月1日   1月1日
 成人の日   1月8日   1月14日
 建国記念日  2月11日   2月11日
 春分の日  3月21日   3月21日
 昭和の日  4月29日   4月29日
 憲法記念日    5月3日   5月3日
 みどりの日  5月4日   5月4日
 こどもの日  5月5日   5月5日
 海の日  7月16日   7月15日
 山の日    8月11日     8月11日
 敬老の日  9月17日   9月16日
 秋分の日  9月23日   9月23日
 体育の日  10月8日   10月14日
 文化の日  11月3日   1 1月3日
 勤労感謝の日  11月23日  11月23日
 天皇誕生日  12月23日
このようになります。

比べてみると

国民の祝日は、

第〇の△曜日といった決められ方なので日を限定して

毎年何日と決められていないもの

「春分の日」及び「秋分の日」のように

国立天文台が、

毎年2月に翌年の「春分の日」、「秋分の日」を官報で公表することによって決定する祝日

もありますので、日が前後するものはありますが、

2018年と2019年の日程は、

ほとんどかわりありません。

ただ1点違うのが

天皇誕生日がなくなっているということです。

 

ちなみに振替休日や祝日にはさまれることによってできる「休日」は、

2018年は、2月12日、4月30日、9月24日、12月24日、

2019年は、現在のところ

5月6日、8月12日、11月4日となります。

 

 

 

天皇誕生日(てんのうたんじょうび)とは何をするの?

■天皇誕生日とは?

日本の国民の祝日の一つである天皇誕生日は、

国民の祝日に関する法律(祝日法、昭和23年7月20日法律第178号)

第2条で定められている

今上天皇の誕生日を祝う日です。

 

天皇誕生日は、慣例により日本の国家の日とされ、

昭和23年(1948年)までは、『天長節(てんちょうせつ)』と呼ばれていました。

平成天皇在位の1989年(平成元年)から

12月23日ですね。

 

■天皇誕生日には何をするの?

天皇誕生日には、何が行われるかというと

宮中での祝賀の儀、

宴会の儀、

茶会の儀、



一般参賀

が行われます。

 

伊勢神宮を始め、各地の神社では天長祭が行なわれます。

 

ちなみに皇后の誕生日

『天長節』に対して『地久節』と呼ばれますが、国家の祝日ではありません

 

■2019年の天皇誕生日はどうなる?「消える」理由



スポンサードリンク

2019年の天皇誕生日の国民の祝日はどうなるのでしょうか?

2019年の天皇誕生日が消えたといわれる理由はこういったことです。

 

平成天皇在位の1989年からは、

天皇の誕生日の国民の祝日は、

平成天皇の御誕生日である12月23日でした。

 

ちょうどクリスマスイブの前日

年末のその年の最後の祝日ですね。

 

しかし、

2019年は12月23日の時点では、

平成天皇は退位されています。

皇太子徳仁親王の天皇即位されています。

 

そして、新天皇の誕生日は、

2月23日です。

その新天皇の天皇誕生日は、

2017年(平成29年)6月16日に公布された天皇の退位等に関する皇室典範特例法

2020年から

天皇誕生日が2月23日なると決められているのです。

 

こういった理由で2019年は天皇誕生日がない年になるのです。

 

天皇誕生日がない年というのは、

1948年の祝日法の施行以来、初めての年

となります。

 

 

明治・大正・昭和の天皇誕生日!歴代の天皇誕生日は祝日に?

2019年 天皇誕生日 明治 大正 昭和 平成 歴代 天皇誕生日 祝日

■天皇の誕生日はいつから祝日に?

では、現在の日本は天皇の誕生日は祝日となっていますが

いつの時代からそうだったのでしょうか。

 

天皇誕生日が祝日となったのは明治天皇の時代からです。

 

それ以前は、お祝いの日ではあっても

休日扱いにはならず、普段通り仕事はありました

 

 

■【明治・大正・昭和・平成】歴代の天皇誕生日は祝日に?

明治・大正・昭和・平成の天皇誕生日を見てみましょう。

・明治天皇  11月3日

・大正天皇  8月31日

・昭和天皇  4月29日

・平成天皇 12月23日

大正天皇の御誕生日である

8月31日というのは、

猛暑の時期なので式典は10月31日に行われていました。

 

ですので祝日8月31日10月31日の両方だったようです。

 

■歴代の天皇誕生日は祝日になる?12月23日は?



スポンサードリンク
祝日であった天皇誕生日はどうなるのでしょうか。

現在、

明治天皇の誕生日11月3日は文化の日です。

昭和天皇の誕生日4月29日はみどりの日です。

昭和天皇の崩御後は「みどりの日」と言われ祝日であることは変わりませんでしたが、

その後、「昭和の日」と改名され、みどりの日は5月4日になりました。

 

そして、

大正天皇の誕生日8月31日は平日です。

 

平成天皇の誕生日12月23日は祝日になるのでしょうか?

もしかしたら12月23日も昭和天皇のように何かしら形を変えて残るかもしれませんが、

2019年以降の12月23日については、

それまでに天皇誕生日に代わる新たな名称の祝日が

国民の祝日に関する法律で定められない限り、平日となります。

 

ま と め

このように2019年は天皇誕生日がないというめずらしいカレンダーとなってきます。

1948年の祝日法の施行からみても天皇誕生日の「国民の祝日」がない年ははじめてなのですね。

平成天皇の誕生日12月23日は今度どうなるのかわかりませんが、年の最後の祝日としてなんだかの記念日の祝日として

残してほしい気もしますね。

スポンサードリンク

 - 生活