金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

戸田橋花火大会2018日程・時間!穴場と有料席や打ち上げ場所アクセス

   

     

8月というと全国各地で大きな花火大会が開催されます。

埼玉県で有名な花火大会といえば「戸田橋花火大会」です。

今回は、「戸田橋花火大会2018」の日程・時間や打ち上げ場所と

穴場観覧場所と有料観覧席情報などをお伝えしていきたいと思います。



スポンサードリンク
 

戸田橋花火大会2018年度の日時と打ち上げ場所

戸田橋花火大会 アクセス 日程 時間 打ち上げ 穴場 観覧 場所 有料席

出典:https://sp.jorudan.co.jp/

 

戸田橋花火大会は、

埼玉県東南部の戸田市で開催される花火大会です。

戸田市の特徴は荒川に面していることですね。

荒川沿いには

戸田ボートコースや彩湖・道満グリーンパークがあります。

そして花火大会もその荒川沿いで開催されます。

■戸田橋花火大会アクセス

戸田橋花火大会開催場所は、

荒川戸田橋上流の戸田市側河川敷です。



埼玉県戸田市堤外 国道17号戸田橋上流 戸田市側荒川河川敷

でアクセスは、

JR埼京線戸田公園駅から徒歩20分です。

混雑時は40分程かかる場合もあります。

■戸田橋花火大会アクセス2018年日時

2018年度の日程・時間は、

8月4日(土曜日)の

午後7時から8時半までで、

 

1時間半の間に約1万2千発もの花火が打ち上がります。

なぜこのように大規模なのかというと、

実は戸田市だけでなく荒川を挟んだ板橋区でも

「いたばし花火大会」が同時開催されているからです。

そのため両岸の花火が合わさることで、

大規模で迫力のある花火を見られるのです。

打ち上げられる花火は、

尺玉やスターマイン、

仕掛花火の滝や創造花火の蝶々などがあり、

メリハリのあるプログラムで1時間半を楽しめます。

戸田橋花火大会は2018年で第65回ですが、

第1回は昭和26年です。

第2回目以降から川を挟んだ板橋区と合同で開催するようになりました。

観覧席は川沿いで景色だけでなく、

音の迫力を体感できます。

さらに戸田市は平面な地形で高い建物もあまりないことから

市内の様々な場所から花火を眺められます。

 

荒天で開催できない場合は翌日に順延となります。

 

では、次に交通規制や有料観覧席はどうなっているのか見ていきたいと思います。

 

戸田橋花火大会2018交通規制と有料観覧席情報



スポンサードリンク

まず、交通規制については6月現在はまだ決まっていないようで

公式ホームページにも発表はされていません。

昨年(2017年〉は会場周辺で5時から9時半頃まで規制がされ、

バス停も移動しました。

観覧席は戸田ボートコースの隣の河川敷です。

有料観覧席は一般観覧席の後部で斜めになっているので

前の人を気にすることなく、花火をゆっくり見られます。

 

次に有料席の購入についてです。

実は、戸田橋花火大会の有料観覧席は、

戸田市のふるさと納税の返礼品のひとつでもあります。

 

もちろん、通常販売もされているので購入することも出来ます。

チケットは3種類あります。

有料席の設定が

A会場、

B会場、

C会場

とあるからです。

では、それぞれの場所について簡単にご紹介します。

戸田橋花火大会 アクセス 日程 時間 打ち上げ 穴場 観覧 場所 有料席

出典:https://sp.jorudan.co.jp/

 

■戸田橋花火大会2018年有料観覧席料金

戸田橋花火大会有料観覧席【A会場】

A会場は、

一般観覧席の後ろで本部前の場所になります。

席はペア席、4人席、グループ席があります。

それぞれのチケット費用は以下の通りです。

・ペア席 ・・・ 5000円

・4人席 ・・・10000円

・グループ席(10名用)・・・25000円

・グループ席(15名用)・・・37500円

 

戸田橋花火大会有料観覧席【B会場】

B会場は、

A会場の隣で商店会出店エリアの後ろです。

席はシングル席、ペア席、4人席とグループ席があります。

・シングル席 ・・・ 2500円

・ペア席 ・・・ 5000円

・4人席 ・・・10000円

・グループ席(10名用)・・・25000円

 

戸田橋花火大会有料観覧席【C会場】

C会場は、

B会場の隣で荒川に向かって左側に堤防があります。

・ペア席 ・・・ 4200円

・4人席 ・・・ 8400円

・グループ席(10名用)・・・21000円

 

戸田橋花火大会有料観覧席販売は?

A会場(3000席)のチケットの販売は、

6月15日(金曜日)から

市内の所定の販売所で、

 

B会場(3200席)

C会場(2700席)

7月1日(日曜日)

午前10時からローソンチケットで購入出来ます。

荒天の場合は、

翌日開催となり、同チケットはそのまま利用できます。

中止の場合は8月20日(月曜日)までに

購入した店舗に持っていくと払い戻しできます。

 

 

戸田橋花火大会の穴場観覧場所は?



スポンサードリンク

有料の観覧席の方が間近で大迫力の花火が見られますが、

なるべく無料で空いているところで見たいという方に

おすすめの穴場観覧スポットをご紹介します。

 

■戸田橋花火大会おすすめ穴場観覧場所①

戸田公園駅

花火が打ち上がるまでは会場に向かう方で混雑しますが、

始まると意外に空いていて、

ゆっくり花火が見られます。

終わると同時に帰宅客で混むので、

ここで観覧する場合は早めに帰宅することをおすすめします。

 

■戸田橋花火大会おすすめ穴場観覧場所②

戸田競艇場

戸田公園駅からは徒歩40分ほどかかりますが、

無料駐車場があるので車でくるという方におすすめです。

会場から離れているので人混みもなく、ゆっくり見られます。

 

■戸田橋花火大会おすすめ穴場観覧場所③

笹目橋周辺

会場から少し歩いたところで、

屋台などはありませんがその分、人混みがあまりありません

食べ歩きなどをしながら見たいという方には

途中の屋台で買っておけば、それを片手に観覧できます。

 

 

■戸田橋花火大会おすすめ穴場観覧場所④

浮間公園

浮間舟渡駅方面にある公園で、

トイレもあるのでお子様連れでも安心して観覧できる場所です。

 

■戸田橋花火大会おすすめ穴場観覧場所⑤

⑤イオン北戸田店

駐車場・トイレもあり、レストランもあるので

小さなお子様連れでも安心して観覧できますよ。

 

ま と め

このように戸田橋花火大会は荒川沿いで開催される人気の花火大会です。

板橋区との共同開催のため迫力ある景色を楽しめます。

穴場スポットを紹介しましたがが、この花火大会は、

市内の至る所からも見えるので、もしかしたら上記以外にも

穴場スポットがあるかもしれませんね。

屋台もあるので、混雑はしますが川沿いを歩きながら観覧するのもいいかもしれません。

スポンサードリンク

 - 花火