金魚のおもちゃ箱

好奇心旺盛な金魚たちのおもちゃ箱に今すぐ知りたい情報をつめこんでお届けします。

「各位」の意味!様をつけるのかや関係各位の例文と社内外の使い方

   

     

ビジネスシーンや学校からの手紙・メールで「関係者各位」、「お客様各位」という表記を見かけることがよくあります。

しかし、この「各位」という言葉の意味をご存知ですか。

よく見かけるからという理由で、使ってしまうと誤った使い方をしてしまう場合があります。

そうなことにならないように「各位」の正しい意味と使い方・例文、

「関係各位に様はいるのか?」等をご紹介します。

また、ビジネスシーンでよく使う「御中」、「様」、「殿」の使い方について見ていきたいと思います。

 




スポンサードリンク
 

 

「各位」の意味とは?

各位 意味 様 関係各位 例文 社内 使い方

■「各位」は敬語!「関係者各位様」は正しい?

まず、「各位」とは「皆様」と同じような意味合いで使われます。

いろいろな方にメールや手紙を送る際に、

それぞれの名前を書くのは大変です。

そこで、複数宛てに送る文面の最初に「各位」とつけることで、

一斉に送ることができるのです。

ここで注意しなければいけないのは

「各位」が敬語であるということです。

「皆様」は「様」をつけることで相手を敬っているので、

同様の意味を持つ「各位」も敬語なのです。

そのため、意味を分かっていない方の中には

「関係者各位様」と記入してしまう場合がありますが、これは間違いです。

 

■例文

関係者各位 (◯)

関係者各位様 (×)

■「お客様各位」は間違い?

しかし、一つだけ例外の使い方があります。

それが「お客様各位」です。

「お客様」には既に「様」がついた敬語となっていますが、

その後に「各位」とつけることがよくあります。

普通に考えると「お客様皆様」となり、おかしな日本語なのですが、

これは一般的に広まっているため、許容されています

■例文

お客様各位

平素は格別のご高配を賜り厚く御礼申し上げます。

 

このように、

「各位」は複数の方に宛てて連絡をする場合に使う敬語です。

すでに敬語となっているので、二重敬語にならないように気をつけましょう。

 

「御中」「様」「殿」「各位」の正しい使い分け




スポンサードリンク
 

ビジネスシーンで「各位」の他によく使われるのが、

「御中」、

「様」、

「殿」

です。

これらは相手を敬う敬称なのですが、どのような時にどれを使えばいいかご存知ですか。

それぞれの使い分けについてご説明します。

■「御中」と「様」の使い分け方

まず「御中」は会社や部署、組織や団体に宛てにつける敬称です。

間違って「様」をつけないようにしてください。

しかし、「〇〇会社の◯◯さん」宛てなど、

個人に宛てる場合は「様」を使います

 

■例文 株式会社 〇〇 御中(◯)

株式会社 〇〇 様 (×)

株式会社 〇〇 △△部署 御中(◯)

株式会社 〇〇 △△部署 様 (×)

株式会社 〇〇 △△部署 ◯◯ 御中(×)

株式会社 〇〇 △△部署 ◯◯様 (◯

 

このように、

団体に宛てるか

個人に宛てるかで

「御中」と「様」を使い分けます。



スポンサードリンク
 

■「殿」の使い方

では、「殿」はどのような時に使うのかというと、

使い方としては

「様」と同様に個人宛てなのですが、相手が違います。

「殿」とは目上の人が目下の人に使う場合の敬称です。

そのため、間違って使うと失礼になる場合があります。

そのため、

あまり使わずに個人宛ての場合は「様」で統一しておくことをおすすめします。

 

■「各位」の使い方

そして「各位」については先程のべたように

複数に宛てる場合に使います。

「御中」や「様」、「殿」と一緒に使うことはできません。

そのため、ビジネスシーンでは担当者が何人もいる場合や

特定の会員やお客様に宛てる場合に使います。

■例文

担当者各位

いつも大変お世話になっております。

各位 意味 様 関係各位 例文 社内 使い方

社内・社外での使い方

「各位」や「様」の使い方がわかったところで、

社内・社外での使い方について具体的に見ていきましょう。

■「社内」での使い方

まず、社内メールなどで一斉配信する場合は

「関係者各位」や「担当者各位」などと記載します。

この時、役職名をつけるのはNGです。

■「社外」での使い方

社外へのメールをする場合はまずは宛名を間違えないように注意してください。

そして間違えやすいのが役職名の記載です。

「〇〇部長」に宛てるメールに

「〇〇部長様」とつける方がいますが、

これは間違っています。

正しくは以下

の例文の通りです。

■例文

△△会社 部長〇〇様 (◯)

△△会社 〇〇部長様 (×)

 

また、社外への連絡の際はメールを送った後に

電話連絡を入れておくこともおすすめします。

面倒な一手間かもしれませんが、

連絡の行き違いをなくせるので仕事がスムーズにいきやすくなります。

 

ま と め

このように、ビジネスシーンでよく見かける「各位」、「御中」、「様」、「殿」ですが、

それぞれ使い方や使う相手が違います。

特にビジネスの場では二重敬語を使わないように

正しいビジネスマナーを身につけておかなくてはいけません。

先方に失礼にならないように、

そして恥をかかないように正しい使い方を覚えておきましょう。

スポンサードリンク

 - ことばの意味や使い方