金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

エアコン寿命と買い替え時期!電気代比較・年代別と運転時間との関係

      2018/01/27

     

「エアコンの寿命と買い替え時期!運転時間との関係や年代別の電気代比較!」
エアコンは家電の中でも高額の部類です。

そのため気軽に買い替えができないというイメージですが、実は買い替えたほうが電気代が安く済む場合もあります。

最近はエアコンもエコ家電となっており、数年前のエアコンと比べると1時間当たりの消費電力が少なくなっています。

では、エアコンはどれくらいで買い替えるといいのでしょうか。

寿命や年代別の電気代を比較してみました。




スポンサードリンク
 

エアコンの寿命は?

エアコンの寿命は

約10年

と言われています。

そして使用平均年数としては、

内閣府経済社会総合研究所の調査では

13年程度です。

そしてこの買い替えの理由として挙げられているのが、

「何かしらの故障」

というのが過半数を超えます

電化製品は購入するときに電気店の保証やメーカー保障が付きます。

エアコン本体の保証は1年程度なのですが、

冷却器やホースなどの回路は性能保証が付いているので

補修性能保証期間であればコストをかけずに修理することができます。

この期間がメーカーにより異なりますが、

最長で10年ほどです。

そのため、この性能保証期間が過ぎて故障すると、

修理が高額になるため、買い換えるという人が多くいるのです。

しかし、最近は電気代節約のために買い換えるという方もいます。

それについては後ほどご紹介します。

 

エアコンの買い替えサインとは?

エアコンは経過年数が増えるにつれ、

買い替えサインといえるトラブルが生じやすくなります。

では、具体的にどのようなサインが現れたら、

買い替えを検討しなければいけないのでしょうか。

 

■エアコン買い替えサイン①




スポンサードリンク
 

異音がする

まず、エアコンのトラブルで多いのが異音です。

突然大きな音がするようになったら、

室外機の送風ファンか室内機のコンプレッサーが故障した可能性があります。

この場合、保証期間を過ぎていると修理費用がかかるので、

経過年数が長く、

異音がし出したら買い替えサインです。

 

■エアコン買い替えサイン②

冷えない・温まらない

また、長く使っているとエアコンの効きが弱くなってくることがあります。

老朽化による場合もありますが、

故障により冷却ガスが漏れている場合もあります。

エアコンのフィルターの掃除をしても、

症状が改善できない場合

修理か買い替えが必要です。

 

■エアコン買い替えサイン③

水漏れしている

エアコンをつけていると、いつのまにか水漏れをしていて

エアコンの下が濡れてしまう場合があります。

これは中のホースが折れ曲がったり、

詰まっている場合もあるので修理が必要になります。

 

このように、エアコンは久々に使ってみると冷えない、温まらないといった以外にも

異音や水漏れなどのトラブルが生じる場合があります。

一般的には、

エアコンの需要が高まる夏のはじめや冬のはじめに使い出して異常を発見する場合が多いです。

その際に買い替えの検討といったことになるのですが、

しかし、1番需要が高まっている時期に購入してもすぐに取り付けられない場合もあります。

ですので、なるべく本格的に使う時期の前にエアコンを一度動かしてみて、

問題ないかどうかを確認することをおすすめします。

 


 

年代別の電気代比較




スポンサードリンク

エアコンは年々電気代が安いタイプのものが出てきます。

ですので故障していなくても

電気代の節約のためにエアコンを買い替えを検討する方もいます。

最新型のエアコンは省エネで、年間の電気代の節約額を考えると

新しいエアコンでなおかつ結果的に安くすることができるかもしれません。

では、年代別の電気代を比較してみましょう。

データは8畳用のエアコンで暖房時のものです。

 

15年前のエアコン   消費電力1080W     1時間当たりの電気代約29

10年前のエアコン   消費電力 755W    1時間当たりの電気代約20

最新のエアコン     消費電力 605W          1時間当たりの電気代約16

 

これを見ると分かるように、

最新型の電気代は15年前のものと比べると約半分です。

1日8時間使うエアコンの運転時間だとすると、

15年前のエアコンでは

1日232円

1ヶ月に換算すると

7,192円の電気代になりますが、

最新のものは

1日128円

1ヶ月3,968円になります。

これを一年間に換算すると

夏に3ヶ月、冬に3ヶ月使うとするとして

その差は19,000円ほどにもなります。

こんなにも差があると、

買い替えをする方がお得になる場合もあります。

しかし、

これはあくまで1日8時間もエアコンをつけた場合です。

共働きで日中ほとんど家にいなかったり、

外出が多い人はエアコンの使用時間が少ないので、

ここまでの差は出ないので、

運転時間も考慮した上で買い替えを検討することをおすすめします。

長時間使う人ほど買い替えた方がお得な可能性があります。

 

ま と め

エアコンの買い替えというと、故障したときに検討しがちですが、

経過年数がかなりたっているようであれば、

買い替えた方が電気代の節約になる可能性があります。

どちらにしろ、真夏や真冬に買い換えようとすると

お目当ての在庫がなくなったり、

すぐに取り付けができない場合もあるので、

本格的に使用する時期の前に試運転して状態を確認しておくことをおすすめします。

スポンサードリンク

 - 生活